shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行65 <鳥居本宿62⇒武佐宿66>Ⅰ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 66

 
    30日日目 中山道ラリー 
 
   <鳥居本宿63 高宮宿64 愛知川65 武佐宿66>
         24.0km/10..5h   517
 

 
 
    




 
イメージ 1

   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
《 淡海道の 鳥籠(とこ)の山なる          不知哉   
                                日のころごろは 恋ひつつもあらむ 》 斉明天皇万葉集
 
     
       ―おうみじの とこのやまなる いさやかわ ひのころごろは こひつつもあらむ―
          
     鳥籠山(とこやま)は、不知哉(いさや)川の近くにあった小高い山であったらしく、
      特定されていないという。
     今夜の露営地は西に国道8号線と、東に東海道新幹線の間を南北に走る旧中山道と不知哉川             (芹川)の交差する橋下の川床である。 
      この露営地をあたたかく包み込んでいる背後の小高い山(標高154m)が鳥籠山ではないか
      と推測する。
 
         弥次さんも一句、 

        《 人の世に 生まれ出会いし いさや(不知哉)川 
                                               焦がれし君の われを待ちてや 》  實久
   
     ―ひとのよの うまれであいし いさやかわ こがれしきみの われをまちてやー


     
イメージ 2
 露営地・不知哉(いさや)川近くの歌碑


イメージ 3
27日目露営地を         不知哉川の橋から眺める
               (左の森が鳥籠山か)


        ここ不知哉川(芹川)の露営地は、曇り空の下、たくさんの小鳥たちのさえずり
        に包まれている。
        感謝の祈りを捧げ、旧中山道である<多賀みち>に戻ると、
       「おかえりなさい。京までの旅の安全を祈ります~」と前掛け姿の地蔵さん
        たちが大合唱。
      「ありがとう~」の声を残して今日の目的宿・武佐宿に向かって足を速めた。


    
イメージ 4
前掛け地蔵さんたちの声援を受ける


      <扇塚>(おうぎつか)
      
       《 豊かなる 時にあふぎの しるしとて ここにもきたの 名を残しおく 》
 
 
         彦根の井伊藩は、代々能楽の発展に力を入れてきたので、彦根には能楽を学ぶ人が
         多くあった。
         喜多古能は、門人の養成に力をそそぎ、彦根を立ち去るとき、扇子と面を残して
                        いった。
         それを埋め記念の塚がここに建てられたのである。   (旭森小学校) 

                    
イメージ 5
石清水神社の階段下の横に<扇塚>がある
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   彦根を流れる       不知哉(いさや)川の河川敷で露営
 
  
 
  不知哉(いさや)川は、近江国の霊仙山より発して彦根市の西部を流れて琵琶湖に注ぐ 芹川(大堀川)の古い川の名で、ここもまた有名な歌枕である。
 
    万葉集から斉明天皇の和歌を紹介しておきたい。
 
 
  
        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

につづく