shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行35 <三留野宿41 ⇒馬籠宿43>Ⅲ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』
 
同志社ローバースカウト創立50年記念事業 てくてくラリー通信記録>

               
 
 
0日   ■21日目 中山道てくてくラリー後半  三留野宿㊶ ⇒ 妻籠宿㊷ ⇒馬篭宿㊸  >   
                 14km/12h  57

 
 
イメージ 1
歌川広重 中山道「木曾街道六拾九次 妻籠
 
 
イメージ 2
渓斎英泉画 中山道 「木曽街道六十九次・馬籠」
 
 

 <馬籠宿㊸>        日本橋より徒歩総距離468㎞地点(立寄り地を含む距離)

馬籠宿は、総戸数69軒、旅籠18軒の中山道43番目の宿場で、木曽11宿の一番南の宿場町で、
江戸からの公式距離80里(約320㎞)・京へ52里(約208㎞)地点にある。

馬籠峠を越えた信州側の妻籠宿から続く石畳の坂に沿う宿場であり、往年の景観を残す中山道でも代表的な宿場である。

この石畳の中山道の坂道と、その両側に軒を連ねる宿場(集落)を歩けば、江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気を感じることができるのである。

旧本陣は藤村記念館島崎藤村生家跡)として残されているのでぜひ立ち寄ってみたい。

妻籠宿までが信州木曽谷で、木曽川から離れた馬籠は美濃に属する。

<下り谷>の石畳みの坂を上っていくと、桜満開の<一石栃の子安観音>を経て、<馬籠峠標高801m>にある峠の茶屋に着く。我々弥次喜多も、旅人や股旅の味わったであろう大福餅を所望、賞味した。

 
イメージ 3
                 馬籠宿 下り谷を経て馬籠峠へ
 
イメージ 4
                           馬籠宿 桜満開の<一石栃の子安観音>
 
 
イメージ 5イメージ 7   
   馬籠峠の茶屋で一服                 大福餅を賞味
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 8
         馬籠宿(江戸80里・京52里) 
 
イメージ 9
             馬籠宿 高札場

 

馬籠宿の保存伝統建築景観をゆるりと楽しみながら、石畳みの坂を下っていくとその優雅な姿を見せる恵那山がわれわれ弥次喜多を歓迎してくれている。

 

 すでに17時に近く、石畳みの両側の商いも店じまいに忙しい。われわれも宿場から少し入ったところにある小公園に建つ東屋の軒の下に、今夜の小雨を避けるためテントを張らせてもらった。
                              
馬籠宿からの恵那山の眺望がいい