shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

中山道徒歩旅行76 <守山宿67⇒大津宿69>Ⅳ

2011『星の巡礼中山道てくてくラリー・550km徒歩旅行』 74
 
● 33日目―④  中山道てくてくラリー  
            <守山宿67⇒ 草津宿68⇒ 大津宿69> 
             21km/9h    520



懐かしの<瀬田の唐橋>が出迎えてくれた。

イメージ 1
<瀬田の大橋>―瀬田唐橋を制するものは天下を制する
 
イメージ 2
瀬田唐橋を渡って大津宿に入る
 
 
瀬田の唐橋と天下取り>

古代からここ瀬田の唐橋は、地政学的に天下取りの入口であり、要であった。
古代と中世の瀬田唐橋をめぐる攻防を見ておきたい。
 
◎   672年、「壬申の乱」において、ここ近江(大津)にあった大友皇子の近江朝廷軍は、
               大海人皇子に瀬田唐橋の戦いで敗れている。

◎   764年、「藤原仲麻呂の乱」では、仲麻呂軍が近江国府に入るのを防ぐために、孝謙上皇軍が
              瀬田唐橋を焼いている。
 
この度の中山道行脚は、木曽義仲の生誕地である木曽海道をくだってきた。その義仲が
ここ瀬田宇治の戦いでなくなっている。そして、これから参る義仲寺に木曽義仲の墓があり、
巴御前芭蕉に囲まれて祀られている。
 
◎  1184年、  源範頼義経軍が、ここ瀬田と宇治で木曽義仲軍と戦い、木曽義仲が戦死している。

◎  1221年、「承久の乱」において、後鳥羽上皇がこの地でも鎌倉幕府とたたかっている。

◎  1582年、「本能寺の変」が起こり、瀬田城山岡景隆が瀬田唐橋を焼き、明智光秀軍の安土城
                        進撃を阻止している。
 
結局、東国より京に攻め入るときも、また西国より東国へ攻め入る場合でもどちらにしても、ここびわ湖にかかる瀬田唐橋を渡らなければならず、東の天王山でもあったのである。

 
<広重画 浮世絵に瀬田大橋を見る>

イメージ 3
広重画 瀬田の唐橋近江富士を望む
 
イメージ 4
広重画 石山寺より瀬田唐橋・比叡山を望む
 
瀬田の唐橋についてはブログ<びわ湖一周自転車の旅>でも触れているので、立寄ってみてほしい。
 
 
 
 
その瀬田の唐橋を守っていたのが<膳所城>で、城址が現在の近江大橋の西詰にある。

                      
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

につづく