shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

2020『星の巡礼 志賀の里歳時記』Ⅰ

『2020志賀の里・歳時記』 Ⅰ (1月1日~5月19日)

2020 Shiga-no-Sato Glossary of seasonal words (for haiku poets)

 

2020(令和2)年は、コロナウイルスに始まり、コロナウイルスに終わる疫病の年となった。

ここ志賀の里は、過疎の地だが、近くにあるびわ湖バレーは全国から観光客を集める賑やかな山である。

コロナの三密から逃れ、新鮮な空気や自然にいだかれるためにやってくる人があとを絶たない。

一日も早く疫病を克服し、自然を愛でる生活に戻れることを祈るものである。

日本国民一人ひとりが、すべてを犠牲にし、耐えた一年であった。

お互いをたたえ、誉めたい。

 

ここに、<2020志賀の里 歳時記>を書き加え、令和2年を締めくくりたい。

 

2020 (Reiwa 2) was the year of the plague that started with the coronavirus and ended with the coronavirus. The village of Shiga is a depopulated area, but the nearby Lake Biwa Valley is a lively mountain that attracts tourists from all over the country. There is no end to the people who come to escape from the Three Cs of Corona and get into the fresh air and nature. We pray that we can overcome the plague as soon as possible and return to a life that loves nature. It was a year of enduring at the expense of everything. I want to honor each other.

 

I would like to add <2020 Shiga's Saijiki> here to finish the second year of Reiwa.

“Saijiki” is a glossary of seasonal terms for haiku composers.

 

 

■2020_01_01   2020(利和2年)1月1日 元旦

HAPPY NEW YEAR  

 

f:id:shiganosato-goto:20201218201821j:plain

         明けましておめでとうございます 

         HAPPY NEW YEAR

                                                           

                                                             f:id:shiganosato-goto:20201218202101j:plain


                                           2020年 元旦  後藤實久

                                     

 

 

 ■2020_01_11 満月のもと美酒に酔い漢詩を吟ず

Under the full moon, get drunk with sake and sing Chinese poetry

 

ここ数日、令和2年の初満月が比良や鈴鹿の峰々に微笑みかけている。

美酒「越乃寒梅」の熱燗に酔い、鯖街道踏破の途次 昨初冬の

満月のもと花脊峠で詠んだ漢詩五言絶句《酔月酒》を高らかに吟じて、

楽しんだ。

 

<鯖街道踏破ブログ:shiganosato-goto.hatenablog.com>

shiganosato-goto.hatenablog.com

 

For the past few days, the first full moon of Reiwa 2(2020) has been smiling at the peaks of Mts.Hira and Suzuka. Drunk with the hot sake of the sake "Koshinokanbai", the process of traversing the Saba Kaido ( Japanese ancient trekking road). in the early winter of last year,the five-word Chinese poetry "Suigesshu" that was sung at the Hanase Pass under the full moon. Enjoyed it.

 

 

          漢詩《酔月酒》  後藤實久作

 

         凛月下初冬    凛として 月下の初冬

      酔美酒独酌    独り酌み 美酒に酔ふ

      濡頬落流星    落ち来る 流星頬濡し

      了鯖道共仏    仏と共に 鯖街道了る

 

           りんとして げっかのしょとう

           ひとりくみ びしゅうによう

           おちくるりゅうせい ほほぬらし

           みほとけとともに さばかいどうおえる

 

 

f:id:shiganosato-goto:20201218202654j:plain

 

 

 

■2020_01_28  手書き便に薫る墨の匂いがいい

The smell of ink scented on handwritten flights is so nice.

 

《 手書き便 蝋梅愛でつ 想ふ君 》

  -てがきびん ろうばいめでつ おもふきみー

 

手書き、それも毛筆による炭香る便りはめったにお目にかかれなくなった。そんな一枚を見つけて友の生き方を味わうのもまた老人の喜びである。

 

I rarely see the charcoal-scented news from handwriting and brushstrokes. It is also an old man's pleasure to find such a piece and enjoy the way of life of my friend.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218203101j:plain   f:id:shiganosato-goto:20201218203205j:plain

 

「 謹賀新年 凛と生き 矍鑠を祈る 」

 ―きんがしんねん りんといき かくしゃくをいのるー

 

庭に咲いた蝋梅を愛でながら、

友からの手書きの賀状を読み返している。

歳をとっても凛と生き、丈夫で元気な老人たれと友はいう。 

(矍鑠―かくしゃく― 年をとっても丈夫で元気なさま) 

 

While loving the plum blossoms in the garden,
I am reading back a handwritten greeting card from my friend.
He is telling me even if you get older, you are a durable, healthy old man.

 

 

 

■2020_02_06  雪の精 Snow Fairy

 

ふわふわと雪の精が天から舞い降りてくる。

待ちに待った志賀の里の初雪・冬景色である。

Fluffy and snow spirits come down from heaven. The long-awaited first snow and winter scenery of Shiga-no- Sato.

 

《 出会いてや 夢受け止めし 雪の精 》

     ーであいてや ゆめうけとめし ゆきのせいー

 

天から落ち来る雪の舞を見上げていたら、少し薄口をあげていたのであろうか雪の精が舞い込み、その冷たい雪の精の体温が伝わってくるではないか。幸せを味わう一瞬である。

 

When I was looking up at the snow dance falling from the heavens, I would been opening

a little bit of my mouth.  And then the spirit of the snow would come in, the body temperature of the cold snow would be transmitted. It is a moment to enjoy happiness.

 

《 たわわなる 白き重みの 老いの背や 》

    -たわわなる しろきおもみの おいのせやー

 

初雪の重みにたわむ樹木の枝葉が、あたかも老いた自分の背に見えてくる。 その曲線に何とも言えない親近感を覚え、いつまでも温かい背中のシルエットを眺めていたものである。

 

The branches and leaves of a tree that flex under the weight of the first snow appear as if they were my old back.  I felt an intimacy with the curve and I was kept looking at the warm back silhouette.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218204524j:plain

 

 

 

■2020_02_13   時が過ぎるのは早いものである。

Time goes by so quickly.

 

《 君想ひ 流離うままに 暮れし日々 

       沈みし残り香 時を見つめし 》

  ―きみおもひ さすらうままに くれしひび 

            しずみしのこりが ときをみつめし―

 

亡き人を想うとは、さすらうままに時が過ぎ、かの人の残り香をなつかしむようなものである。

 

Thinking of the deceased is like passing the time, wandering, and grabbing the remaining incense.

 

今日は大切な人の21回目のメモリアルデーである。お墓にお花を飾り、今日一日彼女を偲びたいと思う。

 

Today is the 21st Memorial Day for a loved one. I want to decorate the grave with flowers and remember her all day long.

 

          f:id:shiganosato-goto:20201218204848j:plain

 

 

 

■2020_03_07 『星の巡礼 淡路島一周サイクリング老人の旅』

<Awaji Island Cycling Old Man's Journey>

 

淡路島は、古事記にでてくる神話<国生み>の島である。

タイムレースもいいが、風に遊び、雲に導かれ、海と語り、テントを張り、天の川に泳ぎ、俳句を作り、詩吟を吟じる。そして火をおこし、熱いコーヒーを流し込む・・・ロマンチックな2泊3日のサイクリングの旅に出かけてきた。 お互い体を鍛え、コロナに備えよう。

 

《 国生みの たどりし淡路 爺の春 》     

    ―くにうみの たどりしあわじ じじのはるー

 

Awaji Island is an island of mythology <national birth> that appears in Kojiki. Time race is good, but playing in the wind, being guided by clouds, talking to the sea, setting up tents, swimming in the Milky Way, writing haiku, and singing poetry. I set fire and pour hot coffee. I went on a romantic two-night, three-day cycling trip. We train each other and prepare for the corona Virus.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218205335j:plain

               夕陽に浮かぶ明石海峡大橋

 

f:id:shiganosato-goto:20201218205731j:plain f:id:shiganosato-goto:20201218210152j:plain

f:id:shiganosato-goto:20201218210650j:plain


 

2020『星の巡礼 淡路島一周サイクリング老人の旅』①

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2020/03/04/222114

 


 

 

■2020_03_20   蓬莱山雪中キャンプを楽しむ

Enjoy snow camp on Mt. Horai

 

木蓮が咲くころ、雪中キャンプを楽しみに蓬莱山に登っている。今年は極端に積雪少なく、びわ湖バレーのゲレンデもコロナウイルスの影響もあってか人影もまばらであったが、大自然の美しい夕暮れや夜空に輝く星座に魅了された。寝袋に潜り込んでからの深夜の強風(体感風圧30)にテントごと吹き飛ばさる直前、急遽避難、ヘッドランプを頼りに深夜の撤退下山というハップニングに見舞われた。長年の登山の中での貴重な体験に少し興奮したものである。

 

When the magnolias bloom, I am climbing Mt. Horai looking forward to camping in the snow. There was extremely little snow this year, and although the slopes of the Lake Biwa Valley and the people were sparse due to the influence of the coronavirus, I was fascinated by the beautiful dusk of nature and the constellations shining in the night sky. Immediately before the tent was blown away by the strong wind (experienced wind pressure 30) at midnight after sneaking into the sleeping bag, I was suddenly evacuated and was hit by the happening of withdrawing from the mountain at midnight relying on the headlamps. I was a little excited about the precious experience of many years of mountaineering.

 

《 咆哮の 怯え縮みし 春嵐 》

―ほうこうの おびえちぢみし はるあらしー

 

テントを揺さぶる春嵐の咆哮に、みを縮め怯えた一夜であった。

It was a night that I felt to be scared of a spring storm when I stayed in a tent on the top of Mt. Horai

 

f:id:shiganosato-goto:20201218211120j:plain

f:id:shiganosato-goto:20201218211311j:plain f:id:shiganosato-goto:20201218211447j:plain

                 蓬莱山頂の残雪

 

f:id:shiganosato-goto:20201218211656j:plain

         残雪淡き蓬莱山頂よりびわ湖西岸を見下ろすテント

 

f:id:shiganosato-goto:20201218211915j:plain

             比良山系 蓬莱山頂の落日と地蔵尊

 

 

 

 

■2020/04/29 『星の巡礼 シルクロード踏破16000㎞日記』後編

 <タシュクルガン/中国 ⇒ ペシャワールパキスタン

  Silk Road traversal 16000km diary Part 2

   <Tashkurgan / China Peshawar / Pakistan>

 

 コロナウイルスとのながいお付き合いになりそうである。自宅待機の時間を生かして森の再生に汗を流しながら、『星の巡礼 シルクロード踏破16000㎞日記』を整理し、パミール高原を越えカラコルムハイウエーをバスで走った<中国/タシュクルガン ⇒ ペシャワール/パキスタン>間の日記を書き上げてみた。

It is likely to be a long-term relationship with the coronavirus. Taking advantage of the time spent waiting at home, while working hard to regenerate the forest, I organized the "Star Pilgrimage Silk Road 16000km Diary" and ran the Karakorum Highway over the Pamir Plateau by bus <China / Tashkurgan ⇒ Peshawar / Pakistan > I wrote a diary between them.

 

《 おさまらぬ コロナ踊りや 過ぎし春 》

    ーおさまらぬ ころなおどりや すぎしはるー

 

コロナ騒動がおさまらないうちに春も過ぎてしまった

Spring has passed before the corona turmoil has subsided.

 

お体を大切にされ、人類を震撼させている疫病に耐えて、お互い元気な姿での再会を楽しみにしております。志賀の里にいるわれわれは元気です。

写真は、パキスタン/アフガニスタン国境ハイバル峠にて

We look forward to seeing each other in good spirits, enduring the plague that cherishes our bodies and shakes humankind. We are fine in Shiga-no-Sato. The photo is at the Khyber Pass on the Pakistan / Afghanistan border.

 

       f:id:shiganosato-goto:20201218212704j:plain

           アフガニスタン ハイバル峠にてガイドと

 

 shiganosato-gotoの日記 (hatenablog.com)


 

 

■2020_05_05  コロナに負けじと風に舞う鯉のぼり

A carp streamer that dances in the wind, losing to Coronavirus

 

《 暗き世も 泳ぎ切るらん のぼり鯉 》

    ―くらきよも およぎきるらん のぼりこいー

 

この世はいまコロナウイルスで暗い気持ちになっているが、鯉のぼり(子供)たちは

大空を元気に泳ぎ切ることであろう。

 

The world is feeling dark now because of coronaviruses, but carp streamers (children) will be able to swim well in the sky.

 

         f:id:shiganosato-goto:20201218213104j:plain

 

 

 

 

■2020_05_06  コロナわれ関せずと葱坊主は独り坐禅

    Coronavirus is zazen alone without being involved

 

世間は、コロナウイルスという疫病に騒然となっているが、わが家の葱坊主たちは

我関せずと泰然自若の体である。

 

《 疫病に 独り坐禅や 葱坊主 》

 ―えきびょうに ひとりざぜんや ねぎぼうずー

 

In this world, the plague of coronavirus has been a cause of noise, but the green onions of our family are self-sufficient without any concern.

 

       f:id:shiganosato-goto:20201218213300j:plain

 

 

 

■2020_05_07  コロナに負けじと溝掃除

No losing to Coronavirus and cleaning the ditch

 

《 梅雨入りや コロナ追いやる 溝掃除 》

    ―つゆいりや ころなおいやる みぞそうじー

 

われわれが現在、深い関係を持っている未知なる新型コロナウイルスは高温多湿、特に太陽光に弱いという説が専門家や、ホワイトハウスから発表されている。その先陣を切って日本は梅雨を迎え、夏場に突入する。疫病の一日も早い終息を願って溝掃除に汗を流した。

 

Experts and the White House have announced that the unknown new coronavirus, which we have a deep relationship with, is weak in high temperature and humidity, especially sunlight. Japan is approaching the rainy season and enters the summer. I sweated to clean the ditch in hopes of ending the plague as early as possible.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218213628j:plain

 

 

 

■2020_05_10 母の日に寄せて

For Mother's Day

 

わたしたち兄弟姉妹にとって最愛なる母が召天して20年目の母の日、幼い小鹿たちを女手一つで守ってくれた日々が懐かしく、感謝の気持ちでいっぱいである。

 

《 母慕ふ 小鹿の千鳥 怪しげや 

        振り返し笑み いまだ忘れじ 》

  ―ははしたう こじかのちどり あやしげや 

           ふりかえしえみ いまだわすれじー

 

My mother, the beloved mother of our brothers and sisters, celebrated her 20th year of Mother's Day after calling, and the days when she protected the little fawns with her hands are nostalgic and full of gratitude.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218213942j:plain

 

 

 

■Facebook2020_05_16 義父94歳の誕生を祝って

Celebrating the birth of my father-in-law, 94 years old

 

高齢に伴い老人ホームに入居中の義父に変わって、山里にある実家の庭木を剪定してきた。

どの庭木も義父が慈しみ育てた庭木たち、なかでも老梅の朽ちた大木が玄関先にその姿をさらしている。よく見ると朽ちた老梅に一本の若々しい子梅の腕が天を衝いてその枝を伸ばしているではないか。

命を引き継ぐ、その愛の営みに心震える感動を覚えた。

 

《 慈しみ 義父の育てし 庭木刈る 

         朽ちて老梅 子梅遺せし》

   -いつくしみ ちちのそだてし にわきかる 

              くちてろうばい こうめのこせしー

 

As my father-in-law he grew older, instead of who is living in a nursing home and has been pruning the garden tree of his house in mountain village.
All the trees are grown by his love and kindness, and among them, the old tree of plum exposes itself to the front door.  Look closely, the arms of a youthful plum on it is growing.

I was deeply moved by the love that took over new life.

 

f:id:shiganosato-goto:20201218214226j:plain f:id:shiganosato-goto:20201218214442j:plain

         義父の生家

 

 

 

■2020/05/19  コロナウイルスからの経済回復

Economic recovery from coronavirus (in Chinese market)

 

中国のコロナウイルス終息宣言からの経済回復速度を見ていたが、案外早く経済システムの回復が見られ驚いている。今後の日本経済回復の目途になるのではないだろうか。

1月23日 武漢都市封鎖

3月20日 アマゾン通販で<AC/DC 変換アダプター>注文

4月5~16日お届け予定日

4月8日  武漢封鎖解除

5月18日 注文商品受領

I was watching the speed of economic recovery from China's declaration of the end of the coronavirus, but I was surprised to see the recovery of the economic system unexpectedly quickly. I think it will be a prospect for the recovery of the Japanese economy in the future.

 

《 春風に 森の妖精 謳いあげ 

       鋸に和してや コロナ散せし 》

  ―はるかぜに もりのようせい うたいあげ 

             のこにわしてや ころなちらせしー

 

コロナウイルスによるステイホームの間、森の再生作業を終え、デッキの改修に取組み、ヨモギ餅づくりを楽しみながらブログ「星の巡礼 シルクロード踏破16000㎞日記⑤―パキスタン編」を仕上げた。

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/

 


During the stay home with coronavirus, I finished the forest regeneration work, worked on the deck repair, and finished the blog " Pilgrimage of Star: “Silk Road Crossing 16000 km diary ⑤-Pakistan edition" while enjoying making mugwort rice cake.

 

 

 

 

     

 

 

      『2020志賀の里・歳時記』 Ⅱ 

          (5月19日~12月31日)に続く

 

 

shiganosato-goto.hatenablog.com