shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行67 <鳥居本宿62⇒武佐宿66>Ⅲ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 68
 
 
● 30日日目―②  中山道ラリー 
 
              <鳥居本宿63 ⇒高宮宿64 ⇒愛知川65 ⇒武佐宿66>
                24.0km/10..5h   517
 
 
 
   鈴鹿山系を発した犬上川にかかる無賃橋を渡って、旧中山道はまっすぐ南へ延びている。
   遠くに鈴鹿の峰々が霞み、水田にたむろする白鷺の姿が水面に映えて美しい風景を描いている。


  

<間の宿 石畑>

 

   風景を愛でつつ歩いているうちに近江商人の発祥の地の一つであり、伊藤忠家(伊藤忠商事

   のある豊郷に入る。
    
   ここは<石畑の一里塚>日本橋より121里)があったところで、現在の豊郷を<間の宿 
   石畑>と言われた。

 

    江州音頭発祥地の碑>が建つ臨済宗千樹寺先の宇曽川にかかる歌詰橋を渡ると、普門寺裏に
    <        門首がある。


イメージ 1
 間の宿・石畑を経て愛知川宿に向かう


イメージ 2
門首


イメージ 3
  中山道 一里塚の郷 <間の宿 石畑>
 
 
イメージ 4
<石畑の一里塚>日本橋より121里 

 

 

    <不飲川 ―のまずかわ>

 

        愛知川宿に、歴史から来た伝説の細い川が流れており、平将門の首を洗い、血で染まって水が濁って
        飲めなくなったという<不飲川>がある。 先ほど立寄った宇曽川縁にあった<将門首塚>と関係が
        ありそうである。


イメージ 5
将門の首の血で染まったという不飲川

イメージ 6
間の宿・石畑宿の問屋跡 


--------------------------------------------------------------------------------

 
 
    <愛知川宿 65>   中山道てくてく 日本橋より772km (立寄り地含む)
 

     愛知川宿は、歌川広重の浮世絵<        恵智川>の名前でも知られており、総戸数199軒・旅籠28軒の
     中山道65番目の宿場である。


イメージ 7
 歌川広重画 中山道 『木曽海道 六十九次之内 恵智川
 
 

 

   <近江商人の里>

 

  近江商人のルーツと言われる小幡商人は、ここ愛知川が発祥の地と言われている。

 

    その中でも、ここ愛知川宿にある<てんびんの里 五個荘>は近江商人の地としての誇りを保ち
    続けている。

 

    <旧田中家住宅>は、麻織物商の田源の別邸で、現在は<料亭近江商人亭>として、

 

    また、1758年創業の旅籠<竹平楼>も料亭として営業を続けている。

 

 

 

    わたしの祖々父と祖父の二代に渡って近江商人であった。

 

    祖々父は彦根に、祖父は京都室町に本拠地を置き手広く湖東の糸偏を全国に販売していた。
    母は祖々父の初孫であり、随分と可愛がられたという。商売を祖父に譲って隠居した彼は、
    まだ小さかった母に近江商人について色々と話してくれたという。

 

  近江商人の卵たちであった        八幡商業高等学校の生徒たちは卒業前のある期間、大きな風呂敷
  一杯に長浜の縮緬や、高宮の麻布、愛知川の麻織物など湖東産の布を包み、竹網におにぎり
  と梅干を包み、竹筒に水を詰め、鳥居本の胃腸薬・赤玉神教丸を懐に忍ばせ、天秤棒を片手に
  日本組と東南アジア組に分かれて売り歩くという卒業実習をさせられるのだという。
  

 

  日本全国はもちろん、遠くはビルマ、タイ、ベトナムカンボジアフィリッピン満州
  中国大陸と散っていったという。

 

  彼らは、八幡商業高等学校で学んだ        三方よし」の精神を行商で実践して、体とこころに
  叩き込んだのであろう。

 

 

 

  近江商人士官学校と言われる八幡商業高等学校三方よしの精神>と、その溢れる情熱を
      八幡商業校歌から見てみたい。

 

  <三方よしの精神>は、近江商人の思想・行動哲学であり、
  その三方とは「売り手よし、買い手よし、世間よし」をさす。

 

          

           八幡商業校歌>

 

     漣清き鳰の海その八景の岸近く 敷ける教の庭の中

 

    望みあふるる青春の 健児日毎のいそしみは 邦と民との富の道

 

     鵬の翼の延びざりし鎖国の世にも大八洲 その隅かけて市とせし

 

           父祖にな耻ぢそ東海の 潮一度舟乗せて 四海にいたる今の時

 

     印度の珠玉アラビヤの香も集めん南洋の 珊瑚琥珀も欧の西

 

           送らん道や幾万里 潮と共に舟を駆る 貿易風の名もよしや

 

     大魂ひとつ日月の光遍く照るきはみ 自然と人と相待ちて

 

           万の宝産むところ 皆わが領と心して 探れ扶桑の国の富

 

     扶桑の国の富斯くと宣らん健児の志 養う処漣の

 

           近江の海の岸近き 教の庭に光栄の 景とこしへに照らしめよ

 

 

 

   (詳細を是非お読みいただきたい;近江商人探究冊子 - 滋賀県立八幡商業高等学校

 

 

 

  
   <天秤棒>が近江商人の代名詞であったことのその誇りと意気を感じるではないか。

 

    宇曽川の歌詰橋を渡り、将門首塚に立寄り、先に進むと近江鉄道愛知川駅前あたりに
    ある<豊満寺>、<脇本陣跡の碑>の先に<愛知川の一里塚跡の石柱>日本橋から
    122km)、聖跡 竹平楼>がある。


イメージ 8
<愛知川の一里塚跡>122


イメージ 9
 愛知川宿 聖跡 竹平楼
 
 

 

    旧中山道である県道220をまっすぐに南下すると、愛知川手前で国道8号線に合流して<御幸橋>を
 渡り、常夜灯に迎えられて<五箇荘>に入る。

 

    道標<右京みち・左いせ(伊勢)ひの(日野)八日市みち>の先に、近江商人らしい町並みが整然
 と並ぶ。

 

    ここ五箇荘は、「正直勤勉」を掲げた近江商人の白壁と蔵が立ち並び、豊かな古い町並みが美しい。
 

 ここ旧中山道と並行して走る国道8号線の西側にも五箇荘近江商人の街並みが広がり、

    <近江商人博物館>、<てんびんの里文化学習センター>や、近江商人屋敷<旧外村繁邸>があり、
    興味深い。

       
イメージ 10
天秤の里 五箇荘の古い街並みと水路
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
につづく