shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行54 <美江寺宿55⇒関ケ原宿 58>Ⅲ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 56
   <同志社ローバースカウト創立50年記念事業 てくてくラリー通信記録>

28日目―④  中山道てくてくラリー 
        <美江寺宿55 ⇒赤坂宿56 ⇒垂井宿57 ⇒関ヶ原宿58 > 
          20.0km/11h    5月15日
 
歌枕で有名な<垂井の泉>をでて、旧中山道を進むと、東海道本線と国道21号線の陸橋を越えところに
<垂井の一里塚>がある。


<垂井の一里塚>  日本橋から112里・約448


 

現在は、南塚のみが残っている。また、ここに一里塚ができる前であるが、関ケ原合戦においては東軍の
浅井幸長が陣を張っていた。
幸長は、岐阜城攻撃を担当した後、15日の合戦当日は南宮山の敵に備えて布陣していた。


イメージ 1
垂井一里塚(南塚のみ)


 
 
--------------------------------------------------------------------------------

 



関ケ原宿 58>   日本橋から中山道総徒歩距離723㎞  (立寄り先含む)

 

 

 垂井一里塚を過ぎると、東海道本線と東海移動新幹線に挟まれた国道21号線と旧中山道

桃配山(ももくばりやま)を右手に見ながら、<徳川家康最初の陣地>を通過し、関ケ原へと続く松並木を歩く。

JR関ケ原駅近くに、<旅籠ますや>、<相川家・脇本陣跡の碑.>があり、東海道本線の北側に

関ケ原合戦での東西両軍の戦死者の<東首塚>がある。

さらに進み国道365号線を越えると<西首塚>を経て、<関ケ原合戦場>に着く。

 

 関ケ原宿は、中山道六十九次の中でも総戸数269軒・旅籠33軒を持つ58番目の宿場町であった。
北陸方面に向かう北国街道と伊勢方面に向かう伊勢街道の分岐点であり、交通の要衝であった。
現在でも中山道中唯一の松並木が 野上地内に残っている。

 

関ケ原合戦地に到着、東西両軍の鬨の声を聞きながら今宵の露営地位予定している関ケ原決戦の地
である笹尾山、石田三成の旗印(軍旗)大一大万大吉がはためき、蛙がなきだした陣地近くの、
田植の終わった畦道を露営地に決め、設営に入った。

 

 
大一大万大吉の意味は、
大(天下)のもとで、一(一人)が万人のために、大万(万民)が一人のために命を注げば、
 すべての人間の人生は吉となり、太平の世が訪れる」と言われている。


イメージ 2