shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行38 <馬籠宿43  ⇒大井宿46 >Ⅱ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』
 
同志社ローバースカウト創立50年記念事業 てくてくラリー通信記録>

     (お詫び:ブログ新旧移行に伴う技術的問題により、広告・案内等の後、文書・写真を掲載いたし
       ます。ご了承ください)   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           
1日目―2 <馬篭宿㊸ ⇒落合宿㊹ ⇒中津川宿㊺ ⇒大井宿㊻ >
    8.5km/6h  58
 
 
    馬籠宿から諏訪神社を抜け、落合宿に向かう道中に<子規の句碑>と<芭蕉の句碑>がある。

《 桑の実の 木曽路出づれば 稲穂かな 》      子規
 
《 送られつ 送りつ果ては 木曽の秋 》     芭蕉
 
わたしも一句
 
《 一宿の うれし東屋 日が暮れて 木曽ガエル聴き 馬籠眠りし 》  實久

イメージ 1
                    諏訪神社
 
イメージ 2
                      子規の句碑


芭蕉句碑>がある、ちょうどこの辺りが現在の長野県と岐阜県の県境であり、
<是より北 木曽路>の碑や<新茶屋の一里塚跡>の碑がある。

われわれ弥次喜多も、木曽路に別れを告げるため、碑の前で記念写真を撮った。
いよいよ是より十国峠を経て、美濃の国に入るのである。
<新茶屋の一里塚跡>は、江戸より83里・約332㎞であり、京へは52里・約208㎞の地点にある。  

ここ長野と岐阜の県境をさらに上っていくと信濃と美濃の国境である十曲峠(十石峠)に達する。
十曲峠より石畳み坂を下り落合宿へ向かうことになる。
 
 
イメージ 3
               <是より 木曽路>道標
 
f:id:shiganosato-goto:20190916205159j:plain

                芭蕉句碑 <送られつ>

 

f:id:shiganosato-goto:20190916205551j:plain 

               落合にある<新茶屋の一里塚跡>

 

f:id:shiganosato-goto:20190916205726j:plain

           <信濃美濃国境>石柱

 

f:id:shiganosato-goto:20190916210114j:plain 

             十曲峠より石畳み坂を下り落合宿へ

 

f:id:shiganosato-goto:20190916210309j:plain

                        中山道<落合石畳坂>



十曲峠の下り坂である苔むす落合石畳坂もいい。

石畳みの急な坂道を下ると、<芭蕉句碑>がある<瑠璃山山中薬師 医王寺>にたどり着く。


《 梅が香に のっと日の出る 山路かな 》   芭蕉


わたしも一句

《 水墨に 飛び込みし田や 木曽がえる》    實久

―すいぼくに とびこみしたや きそがえる― 


これより信濃国美濃国の国境であり、難所といわれた十曲峠(または十石峠)を越え、深い木立のなかを石畳みの急な坂道を下って落合宿に入っていく。

 

f:id:shiganosato-goto:20190916210748j:plain 

      苔むす落合石畳坂もいい(十曲峠の坂道)

 

f:id:shiganosato-goto:20190916210941j:plain

                            瑠璃山山中薬師 医王寺 


宿場入口に立つ<高札場跡>と<上街常夜灯>に迎えられ落合宿に入っていく。

 

 

 

 

shiganosato-goto.hatenablog.com

につづく