shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行74 <守山宿67⇒大津宿69>Ⅱ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 74
 
 
33日目―②  中山道てくてくラリー  
 
         <守山宿67⇒ 草津宿68⇒ 大津宿69> 
         21km/9h    520



今宿の一里塚跡より先に進むと、大宝神社鳥居横にたたずむ芭蕉句碑「へそむらの」が建つ。
 
芭蕉句碑 「へそむらの」 大宝神社鳥居横>
 
《 へそむらの まだ麦青し 春のくれ 》   はせを(芭蕉
       元禄3年(1690)、関東北陸方面を旅した帰りにここ綣村(へそむら)の立場に足をとどめ、旅の余韻と惜春の情を託して詠まれた句と言われている。
 
 

イメージ 1
芭蕉句碑 「へそむらの」      大宝神社鳥居横
 

イメージ 2
JR東海道・草津線下のトンネルを抜けると草津宿
 
 
JR東海道本線と草津線が合流する高架トンネルをくぐって草津宿に入る。
 

 

草津宿 68>  中山道てくてく 日本橋から徒歩総距離818㎞  (立寄り地含む)

 

 草津宿は、中山道68番目の宿場として東海道52番目に合流する交通の要衝であり、旅人が草津宿
中山道組と東海道組に別れ、それぞれ江戸日本橋に向かった。現在でも中山道東海道
追分道標が建っている。

 

天井川である<草津川隧道>(ずいどう・トンネル)の出口に、<高札場>と<東海道追分道標>
が建つ。

イメージ 3
 草津川隧道(トンネル)を抜ける 


イメージ 4
隧道(トンネル)西側に建つ高札場跡
イメージ 5
隧道(トンネル)東側に建つ現在の追分道標

草津追分(中山道東海道の分岐)近くに<尭孝法師歌碑>が建ち、当時の草津宿の風景が

詠まれている。

 

 

<尭孝法師歌碑からみる当時の草津の風景>


イメージ 6
尭孝法師歌碑

 

 当時の草津は寂しい処であったようだ。

 

<将軍のお供で富士見物の途中、草津に寄ったが、草津は名ばかりで、秋の草花が咲いた美しい野辺を想い描いていただけに心寂しい思いをするものだよ>と詠んでいる。

 

 

 

《 近江路や 秋の草つは なのみして 花咲くのべぞ 何處ともなく 》  尭孝法師

 

 

 

歌碑の先には、<草津本陣>、<脇本陣>が続き、最古の追分道標がある<立木神社>がある。

 さらに<草津川>を渡ると、化粧地蔵に見送られて進み、<野路の一里塚跡>に達する。



イメージ 7
草津本陣
 
イメージ 8
脇本陣跡(現在 そば処)


イメージ 9
 
イメージ 10
 草津川にかかる<やぐらばし>を渡る


<矢橋の渡しへの道標>

 

草津宿の南に続く矢倉村には草津名物<うばがもち>が売られており、広重の浮世絵にも描かれている。

 

また、矢倉村からは対岸の大津宿に湖上から向かう渡し場<矢橋の渡し―矢橋湊>へと続く矢橋道が
分岐していた。 今でも道標が商店の軒先に建っている。

 

旅人は、大津宿に向かうにあたってここ<やばせ道>の追分で思案したそうだ。

 俗謡で、《 瀬田に廻ろうか矢橋に下ろかここが思案の乳母が餅》と唄われた。

 ただ、渡し船が、比叡山からの強風にたびたび遭遇して欠航、遅延が多く旅人を悩ませたようである。

 

渡し船を使わないときは、時間はかかるが<瀬田の唐橋>を渡るのである。
 
「急がば廻れ」の語源は・・・

<醒睡笑>で《 武士(もののふ》 の やばせの舟ははやくとも 急がばまわれ 瀬田の長橋 》と詠まれているところからきている。



イメージ 11
やばせ道 道標


イメージ 12
歌川広重画 中山道 『木曽街道六十九次・草津
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

につづく