shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

2021『星の巡礼 奥比良縦走 / 老人の山旅随想』

2021星の巡礼  奥比良縦走 -老人の山旅随想- 』

2021 "Pilgrimage of the Stars : Mts. Okuhira Traverse

-Old Man's Mountain Trip Essay-"

 

 

 

 

<夜明けに向かって叫ぶ ― 蛇谷ケ峰山頂>

 Shout towards dawn

 

この10月の連休、のんびりと秋の奥比良(約22㎞)を歩いて来た。

1日目、朽木温泉から蛇谷ノ峰(標高902m)への夜間登山のあと、

山頂の樹木の枝葉に潜り込んで野宿をした。

山頂を取り巻く満天の星や、高島・マキノ・朽木の灯火(ともしび)を

楽しみながら夜を明かした。

 

2日目は、山頂で、晴天に恵まれた夜明けを迎え(写真)、

奥比良を縦走したあと、八雲が原にツエルト(簡易テント)を張った。

しかし、夜半、襲い来る強風と激しい雨に見舞われ、身を縮めて

朝を迎えることになった。

 

3日目、悪化する天候を避けて、当初の予定を切り上げ、

荒川峠より志賀の里にエスケープ(緊急下山)した。

下界は晴れ渡り、雨に濡れた山男をあざ笑っているようであった。

 

《 天の川 白み染める 蛇谷峰  露に目覚むる 野に臥せし宿 》

-あまのかわ しらみそめる じゅだにみね つゆにめざむる のにふせしやど-

 

During this holiday, I walked alone on Mt. Hira, about 22km.

On the first day, after climbing from Kutsuki Onsen to Mt.Jadanimine (elevation 902m) at night, I sneaked into the branches and leaves of the trees at the top of the mountain.

I spent the night enjoying the stars surrounding the mountaintop and the lights of Takashima, Makino, and Kutsuki-village.

On the second day, at the top of the mountain, I reached the dawn blessed with fine weather (photo), and after trekking Okuhira, I set up a simple tent in the field of Yakumo-Daira.

However, in the middle of the night, I was hit by strong winds and rain, and I shrank and greeted the morning.

On the third day, avoiding the worsening weather, I rounded up my original schedule and escaped from Arakawa Pass to Shiga-no-Sato.

The grand world was clear and it seemed that was laughing at the rain-soaked mountain man.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024210612j:plain

       蛇谷ケ峰で天地創造の朝日を迎える (2021/10/09早朝  奥比良縦走)

 

 

<蛇谷ケ峰で迎えた天地創造の朝>

The morning of creation at Mt.Jatanigamine

 

かって、天地創造の朝をエジプトのシナイ半島にそびえたつ岩山 シナイ山

迎えたことがある。

モーゼが十戒を授かった旧約聖書に出てくるあのシナイ山である。

山頂を埋め尽くした人々の口からの感嘆の声と共に、あふれ出る賛美の涙を

抑えることもなく立ち尽くす人々の姿を忘れることが出来ない。

 

天地創造の朝は、この星地球が誕生して以来、46億年間毎日迎えている

荘厳な儀式である。

我が人生の一瞬、いままさに営々と続く天地創造の朝を、ここ地球のびわ湖を

見下ろす蛇谷ケ峰で迎えようとしているのだ。

 

この朝もまた天地創造の朝に出会えて感無量であった。

 

《 み光の 来る朝毎に 清くして 恵みの幸や 愛を授けし 》

 -みひかりの くるあさごとに きよくして

          めぐみのさちや あいをさずけし-

 

Once upon a time, I have been celebrated the morning of Creation at Mount Sinai, a rocky mountain that rises above the Sinai Peninsula in Egypt.

That is Mount Sinai, where Moses received the Ten Commandments.

I never can forget the people who stood up without restraining the tears of praise that overflowed, along with the voices of admiration from the mouths of the people who filled the mountaintop.

The Morning of Creation is a majestic ritual that has been held every day for 4.6 billion years since the birth of this planet Earth.

For a moment in my life, I am about to welcome the morning of Creation, which continues steadily, at Mt.Jatanigamine, which overlooks Lake Biwa on this earth.

I met again this morning on the morning of Creation.

I am deeply grateful.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024211214j:plain

             2021/10/09/05:42 蛇谷ケ峰の天地創造の朝

         2021/10/09/05: 42 Creation of Mt. Jatanigamine

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

      f:id:shiganosato-goto:20211024211520j:plain

          シナイ山頂からの聖なるご来光(天地創造なる日ノ出)を拝する

      Worship the holy sunrise from the summit of Mount Sinai

                     2001/11/03/04:45am

 

      f:id:shiganosato-goto:20211024211933j:plain

        シナイ山頂の聖なる日の出に立ち会い、<モーセ十戒>をおもう

       Witness the holy sunrise on the summit of Mount Sinai

        and thinking of the <Ten Commandments of Moses>

                                     2001/11/02/05:03am

    

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2020/12/22/101028

2001『星の巡礼 イスラエル縦断の旅』Ⅲ

 

 

<星空観察基地としての比良の山々>

Many mountains that can observe for the astronomic in Mts. Hira

 

ここ蛇谷ケ峰をはじめ、比良山系には幾つかの星座観測に適した山頂がある。

山頂が樹木によってさえぎられず平らで、その多くが山麓の灯火を浮かび上がらせ、

天体の星座の輝きと交じり合ってロマンチックな光の舞台を構成するのである。

 

ここ蛇谷ケ峰はじめ、武奈ケ岳、堂満岳、打見山、蓬莱山、権現山などがある。

ただ、武奈ケ岳だけは山中にあり、完全な天然プラネタリウムといっていい。

ぜひ、天気のいい夜、山頂でマットの上に寝ころんで野宿をし、天体に横たわる

天の川や星座を鑑賞するというロマンにひたってみてはいかがだろうか。

星座表をぜひ持参されることをお勧めする。

 

夜空をよぎる流星、それは一人の星の王子さまがまたこの星にやってきたのだ。

流れ星との出会いもまた、一期一会として心に深く刻まれるものである。

 

 

《 天翔けて 来る流星 王子さま 隠れた花を 見つけなんとし 》

 -あまかけて きたるりゅうせい おうじさま

            かくれたはなを みつけなんとし-

 

Both Mt. Bunagatake and Mt. Horai have a 360-degree view, making it a perfect place for astronomical observation.

On summer nights, I look forward to laying down on a mat at the top of the mountain and observing the Milky Way and constellations.

A comet that crosses the night sky, because one star prince will come to this star again ...

Encounters with shooting stars are also deeply engraved in my heart as a once-in-a-lifetime meeting.

On the photo, you can see Mt. Bunagatake (200 famous mountains 1214m) from Iwatani Pass.

Below is a view of Mt. Horai (300 famous mountains 1174m) from Mt. Bunagatake.

 

 

         《 ああわれいま 蛇谷ケ峰におりて 》

              詩   後藤實久

 

         ああわれいま 蛇谷ケ峰おりて

         山頂に臥し 星迫りくる天を仰ぎ見るに

         満天の星たち 輝きにあわせて合唱す

 

         その輝きや この臥せし床を照らし

         波動のエネルギー われを圧倒するに

         高島 朽木の灯火とあわせて高唱す

 

         ああわれいま 苔むすベットに仰向けに臥し

         丸き山頂 宇宙の臍におるを認め

         闇夜に抱かれて 星観察を楽しむなり

 

                          (奥比良・蛇谷ケ峰902mにて 2021年10月8日22:46)

 

f:id:shiganosato-goto:20211024213826j:plain

           イワタニ峠より昨夜の天体観測所・蛇谷ケ峰(902m)を望む 

 

f:id:shiganosato-goto:20211024214006j:plain

        武奈ヶ岳より、冬の天体観測所である蓬莱山(三百名山1174m)を望む

 

 

<蛇谷ケ峰で星空観賞を楽しむ>

朽木温泉にある登山口を午後4時半ごろスタートし、ヘッドライトをたよりに、

夜間登山を楽しみながら暗闇の山頂に午後7時半ごろに到着した。

 

f:id:shiganosato-goto:20211025154209j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025154250j:plain

          朽木温泉先の登山口をスタート(16:00)         蛇谷ケ峰に到着(19:30)

    

途中、谷に流れる水の音を楽しみながら、鹿たちの闇を切り裂く鳴き声に導かれ、

どこまでも続く丸太の階段を踏みしめながら山頂にたどり着いた。

 

f:id:shiganosato-goto:20211025154614j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025154737j:plain

         <水場> 標高404m地点で水場通過(給水)     続く丸太の階段

 

山頂は、高島のダイヤモンドのように輝く灯火や、遠くのマキノ、近くの朽木村

灯で取り巻かれ、まるでクリスマスのイルミネーションのなかにあった。

 

さっそく、深夜の天体観測に備えて寝床づくり、緑苔にシートを敷き、スリーピングマットの上に寝袋を開け、手元にスケッチブックや星座表、懐中電灯、磁石を置き、気付け用のブランディ―と演出用のipodの準備もした。

さらに空腹を満たすためのインスタントラーメンを作ったり、寒さをしのぐコーヒーづくりのための携帯コンロも配して万全である。

 

暗闇を切り裂く鹿たちの鳴き声も、夜空の星たちに呼びかけているようにも聴こえ、

天体観測・鑑賞の演出も出来上がってきたようだ。

 

《 浮き浮きと  星を眺むる  王子さま  待ちし仲間や  流れ星かな 》

 ーうきうきと ほしをながむる おうじさま 

            まちにしなかまや ながれぼしかなー

 

f:id:shiganosato-goto:20211024220029j:plain

                  星観察・鑑賞の間の仮眠の準備

 

f:id:shiganosato-goto:20211025155048j:plain

                     北近江 高島の灯

 

f:id:shiganosato-goto:20211024220209j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024220544j:plain

          星観察・鑑賞に、音楽を聴きながら温かいコーヒーや夜食もまたいい

 

f:id:shiganosato-goto:20211024220901j:plain  f:id:shiganosato-goto:20211024220949j:plain

       使用した星座早見盤 <2021年10月08日の星空> 富山市科学博物館提供星座表

 

 

<暁に立つ孤高の山男>

A solitary mountain man standing in the dawn

 

奥比良山系縦走時、早朝の濃霧の中、力強い老登山家のバックシャンを納めた

一枚の写真である。

 

《幻想の 濃霧背負いし 我れなれど 雄々しき切り絵 われと認めじ 》

 -げんそうの のうむせおいし われなれど

              おおしききりえ われとみとめじ-

 

This is a photo of a powerful old mountaineer's back shan in the thick fog in the early morning when traversing the Okuhira Mountains.

 

     f:id:shiganosato-goto:20211024221322j:plain

                 暁に立つ孤高の山男

 

 

<雲海を見守る一本の樹>

A tree watching over the sea of clouds

 

奥比良縦走時の一風景である。

朽木の村が雲海をまとい深い眠りの中にある。

風雪に耐える一本の樹が、変わらない一生を見続ける

その姿に、自分を重ねてみた。

 

《 立ち姿  静をまといて  寂なるや  悠久なるも  己変わらじ 》

  -たちすがた せいをまとい じゃくなるや

           ゆうきゅうなるも おのれかわらじ-

 

It is a scene when running vertically in Mts. Okuhira.

The village of Kutsuki is in a deep sleep wearing a sea of clouds.

The life that endured the wind and snow was overlaid on the figure that kept watching the unchanging life.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024221837j:plain

          雲海に沈む朽木村を見守る一本の樹 (蛇谷ケ峰山頂より)

 

 

<人間に対する警告>

Warning to humans

 

奥比良縦走の朽木温泉横にある登山口には、入山者に注意喚起する標識に

<警告 熊出没注意>とある。

登山届を投函しながら、熊除けの鈴を持参していないことに気づいたのである。

緊急救助要請用の笛を鈴の代用にして、時々笛を吹いて森にお邪魔していることを

知らせることにして蛇谷ケ峰への夜間登山に臨んだ。

山頂での星座鑑賞のための野宿の間にも、熊の訪問を阻止するため持参した食料袋を

サイトから離れた高い枝に吊るした。

もちろん、時々笛を吹き、二本のストックを叩いて、来訪者がいることを熊や鹿、

猪たちに知らせたものである。

 

縦走二日目、蛇谷ケ峰直下で、熊の縄張りを示す生々しい熊の鋭い掻き傷をみた時には、このような近くに熊がいたかと思うと、心底恐怖にかられた。

熊さんたちの生活圏に入る時には、訪問者としての謙虚な姿勢が大切であることを再認識させられた。

 

《 掻き傷に  無断立ち入り 禁じると 想いて汗す  熊の怒りや 》

 -かききずの むだんたちいり きんじると

              おもいてあせす くまのいかりや-

 

There is a <Warning bear infestation caution> that alerts the climbers at the trailhead next to Kutsuki Hot Spring which runs vertically in Mts. Okuhira. While posting the mountain climbing notice, I realized that I didn't bring a bear bell. I decided to use the whistle for emergency rescue as a substitute for the bell and blow the whistle from time to time to let me know that I was in the forest.

Even during the inn for viewing the constellations on the mountaintop, I hung the food bag I brought with me on a high branch away from the site to prevent the bear from visiting.

Of course, I occasionally blows a whistle and hits two stocks to inform bears, deer, and wild boars that there are visitors.

On the second day of the traverse, when I saw a sharp scratch on a fresh bear showing the territory of a bear.

I was deeply scared to think that there was a bear near such a place. When I entered the living area of the bears, I was reminded that a humble attitude as a visitor is important.

 

        f:id:shiganosato-goto:20211024222154j:plain

          生々しい熊の爪痕 ー 縄張りへの闖入者に警告シグナル

 

 

<奥比良からの風景>

Scenery from Mts. Okuhira

 

奥比良、尾根歩きから見るわが故郷はいつ見ても美しい。

眼下に西近江平野、高島の街並みの先に奥びわ湖が横たわり、

その奥の鈴鹿の山並みが淡海の国を温かく包み込んでいる。

 

故郷は、こころを癒してくれる清涼剤である。

 

《 道終えて  おのが故郷  夢見るに  遠き求むる  やすらぎの里》

 -みちおえて おのがふるさと ゆめみるに

             とおきもとむる やすらぎのさと-

 

Our hometown seen from the ridge walk is always beautiful.

Lake Biwa lies in front of the village scape of Takashima in the Nishi-Omi Plain below.

The mountains of Suzuka in the back warmly envelop the country of Awa-Umi(Lake Biwa).

Always our hometown heals the mind.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024222821j:plain

f:id:shiganosato-goto:20211024222909j:plain

          奥比良縦走二日目の稜線より北近江の風景を楽しむ

 

 

<山の食事は至福な時間>

Mountain meal is a blissful time

 

山登りの楽しみの一つに、食事の時間がある。

腹ごしらえはもちろんだが、書き残した記録をつけ足したり、次なるルート上の

難所や所要時間の確認を行うのである。

また、山に迎えられて食事をしたあと、大地に体を横たえ山の香りをかぎ、山と

おしゃべりするという山登り本来の醍醐味にひたることが出来る貴重な時間でも

ある。

 

《 生きしもの  きらめく露の 消えぬ間に 命の糧を  喰いてや嬉し 》

 -いきしもの きらめくつゆの きえぬまに 

               いのちのかてを くいてやうれし-

 

One of the pleasures of mountain climbing is meal time.

Not to mention getting hungry, I can add the records I left behind and check the difficult points and the required time on the next route.

It is also a precious time to lie down on the ground, smell the scent of the mountain, and chat with the mountain after being greeted by the mountain and having a meal.

 

       f:id:shiganosato-goto:20211024223207j:plain

                    山の食事は至福な時間

 

 

<キノコ、お山の姫たち>

Mushrooms, mountain princesses

 

人間も同じだが、山の樹々の代替わりは自然の摂理である。

老木が朽ちると、美しいキノコたちがその艶やかなファッションを競って、

倒木に花を添え、その一生を称えるのである。

キノコという姫たちに飾られた老木は、安らかな眠りのなかで、満足げな

寝息を立てて満足気である。

 

《 艶やかな キノコの花の 朽ちし木や 幸せ飾る 寝姿もよし 》

 -あでやかな きのこのはなの くちしきや

            しあわせかざる ねすがたもよし-

 

As with humans, the alternative to mountain trees is the providence of nature.

When an old tree decays, beautiful mushrooms compete for its glamorous fashion, adding flowers to the fallen tree and celebrating its life.

The old tree decorated with princesses called mushrooms is satisfied with a peaceful sleep.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024223703j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024224038j:plain

f:id:shiganosato-goto:20211024224216j:plain

                    キノコ、お山の姫たち

 

 

<比良山系 森のオブジェ>

Hira Mountains Forest Object

 

森で出会う自然の織り成す創作品は、いつ鑑賞しても壮大であり、奇想天外、

心打つオブジェ群である。

そこには人の発想を越えた、魂を尽くしきった究極の表現がある。

人もまた老いを認めて初めて人の道に達すると、森は教えてくれている

ようである。

 

《 魂の  オブジェなる森 問い来るに  老い認めてや 人道達すと 》

 -たましいの おぶじぇなるもり といくるに

             うれいなやみも  じんどうたっすと-

 

The creative works woven by nature that I meet in the forest are magnificent, strange, and heart-pounding objects that I can appreciate at any time.

There is an ultimate expression that goes beyond human ideas and is full of soul.

Forest seems to tell us that people also reach the path of humanity only after admitting aging.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024225348j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024225506j:plain 

f:id:shiganosato-goto:20211024225652j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024225838j:plain

f:id:shiganosato-goto:20211024230023j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024230306j:plain 

               奥比良山系 森のオブジェ

 

 

<武奈ケ岳登頂> (標高1214m)

Climbing Mt. Bunagatake (elevation 1214m)

 

高校時代に初登頂して以来、日本二百名山である武奈ケ岳に何度登った事だろうか。

今回も元気に再会できたことを喜んだものである。

武奈ケ岳の左後方の山が釣瓶岳(1098m)、その奥に前夜野宿した蛇谷ケ峰(902m)が

遠望できる。

奥比良は登山者も少なく、びわ湖や北山の優雅な景色を眺めながらトレッキングを

楽しめる、好きな縦走路である。

 

《 日ノ本の 風吹き抜けし 武奈の峰 包みし静寂 平和なるかな 》

 ―ひのもとの かぜふきにけし ぶなのみね

             つつみししじま へいわなるかなー

 

So many times I have climbed Mt. Bunagatake, one of the 200 famous mountains in Japan, since I first climbed it in high school.

We were delighted to be able to meet again this time.

The mountain on the left rear of Mt. Bunagatake is Mt. Tsurubedake (1098m), and behind it I can see Mt.Jatanigamine (902m), which was in the eve.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024233220j:plain

                久しぶりの武奈ケ岳登頂 (標高1214m)

 

     f:id:shiganosato-goto:20211025163458j:plain

        <水場> 武奈ケ岳より三雲が原への途中にあるイブルギノコバの滝

 

 

 

<ツエルトに夢を結ぶ>

Make a dream with Zelt (Simple Tent)

 

ロングトレッキングの後、テントやツエルトを張り、寝袋にもぐりこんだ時、

一畳ほどの空間に広がる安堵感というか、わがねぐらのぬくもりを体いっぱいに

感じるのである。

周りを自然に囲まれているというだけでワイルドな気持ちになり、

自分が人間ということを忘れてしまうのだから不思議である。

人はみな所詮、自然の一員なのである。

この夜ばかりは、鹿も狸も、リスも小鳥たちも、そうガマガエルさえも

家族なのである。

 

《 業終えて  天幕立てし 三雲池   集いし子らと  契りし家族 》

 -わざおえて てんまくたてし みくもいけ 

            つどいしこらと ちぎりし家族-

 

After a long trek, when I put up a tent or zelt and sneak into my sleeping bag.

I can feel the warmth of my roost, rather than the relief that spreads in a space of about one tatami mat.

It's strange that just being surrounded by nature makes me feel wild and forgets that I'm a human being.

After all, human beings are a member of nature.

Only this night, deer and raccoon dogs, squirrels, birds, and even frogs are one family.

 

      f:id:shiganosato-goto:20211024233635j:plain

                  八雲池で、ツエルトに夢を結ぶ

 

f:id:shiganosato-goto:20211024233907j:plain

                八雲池に花咲くテント村

 

       f:id:shiganosato-goto:20211025160319j:plain

                 雨の中での撤退作業



 

 

<暗闇を照らす炎>

The flame that illuminates the darkness

 

日が暮れた山歩きで、食事にありつく時ほど、ほっとすることはない。

揺らぐ炎を見ていると、異次元に誘われているおのれに気づくことがある。

そこはもう心象の世界であり、炎の踊りに酔いしれているもう一人の自分を、

じっと見つめるおのが森の暗闇である。

 

森は静まりかえり、炎だけが怪しげに踊りだした。

 

《 疲れ知り 重荷おろせし 暗闇で 舞見る炎 こころ豊たけき 》

-つかれしり おもにおろせし くらやみで まいみるほのお こころゆたけき-

 

The flame that illuminates the darkness walking in the mountains at sunset is not as relieving as when I have a meal.

When I look at the fluctuating flames, I may notice that I am being invited to another dimension.

It's already a world of imagination.

The forest is quiet and only the flames are suspiciously alive.

 

        f:id:shiganosato-goto:20211024234232j:plain

               魅惑の炎が闇夜に踊りだす

 

 

<お山は雲のなか>

The mountain is in the clouds

 

山歩きで、幻想的な雲の中を歩く楽しさは格別である。

そこには魔法の世界が広がり、ファンタスティックな風景にひたることが出来る。

人生もまたピントをぼかせば、景色が変わるから面白い。

夢もまた、現実をアレンジした雲の中を見ているのかもしれない。

 

《 雲の中 夢想の人や 目覚めよと 誘いし小径 魅惑の森へ 》

-くものなか むそうのひとや めざめよと さそいしこみち みわくのもれへ-

 

The fun of walking in the fantastic clouds while being in the mountains is exceptional.

A magical world spreads out there, and I can immerse myself in a fantastic landscape.

Life is also interesting because the scenery changes if you focus on it. Dreams may also be looking in the clouds, which is an arrangement of reality.

 

f:id:shiganosato-goto:20211024234828j:plain

                    北比良峠 お山は雲のなか

 

f:id:shiganosato-goto:20211024235122j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024235224j:plain

 

f:id:shiganosato-goto:20211024235351j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024235509j:plain f:id:shiganosato-goto:20211024235751j:plain

f:id:shiganosato-goto:20211024235609j:plain 

f:id:shiganosato-goto:20211025000443j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025000527j:plain

 

 

f:id:shiganosato-goto:20211025161631j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025161709j:plain

     <水場>給水のため、雨の金糞峠に立つ          金糞峠直下に水場がある

 

 

<山の主・ガマガエルに迎えられ>

Welcomed by the mountain lord toad

 

比良山系の山の主は、ガマガエルである。

その堂々たる守護神は、神の使いとして登山人の安全を見守ってくれているのだ。

トレックしていると崖から、湿地から、草むらから飛び出してきてガマ問答を

挑んでくるのである。

「君は何しにこの山に来たのかね?」

「幸運をもらいに、君に会いに来たんだよ!」

「わしが女神に見えるかね!」

「・・・・?」

 

《 山の主  行き先はばむ  ガマガエル  君は何者 挨拶せよと 》

 -やまのぬし いきさきはばむ がまがえる

            きみはなにもの あいさつせよと-

 

The king of the Hira Mountains is the toad.

The majestic guardian deity watches over the safety of climbers as a messenger of the god.

When trekking, they jump out of cliffs, swamps, and grass and challenge the question and answer.

"Why did you come to this mountain?"

"For good luck, I came to see you!"

"Does I look like a goddess!"

" ...? "

 

f:id:shiganosato-goto:20211025000821j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025000908j:plain

                 山の主・ガマガエルに迎えられ

 

 

<比良縦走エスケープを決断>

Decided to escape Mts. Hira traverse

 

当初予定の比良比叡縦走を断念し、荒川峠よりエスケープ(緊急下山)することに

なった。

悪天候による低体温を恐れたからである。

トレッキング継続か中断か随分と迷った。

この写真は、エスケープを決意し、安堵した時に荒川峠で撮ったものである。

 

《 誰ぞ知る  行くも帰るも  おのが道 荒川寂し  別れの峠 》

 -たれぞしる いくもかえるも おのがみち

           あらかわさびし わかれのとうげ-

 

《 終えなんと  旅の重荷も  近づきて  はやる心や  遅々と進まず 》

 -おえなんと たびのおもにも ちかづきて 

           はやるこころや ちちとすすまず―

 

I abandoned the originally planned Mts. Hira-Hiei Traverse and decided to escape from the Arakawa Pass (emergency descent).

This is because I was afraid of hypothermia due to bad weather.

I was at a loss as to whether to continue or interrupt trekking.

This photo was taken when I decided to escape and was relieved.

 

     f:id:shiganosato-goto:20211025001306j:plain

                 荒川峠  比良縦走エスケープを決断

 

     f:id:shiganosato-goto:20211025162611j:plain

          <水場> 荒川峠ルート標高520m近くに湧く伏流水

 

<山猿さんたちのランチ>

Mt. Hira-Monkey’s Lunch

 

比良比叡縦走を悪天候によって断念し、荒川峠よりエスケープしたが、

どうしても気分が晴れないのである。

荒川道を下りながら、お猿さんたちはいったい何を食べているのだろうか

という思いにかりたててみた。

そして、下山途中で拾い集めた森の果実を、帰宅後、皿に盛って

お猿さんランチを作ってみた。

猿さんランチメニュー<あけびソーセージ・ハチの巣・栗・団栗>

お猿さんたちは喜んでくれるだろうか。

 

《 ハチの巣に  アケビ腸詰  団栗の 森の恵みや  猿さんランチ 》

 -はちのすに あけびちょうづめ どんぐりの 

             もりのめぐみや さるさんらんち-

 

I abandoned Mts. Hira-Hiei traverse due to bad weather and escaped from the Arakawa Pass.

But I just couldn't feel better.

As I went down the Arakawa Pass, I wondered what the monkeys were eating.

Then, after returning home, I put the fruits of the forest that I picked up on the way down the mountain on a plate to make a monkey's lunch. Monkey Lunch Menu <Akebi-Chocolate Vine sausage, beehive, chestnut, acorn>

Will the monkeys be happy?

 

f:id:shiganosato-goto:20211025001834j:plain

                山猿さんたちのランチ

 

 

<お山の天気は変化自在>

The weather in the mountains is flirtatious

 

今回の比良縦走にあたっても天気予報を前もって研究し、情報を集めた。

それによると、縦走期間中は天気よく、雨は降らないことになっていた。

しかし、歩き出して2日目の夜からお山は激しい雨となり、

老体をいたわるあまり軽量化したことで、

夜討ちの雨やツエルト防水の弱さから着替えをはじめ、

寝袋までも濡らしてしまった。

加えて軽量化のため、雨具をポンチョに代えていたので、

翌日もまた強風雨の横殴りにあい、着衣も濡れてしまい低体温の恐れに

落ちってしまったのである。

無念だが、老体からくる軽量化に走った己の軽薄さを恥じながら、

荒川峠からエスケープしたことはすでに報告したとおりである。

お山の天気は変化自在であり、浮気者であることを知りながら、

お山の天気に翻弄された。

残念ながら下山となってしまったが、奥比良縦走前半の素晴らしい尾根歩きと、

後半の幻想的な雨雲の中を歩けたことに満足している。

 

《 背筋落つ 雨垂れ厳し 山歩き 恋しき故に 雨もまたよし 》

 -せすじおつ あまだれきびし やまあるき 

          こいしきゆえに あめもまたよし-

 

I also researched the weather forecast in advance and gathered information for Mts. Hira traverse. According to it, the weather was fine and it was not supposed to rain during the vertical run.

However, from the night of the second day after walking, the mountain became heavy rain.

The next day I was hit by a strong wind and rain, and my clothes got wet and I fell into the fear of hypothermia.  I've already reported that I escaped from the Arakawa Pass.

 

f:id:shiganosato-goto:20211025002202j:plain

         お山の天気は変化自在 奥比良縦走3日目は雨中行軍そして下山となる

 

f:id:shiganosato-goto:20211025002423j:plain

               奥比良縦走下山後、雨に濡れた全携行品を乾燥中

                しかし楽しかった

                  感謝である

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

■2021奥比良縦走行程表(ボーイスカウト野帳

今回の奥比良縦走は、北から南に向かっているが、

進行方向、すなわちゴールに向かって記帳するので、行程表は下部から上部に向かって記録している。

左右は正常、東西が逆となるので注意して読んでいただきたい。

<老人の所要時間>には、休憩・記録・スケッチ・飲食などが含まれている。

♂♀は縦走中、出会った登山者である。<対面>は出会った人数、

<TR及びその他>は追い越された登山者の人数である。

 

 

f:id:shiganosato-goto:20211025105042p:plain

f:id:shiganosato-goto:20211025105131p:plain

 

 

■2021奥比良縦走ルート図

スタート➔ゴールの地図上での直線距離は約15㎞であり、縦走歩行距離は約23㎞/万歩計測であった。

印は、野宿・ツエルト泊地を示す。

水の補給は、地図上の4か所で行った。ほかに須川(ボボノフ)峠下の谷水で給水することが

出来そうである(未確認)。

 

f:id:shiganosato-goto:20211025105539j:plain



 

■2021奥比良縦走 ルート高低表(標高差)

 

f:id:shiganosato-goto:20211025105626p:plain

 

 

 

■2021奥比良縦走 装備および携行品リスト(単独行)

携行品の軽量化は単独行においての永遠の課題である。

今回は、山頂や尾根筋での天気予報の読み違いから、後半、雨天縦走となったが、

雨具やテントの軽量化には特に慎重であるべきである。

 

f:id:shiganosato-goto:20211025105713p:plain

 

f:id:shiganosato-goto:20211025155402j:plain f:id:shiganosato-goto:20211025155435j:plain

         携帯全食料                  ポーチ収納小物

 

    f:id:shiganosato-goto:20211025155543j:plain

             奥比良縦走パッキング全装備品(10㎏)



 

              2021『星の巡礼 奥比良縦走 老人の山旅随想』

 

                                     

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

f:id:shiganosato-goto:20211025105954j:plain

                                               奥比良スケッチ 蛇谷ケ峰の夜明け

                                                  Dawn on the top of Mt. Jyagatani-mine                    

                                                               Sketched by Sanehisa Goto

                           2021/10/09  05:42am

 

 

f:id:shiganosato-goto:20211025110331j:plain

                                              奥比良スケッチ 釣瓶岳より伊吹山を望む

                   Landscape of Mt. Ibuki-yama    

                                                                  Sketched by Sanehisa Goto

                    2021/10/09  11:05am

f:id:shiganosato-goto:20211027132353j:plain

          2017年制作 比良比叡山系大縦走パノラマスケッチ

         (今回の奥比良縦走は、右端の蛇谷ケ峰から武奈ケ岳を経て

               中央の蓬莱山手前の荒川峠より下山した)

 

 

                  感謝