shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行73 <守山宿67⇒大津宿69>Ⅰ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 74
 
 
33日目中山道てくてくラリー)   
 
         <守山宿67⇒ 草津宿68⇒ 大津宿69 
                  
           21km/9h    520



<守山宿 67>     中山道てくてく徒歩総距離810㎞  (立寄り先含む)
 
 
 
野洲川の河川敷に張られたテントが、朝を迎えてヒマワリのように朝日に向かって大輪を
咲かせている。
その生き生きした姿に、喜びと安堵感と使命感、そして満足と達成感が出ているようである。
それは、われわれ弥次喜多もまた同じ表情を醸し出しているに違いない。
 
さあ、あと二日で京三条大橋である。
今日も中山道をしっかり歩き、東北の被災者の皆さんにエールを送り、日本橋からの街道を
引き継ぎたい。

露営地撤収にも感謝と喜びの気持ちがひろがるではないか・・・
 
「京立ち守山泊まり」

守山宿は、京三条大橋を出立し、中山道東下りで江戸日本橋へ向かった旅人が最初に泊まった
宿場であり、総戸数415軒・旅籠30軒が並ぶ大変活気にあふれた宿場町であった。


イメージ 1
歌川広重画 中山道 「木曽海道六拾九次之内 守山」
 
 
イメージ 2
テントから見る中山道てくてく33日目の朝日
 
イメージ 3
野洲川露営地を撤収する(背景:三上山)


イメージ 4
同志社ローバースカウト隊創立50年記念Tシャツを着ての出発
 
 

 

520日 午前7時 晴 近江富士(三上山)に見送られて、今夜の露営地である大津宿 長良公園
向け出発した。 
中山道の守山宿の町屋を楽しみながら進むと<推定・本陣跡>を経て、中山道錦織寺道の
分岐にある石造道標に出る。


イメージ 5
守山宿の町屋1
 
イメージ 6
 守山宿の町屋2

 
イメージ 7

守山宿 本陣跡(推定)地



イメージ 8 イメージ 9 イメージ 10
                        石造道標
 
 
 

 

 中山道 石造道標の読み方>

 

中山道のような街道の石造道標は、掟書きなどを掲げた高札場の一角に立てられたようである。
言い換えれば街道を往来する旅人や村民の目に付きやすい街道分岐の道標の近くに高札場を
立てたと言うほうが正しいと思う。

 

標準的な石造道標は、花崗岩で高さ1.6m、一辺30㎝の四角柱であった。

 

ここに建つ石造道標の刻字を見ると、

 

   中山道側の面に『右 中山道 幷 美濃路』、<右が美濃(岐阜)へと続く中山道で>、


 

   石柱左側面に『左 錦織寺四十五丁        こ乃者満ミち』の文字が刻まれている。

 

<左の道へ行くと人々の信仰を集めた真宗木部派本山である錦織寺(中主町)に至る1里
(約4㎞)の錦織寺道であり、それに続く『こ乃者満ミち』は、びわ湖東岸の木浜港
(大津への最短航路)へも通じる道であることを示している。>

 

   また道標の建立者、年代は通常裏面に彫られていることが多い。

 

<この道標は1744年(延享元年)霜月に、大津市西念寺講中が建立したものである
ことがわかる。>

 

 

 

道標から、その地元の歴史をうかがい知ることができるので是非観察されることをお勧めしたい。


 

中山道もあと2里(約8km)で最終地の京三条大橋に到着する。

 

また、中山道は一応次宿・草津宿東海道と合流し、京三条大橋に向かうが、日本橋からの
一里塚は129番目の草津の一里塚>をもって終了する。

 

その前に再度、われわれ弥次喜多のリーディング・ランドマークとなった一里塚を見ておきたい。

 

 

 


<今宿の一里塚> 日本橋から128/512

 

 中山道は、江戸日本橋を起点(0/0㎞)として、1/4㎞を持って1区間とし、終点草津までに
全部で129か所の一里塚を築いて旅人や参勤交代、早馬・早籠などの公的サービスなどの基準や
目安とした。

 

また、一里塚の上に榎などの樹木を植え、目印としてや日陰を旅人に供した。

 

現在では、道路事情や改良、道路の付け替えなどによりほとんどが移動や消滅にさらされたが、
<今宿の一里塚>は二代目の榎が立派に育ち、中山道でみられる数少ない現存一里塚である。

 

ここ<今宿の一里塚>は、中山道128番目の一里塚である。

                     
イメージ 11
今宿の一里塚跡128里
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 につづく