shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行37 <馬籠宿43 ⇒大井宿46>Ⅰ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』
 
同志社ローバースカウト創立50年記念事業 てくてくラリー通信記録>
 
(お詫び:ブログ新旧移行に伴う技術的問題により、広告・案内等の後、文書・写真を掲載して
     います。ご了承ください)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

    ■21日目 <馬篭宿㊸ ⇒落合宿㊹ ⇒中津川宿㊺ ⇒大井宿㊻ 
       8.5km/6h    58
 
 
<馬籠宿㊸>     日本橋より徒歩総距離468㎞ 地点
 
妻籠までが信州木曽谷で信濃の国に属し、馬籠は美濃の国に属した。
馬籠宿は、総戸数69軒、旅籠18軒と中堅の宿場であったが、現在の馬籠のほうが観光客(旅人)で
賑わい、総戸数や旅籠(旅館)の数も多く、歴史遺産を生かす工夫と努力のもと、上手に再生産して
いる宿場といえる。 拍手を贈りたい。
 
馬籠宿は、木曽谷を彩る妻籠宿につづいて風情ある家並み、粋な石畳と、ノスタルジーな世界を創り
出している。
日常から離れ、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、街道を横切る風を感じながら、粋なひとときを過ご
していただきたいと案内書に書かれている通り、ファンタスティックな宿場である。
石畳の両側にお土産物屋がならび、当時の屋号を表札のほかにかけるなど、町が一丸となって
宿場の保全と日常生活とを共存させているのが素晴らしい。
馬籠は木曽義仲の異母妹菊女が源頼朝から賜ったものであるといわれている。
 
20日目の露営地、馬籠宿の上入口付近にある、朝もやかかる東屋を午前6時に出立して、落合宿に
向かった。
街道の坂を下っていくと、馬籠宿高札場、馬籠脇本陣資料館と続く。
しばらく街道両側に立ち並ぶ<俵屋>、<大黒屋>や、ほかの店の情緒を味わいながら歩く。
その先に、馬籠宿本陣跡である<藤村記念館>があり、代表作「夜明け前」で有名な島崎藤村
原作等が展示されている。
また、本陣跡の裏手の永昌寺に藤村の墓がある。
 
馬籠宿を抜けるまで、宿場の町屋を堪能したいのでお付合い願いたい。


イメージ 1
                   馬籠宿 高札場
 
 
イメージ 2
                        馬籠脇本陣資料館


イメージ 3
                 馬籠宿 旅籠 俵屋 
 
イメージ 4
                  馬籠宿  旅籠 大黒屋


イメージ 5
        馬籠宿    生そば・五平餅もいい 
 
イメージ 6
              馬籠宿  島崎藤村宅<馬籠本陣跡>


 イメージ 7
                   馬籠宿 馬籠茶屋
 
イメージ 8
                                                      馬籠宿 日野百草丸取扱い 槌馬屋


イメージ 9
                馬籠宿 お食事処 坂の家  
 
イメージ 10
                                                        馬籠宿 旅館 白木屋


イメージ 11
         馬籠宿 馬籠の坂からの恵那山がいい  
 
イメージ 12
                           馬籠城址(案内板)


イメージ 13
渓斎英泉画 中山道 「木曽街道六十九次・馬籠」
 
 
 
 
 
 

shiganosato-goto.hatenablog.com

につづく