shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行32 <野尻宿40 ⇒三留野宿41>Ⅲ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』
 
同志社ローバースカウト創立50年記念事業 てくてくラリー通信記録>

(お詫び:ブログ新旧移行に伴う技術的問題のため、広告・案内等の後に、文書・写真を掲載を
 いたします。ご了承ください)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

    19日目―3 中山道てくてくラリー後半  野尻宿㊵ 三留野宿㊶ (みどのしゅく)>  
                                                                            10.0km/5h    5月6日 
           

 
    <57日午前107三留野宿千体観音堂 一刻院 御堂にて >

   イメージ 1
三留野宿 千体観音堂 一刻院 御堂
 
 
    《 ここ木曽路では夜桜がいい。今晩は三留野宿(みどの)の南木曽(なぎそ)JR駅近くの
      SL公園で三人(祥ちゃん、ワイルドローバー君、サンちゃん)の花見としゃれこむと
      する。
 
    田舎のスーパーで豆腐、餃子、いなり寿司、レタス、苺、野菜のにぎり揚げとビールを仕入
 れる。
 
    まずテントを張り、寝る準備を済ませ。寒さ対策として昼スタイルの短パンとTシャツの
 上にパッチうをはき、靴下の重ね履きの上にトレパン。
 
    上は長袖ジャージに羽毛ジャケット、防寒ジャンパー。
  頭に目だし帽とまるで北国の人に変身。
 
    これでも夜半になると寒さに起こされるんだな。まるで北極での花見のようだ。
 
    小高いこの公園からは夕日に照らされた中央アルプスの銀嶺の山々が見事だ。
 
    ここからは木曽駒ケ岳から空木岳にかけての雪山連峰が見事だ。

 
    宴もたけなわ、ひとりの老人に呼び掛けられる。
 
     「もし、そこの旅人よ、今宵のこの風では雨がかならず降り申す。
        どうかわたしの『千体観音堂一刻院』にお泊りなさい」 と。 

 
   公園に隣接するお堂には、尾崎老人制作の一刀彫観世音菩薩一千体が安置されていた。
 
   これまた神仏のなされるご縁、有り難く一宿を願い出る。
 
   不思議なものだ。この時、この地での出会い大切にしたい。
   といういきさつで今夜は観音さまの二千の仏眼の御前で参篭することと相成った。

 
    三色桃花もまた美しい。本日の行程は10キロ、5時間であった。
    明日、雨で無いかぎり57日は中山道で一番のハイライト妻籠宿を経て馬籠宿へ向かう。

 
    おやすみ。  サネ&ショウ・弥次喜多 》
 
 
 



<詩―千体観音堂 一刻院におりて>
 
 
 
嗚呼(ああ)われいまここ 中山道木曽路にありて
 
三留野(みどの)宿 千体観音堂 一刻院に 一心を托しおる

     坐して 瞑目するに 時止まりて 
 
われまた 即身成仏の一体となるを観ずる 
 
千体観世音の心音 宇宙に歌いて わが命と融合してやむことなし

     闇に浮かびし 御堂の姿に 大いなる神のお姿を覚え
 
神、その創世記にありて創られしこの世を想うに
 
嗚呼 われいま 神の愛を識りて 頭(こうべ)を垂れし
 
遠きにありて 神々の賛美の歌声あり 
 
近くにありて 観世音のマントラを聴く
 
 
嗚呼 われいま わが身を捧げてや われ無し
 
坐するわが姿をながめてや われを捨つるなり
 
嗚呼 われいまここに 至福をえて真なり
 
 
 
  イメージ 2
 
                        三留野宿  一刻院<千仏観音堂>にて観音様たちと同宿する
 
 
南木曽駅に隣接するSL公園に引退展示されている蒸気機関車D51(でこいち)に出会った。
 
 
イメージ 3
 
           三留野宿 南木曽駅に隣接するSL公園    
 
 
 
 
 
 
 

     shiganosato-goto.hatenablog.com

    につづく