shiganosato-gotoの日記

星の巡礼者としてここ地球星での出会いを紹介しています。

2022『星の巡礼 インドの旅 スケッチ展』

                           

 

 

                                                                       2022

                『星の巡礼  インドの旅 スケッチ展』

                        スケッチ/詩句 後藤實久

 

                                 2022" Indian Journey - Sketch Exhibition"

                                             Illustration & Sketch  by Sanahisa Goto

 

 

            

 

              

 

インドは、<喧騒と貧困の国>の時代から<ITを支える国>へと変貌を遂げるなか、ガンジス川への

信仰が脈々と受け継がれている<神々と信仰の国>でもあるのです。

渦巻く人間の大海の中で、不変の生き様をさらしている不思議な情熱を感じる国であり、人を避けて旅する

ことが出来ないインド、そこでは旅人を惹きつけてやまない不変なるサイケな流転に出会うのです。

インド、そこで出会った<梵我一如の世界>をスケッチ・ドローイング・挿絵として、旅日記に描き残してきました。 

ご鑑賞いただければ幸いです。

<梵我一如の世界>とは、自然界の根本原理と、自我の原理が同一<我即世界・世界即我>であるというインド哲学・世界観をさします。

禅の教えである、<呼吸の世界>に相通じるものがあり、魅了させられました。 <無の風>が吹く時の

流れに身を任せるインドの旅は、わたしに無垢なる自由を味合わせてくれたものです。

では、参りましょう。

 

                

             2022年10月1日 志賀の里 孤庵にて 後藤實久

 

              

           

ブログでは、次のように書かせてもらいました。

『ここでは日本的な繊細な色彩をほとんど見ることが出来ない。

もしインドに生まれていたら、インド人と同じく梵の死生観にもとづき、<梵我一如>の世界にどっぷりつかり、時の流れに身を任せていたに違いない。

  この梵の地に釈迦が誕生し、仏教が育った事を思うと、このインドの地は、哲学的人間を育む気と心とエネルギーが充満しているのであろう。

ユダヤの地に見る、砂漠の気と心とエネルギーがキリストを誕生させたようにである。

また、キリストを信じる貧しき人々に生きる力を与えたモハメットのようにである。

不思議と、貧が人々のこころを洗い清め、生死の意味を与えているといえる。

  ヒンズーの人々の深遠な目には、死を恐れない平安の光が漂っているように見えるのはわたしだけなの

だろうか。 それは、カースト制のもと、貧困から脱却したいという来世を信じる心にありそうである。

ヒンズーの来世はどんなところなのだろうか。 その美しい光に出会えることを祈りたい。』

 

 

   

              インドの旅地図 / Indian Travel Map

 

                                                    

<わたしはどこから来て、どこへ行くのだろうか>

<わたしはなぜ今、この境遇で、ここにいるのだろうか>

  ヒンズー教の世界、インドを旅するにあたって人生の命題が頭をかすめたのは確かです。

  そこは輪廻転生、解脱を信じる真剣な祈りと、カースト制度による宗教実践の国だからです。

  このインドの旅で、おのれの死生観に変化が見られるかどうかはさておいて、

 旅行中は時間を見つけ、スケッチや挿絵を描きながらインドの大地に溶け込んできました。

  お楽しみいただければ幸いです

 

 

 

                     《 インパール南道戦跡 現在の風景 》A

                                                    -インド&ビルマ戦線跡ー

                    

                   ー Current scenery of the Imphal South Road battlefield

                   India & Burma

          

 

2003年、インパール作戦の最終攻略地であったインパールを訪れ、インパール南道で散っていった英霊を慰め、ビルマ国境まで足をのばした。 13年後の2016年、ビルマ側からインパールを目指してアラカン山脈に延びる <白骨街道>を歩いた時のスケッチや川柳を参考までに載せておきたいと思います。

詳しくは、下記ブログを参照願います。

『インパール作戦退却路・アラカン山脈白骨街道における露営・慰霊紀行』

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/14349634

 

 

第二次大戦時、日本軍はビルマ(現ミヤンマー)にある連合軍の援蒋ルート(中国軍への軍需物資輸送路)を遮断するため、インド東北部アッサムにあった兵站基地インパールを攻略する<インパール作戦>を発動した。

日本軍は、ビルマ側のチンドウイン川、インド東方にそびえる2000m級のアラカン山脈に阻まれ、兵站(へいたん・実行部隊への支援活動)に失敗し、敗退した。

世界戦史上、もっとも稚拙な軍事作戦ともいわれ、その敗退路に斃れていった将兵の屍の多さから<白骨街道>と呼ばれた。

2003年2月にインド側のインパール南道戦跡を訪ねたあと、2016年1月にビルマ側からアラカン山脈のインパール作戦退却路<白骨街道>を歩いた。

インパール作戦跡のインド側とビルマ側の現在の風景と情景をスケッチと川柳に託して、無念の中に斃れ、インド・ビルマの地に散った将兵のみなさんに捧げるものである。』

 

 

 

                  インパールの商店街

                    Imphal old shopping street

              

 

        イメージ 1

           インパール作戦 戦跡跡巡礼地図(インド・ビルマ国境)

        Operation Imphal battle site pilgrimage map (India-Burma border)

         

         

                インパール南道トンザン付近図(ビルマ

          Map of the vicinity of Thong Giang, Imphal South Road (Burma)

 

 

                 ラカン山脈チン高地(標高1560m)

           Chin Highlands, Arakan Mountains (1560m above sea level)

 

                           

              イラワジ河よりアラカン山脈 チン高地を望む

      View of the Chin Highlands of the Arakan Mountains from the Irrawaddy River

 

 

 

      パゴダに祈る少年僧  <インパール東道 タムにて>  白骨街道に立つ老菩提樹

    Praying to a boy monk pagoda        An old linden tree standing on Shirahone Kaido

              <At Tham, Imphal East Road>

 

 

 

    

        《インド・ビルマ国境アラカン山脈 ー 白骨街道で慰霊を詠う》

    India-Burma border, Arakan Mountains - Singing a memorial service on the skeleton Highway

 

 

         『ああわれいま アラカン山脈にありて』

                詩 後藤實久

 

          ああわれいま アラカン山脈におりて

                       マニプール河を見下ろして

           多くの斃れし将兵を慰めんとす

                            酒 地深くしみわたり 白米その白きを没す

                                 線香天高く昇りゆき 埋もれし兵士の

             声となって天にとどく

 

          鈴の音 軽やかにアラカンに木霊して

                        その涼しき音色に 英霊こころ癒すや

                             その魂 西風にのって祖国日本に帰らん

                                 ああわれいま ここトンザンにおりて

                                       阿羅漢の主と 共に眠らんとす 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

        ラカン山脈の赤土に逞しく生きる雑草たちを添えた栞です

                                                           句作 後藤實久

 

 

 

             インパール作戦 南戦跡 ハカの雲海 (標高1889m)

       Operation Imphal South Battle Ruins Hakah/ Sea of Clouds (elevation 1889m)

 

 

          インパール南道 アラカン山脈の村 トンザンの夕陽

         Imphal South Road Village of Arakan Mountains Sunset at Tonzan

 

 

   

        

 

         《ダージリング登山鉄道 と ヒマラヤの山々》

               ダージリング茶畑の風景―

        《The Darjeeling Mountain Railway and the Himalayan Mountains》

 

 

自称<乗り鉄>として、一度は乗って見たかった夢の登山電車<ダージリング・ヒマラヤ鉄道>に乗った時の感動は、今も脈々と血潮を躍らせ、ヒマラヤの上空を舞っているような気分に、誘い込まれます。

カルカッタからインド東北にあるインパールへの途次、その時を逃さず、夢に見た<ダージリング・ヒマラヤ鉄道>に飛び乗ってみました。

その時の感動は、ブログに残しているので訪ねてみてください。

<2003 《星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》 

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/09/090642

 

 

            ダージリンに向かう登山鉄道<トイ・トレイン>

             Steam locomotive heading to Darjeeling <Toy Train>

 

 

  開業当初の機関車が途中故障したダージリング・ヒマラヤ登山鉄道 と 見守る乗客<トイ・トレイン> 

 The Darjeeling Himalayan Mountain Railway, where the locomotive at the time of its opening broke           down on the way and the passengers watching over (Toy Train)

 

        1879開業当初のループ線               スイッチバック            

                             (写真 ウイキペディア提供)

    1879 Loop line & Switch-back at the time of opening /  Toy train going up while rolling sand

 

 

                     カンチェンジュガ峰 8505mを背にダージリングの紅茶畑 Ⅰ

           Darjeeling tea field with Mt.Kangchenjunga peak in the back

 

 

            カンチェンジュガ峰 8505mを背にダージリングの紅茶畑 Ⅱ

           Darjeeling tea field with Mt.Kangchenjunga peak in the back

 

 

                  夕陽の落ちる茶畑(ダージリング紅茶) インド・ダージリング Ⅲ

              Tea plantation (Darjeeling tea) Continued Darjeeling

 

 

           

                ダージリングの丘 Darjeeling landscape



                               

    

                 爆走するサイケ調のTATAトラック

                ダージリング➡コルカタ国道12号線

            Psychedelic track / Darjeeling Kolkata (Route 12)

 

 

 

 

            《ヒンズーの神々とカルカッタ散策》B

             ―Hindu Gods and Calcutta-

 

 

        まずは、カルカッタ(コルコタ)を巡り、バラナシへ向かうことにします

      この旅で、輪廻転生を信じるインドの人々の死生観に触れることが出来るでしょうか 

 

 

 

      

                   弁財天<サラスバディー>・カーリー寺院
                    Benzaiten <Saras Buddy>

 

 

      

                  コルコタ路地裏のヒンズー寺院

               Hindu Temple in the back alley of Kolkota

 

 

      

                    コルコタの路地裏の風景                       

                The scenery of the back alley of Korkota

 

     コルコタ路地裏 定食屋           パラビ・インターナショナル・ホテル                  

    Pallavi International Hotel Kolkata         Back alley of Kolkota set meal shop

 

 

          コルカタ・タクシー(1978年型アンバサダー・クラッシック)

                 Kolkata Taxi (1978 Ambassador Classic)

 

 

           ヒンズー教の神々 <シバ神のシンボル:リンガー>

                Hindu gods <Symbol of Shiva: Ringer>

 

 

 

 

      

                       インド婦人                      

                       INDIAN LADY 

 

 

      

                梵の世界<ガネーシュ : カーリー寺院>

                The world of 卍 <Ganesh : Kali Temple>

 

 

      

              ヒンズーの神 スカンダ― /  Hindu god Skanda

 

 

 

 

           《バラナシ 死者を見送る聖なる河 ガンジス》

       ―Varanasi, the holy river that sees off the dead, Ganges―

 

 

「霊的な光にあふれた街」、ガンジス河畔を歩くと、肉体の焦げる匂いに包まれ、

現実に死と向き合う瞬間でもあるのです。

死してあの世、自由なる聖地に解放される魂の安らぎを感じようとする多くの老若男女がガンガーの

流れに身を沈めるのです。

ガンガーは、今日も沐浴の民を温かく迎えています。

 

 

 

            インド国鉄 <カルカッタ・ハウラ―駅発バラナシ行列車>

         Indian Railways  <To Varanasi train from Calcutta Howrah Station>

 

 

 

                 ガンガー河の夜空(バラナシ・インド)

               Night sky of the Ganga River (Varanasi, India)

 

 

 

                          バラナシ・ガンジス河畔 / フレンズ・ゲストハウスの屋上より

          Varanasi Ganges river bank / at the roof top of Friends Guesthouse

 

 

 

                バラナシ・ゴールデン寺院

                     Varanasi Golden Temple

 

 

 

         

             ガンガーの夜明け /  The dawn of Ganga

 

 

 

                  朝の祈り/ ガンガー河・バラナシ

                Morning Prayer/ Ganga River, Varanasi

 

 

 

              

               ガンガーの祈り Ganga prayer

 

 

 

   《ガンガーに 祈りてやわれ 来世の  解脱求めて 沈めてみたり》 實久

     ―がんがーに いのりてやわれれ らいせいの げだつもとめて しずめてみたり―

 

 

 

 

 

      バラモンRrahmin                                    ビシュヌ神―バラナシ

    Vijayanagaram Ghat-Ganga River                            Vishnu-Varanasi

 

 

    

    ガンガーでの沐浴を終えるとバラモンに手招きされ額にビンディ―を点け、祝福を受けた

       After bathing in the Ganga, he was beckoned by a Brahmin, placed a bindi

               on my forehead, and received a blessing.

 

 

   

                                     ガンガーの風景<沐浴と送り人>

                Scenery of Ganga <Ablution and sender>

 

 

   ヒンズー女神ヒンズー花紋                       ヒンズー花紋       チベット仏陀フェイスマスク

           Hindu girl god                                hindu flower pattern     Tibet Buddah Face mask

 

 

  

      仏陀              ショーガール             バラモン

     Buddha                                                   Showgirl                                                    Brahmin

 

 

  

                                                ヒンディー文字と文様 ・ Hindi letters and patterns

 

 

               バラナシ駅・VARANASI STATION                                      タタ紅茶・TATA TEA

 

 

                                      昼寝する女  バラナシ・イングリッシュ・ガーデンにて

              Woman taking a nap English Garden Varanasi

 


 

 

            《アジャンダー石窟寺院の風景》C

           ―Scenery of Ajanda Cave Temple―

 

 

『紀元前2世紀ごろよりここアジャンダーに住みついた修行僧たちは小乗仏教期の8窟から13窟を堀り、仏陀の姿を直接表現することなく、ストウーパ(仏塔)や菩提樹で表現していた。

その僧たちが、1世紀ごろには全員姿を消し、アジャンダーの石窟は放棄されたという。その後、4世紀に再び僧たちが修行をはじめたが、この期は大乗仏教の時代であり、仏陀が仏像として表現されている。

当時の仏教美術の最高傑作と言われるアジャンダー1窟にある蓮華手観音菩薩像はじめ、有名な壁画のほとんどは、この期に描かれている。

8世紀に入って、仏教が衰退していくとともに、修行僧もいなくなり、アジャンダー石窟は1000年もの長きにわたってジャングルに覆われることになった。

1819年4月イギリス軍士官ジョンスミスが虎狩りをしていた時、巨大虎に襲われてワゴーラ谷に逃げ込んだ時、断崖に装飾のほどこされた馬蹄形窓を見つけたのが、アジャンダー石窟寺院発見につながった。

今から約200年前のことである。』

 

 

                          アジャンダー石窟寺院 全景/ Ajanta Caves, India

 

       

                 アジャンダー石窟寺院 (アゴーラ渓谷)

                   Ajanta Cave Temples (Agoura Valley)

 

 

        

             アジャンダー石窟寺院入口 / Ajanta Caves entrance

 

 

 

               アジャンダー石窟仏像群 / Ajanta Caves・India

 

 

 

            アジャンダー石窟壁画 / Ajanta Caves Wall Painting Ⅰ

 

 

 

            アジャンダー石窟壁画/Ajanta Caves Wall Painting Ⅱ

 

 

 

            アジャンダー石窟仏像群/Ajanta Caves Wall Painting Ⅲ

 

 

 

          アジャンダー石窟 涅槃像/Ajanta Caves Reclining Buddha

 

 

 

     

               アジャンダ石窟寺院群 配置図

                    Ajanda Cave Temples  Layout


 

 

 

             《エローラ石窟寺院の風景》C

             ―Ellora cave temple scenery―

 

 

『初期の仏教は、おのれの救済が中心であり、閉鎖的な瞑想空間を多くとる石窟寺院が造られた。 

時代がたつとともに大衆を救う大乗的宗教に変化し、閉鎖的な石窟寺院から解放的な寺院へと変遷、最終的

に石窟寺院そのものを必要とせず、エローラ石窟での仏教寺院は放棄された。

僧院では修行僧が共同で生活しながら瞑想し、僧院には寝室や台所も備わっていた。仏塔のある石窟には、

仏陀や聖者が彫られており、現代の仏殿(本堂)の原型を見ることが

 10窟は、仏教窟として最後期の窟で、ストウパーの前に説教する仏陀の像があり有名である。』

                     

 

               エロ―ラ石窟仏像群 / Ellora Caves, India

 

         

                          エローラ16窟カイラーサー寺院

                   Ellora 16 Cave Kailasa Temple

 

 

     

                 エローラ・アジャンダー石窟寺院群(アウランガバード周辺地図)

            Ellora-Ajanda Cave Temples (Map around Aurangabad)

 

 

          

                                       エローラ石窟寺院群 配置図

                   Ellora Cave Temples Layout

 

 

         

                                エローラ石窟寺院に向かう ターンガー(二輪馬車)

             At Aurangabad Thangar (horse-drawn carriage)

 

 

 

                               

                                                  オートリークシャ Auto rickshaw (Alaungabad)

          エローラ・アジャンダ石窟寺院巡りは馬車やオートリクシャが便利  

 

 

                     

 

 

 

                                               

              《アウランガバード周辺》C

 

 

                   ドウラターバード砦 / Fort Daulatabad, Ellora, India

 

 

 

                         マセラン軽便鉄道 ネラル駅にて

                 Lecarnet du CFC/Matheran Light Railway

                                                                   At Neral Station/to Bombay

 

 

 

                                                             ブッダガヤ近郊ビハールの農村風景

                                                      Rural landscape of Bihar near Bodh Gaya

 

 

                           

               《タージマハル Taj Mahal》

 

世界一美しいと言われるタージマハールは、16世紀の初めから19世紀後半までの約300年以上続いた

イスラーム国家ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に逝去した愛妃ムムターズ・

マハルを埋葬するために建設した総大理石の霊廟です。

 

 

 

       タージマハール / Taj Mahal                          王妃の棺を照らすランタン

                             Lantern lighting the Queen's coffin

 

    

               タージマハール / Taj Mahal  

 

 

    

                ナムア川畔に立つタージマハールの塔

           Tower of the Taj Mahal on the banks of the Namua River

 


                        

        

         

                 幻想的なタージマハール / Taj Mahal 

 

 

                    ご来館有難うございました。

        インドという混沌の世界で、ほっと安堵する自分に出会われたでしょうか。

                   またのお越しをお待ちします。    

 

                2022/10/1 志賀の里 孤庵 後藤實久



    

         バラナシ・ガンガー河畔<ビジャガナラム ガート>でスケッチ中

                  フレンズGHのワン君<トミー>と

               Sketching with Friends GH's dog <Tommy>

                  Vijayanagaram Ghat-Ganga River

                                                                (Varanasi, India)

                                                             

 

 

                

 

                

 

                   Thank you for visiting us.

          Have you found yourself at ease in the chaotic world of India?  

                We look forward to seeing you again. 

 

                     Sanehisa Goto

                                         Shuga-no-Sato  Ko-aN  

  

 

 

                       完 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<関連ブログ>

2003『星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/06/25/111247

星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』 1944年3月8日、インパール作戦開始の地、ビルマ(現ミヤンマー)のカレーミョウから旧日本軍第15軍団の3師団<弓第33師団・祭第15師団・烈第31師団>は、インパール攻略の火ぶたを切った。 その72年後の2016年3月…

 

2003 《星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》 

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/09/090642

星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》 <わたしはどこから来て、どこへ行くのか> <わたしはなぜ今、この境遇で、ここにいるのか> ヒンズーの世界、インドを旅するにあたって人生の命題が頭をかすめた。 そこは輪廻転生、解脱を信じる真剣な祈りと…

 

2003《星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/23/085134

星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》 インド ■2月22日 バラナシよりアウランガバードに向かう <デカン高原を走る> バラナシ駅2/22 11:30発➡マンマド/Manmad2/23 08:40着 (往路寝台列車Train#1094Mahanagari Exp. 385Rs. ) マンマド/Manma…

 

『2016星の巡礼・インパール作戦退却路・アラカン山脈白骨街道における露営・慰霊紀行』①~⑱

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/14290567

トンザン激戦地での「アラカン山脈・白骨街道」トレッキング・露営・慰霊 C.「カレーミョウ⇔タム⇔(パレル)道」 カバウ渓谷(平原)退却路での「白骨街道」トレッキング・インド越境・露営・慰霊 D.「カレーミョウ⇒ファラム⇒ハカー道」 チン高地のファラム(白骨街道最南端)、ハカー(アラカン山脈最南端)訪問・トレッキング ■ 「ハカ⇒ヤンゴン」 各入域地への「入域許可書」は必要なく、ミニバスで入域できます。 ただし各入域地への道中には2~3か所のチェックポイント(検問所)があり、検…

 



 

 

 

 

 

         

                 


      


 


 

                          

 

                               

 

 

                                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022《星の巡礼 同志社ローバースカウト60周年を祝う》

 

                      《星の巡礼 同志社ローバースカウト60周年を祝う》

 

2022年9月17~18日 京都、宇多野ユースホステルで実施された<同志社ローバー60周年記念の集い>に出かけ、多くの仲間と久闊を叙しました。

 

今ではすっかり翁になった同志である老兵と会話を楽しんでいると、<同志社大学ローバースカウト隊 結団宣誓式>に臨んだ60年前の懐かしい、輝いた童顔がよぎってきたものです。

          

          

               同志社ローバースカウトOGOB会

               ネッカチーフ と ワッペン

 

         同志社ローバースカウト60周年記念式典(2022/9/17 宇多野YH)

 

              2022年度総会(2022/9/18宇多野YH)

 

 

わたしのローバーリングである<星の巡礼>は、スカウティングである<備えよ常に>から始まりローバーリングである<自分のカヌーは自分で漕げ>を実践してきた自分自身の<人生航路>と重なり合っているように思えます。

 

スピーチでは、ローバリングについてだいたい次のように語ったと思います。

 

 『ご紹介いただきました1961年に同志社大学ローバースカウト隊に入隊した後藤です。

      60周年記念実行委員長の田中公郎君から、少し変わった人生、いや実践してきたローバーリングを話し

   てくれないかとのことで、ここに立たされています。

      この歳になって、人生であるローバーリングを振り返ってみると、根無し草を自任し、星の王子さま

   なりきって、星の巡礼を続け、宇宙人の存在を信じ、野宿をしながら砂漠を放浪、幻の大陸アトラン

      ティスを追い求めている、中華料理が大好きな万年青年であることに気づかされ、満足しているところ

      です。

      天体観察・シュノーケリング・民族愛・野宿などのキーワードをかかげ、世界五大陸を駆け巡り、

      一味違ったローバーリング人生を80年間続けてきました。 その一部をつまみ食いしながら、不正確な

      数字を並べ、年代の前後を気にせずにお話させていただきたいと思います。

      実は、80歳と言う老齢で正確なスピーチが出来るとは思えなくなり、みなさんの前で恥をかいても

      いいように、ワイフに実行委員長の田中公郎君に電話してこちらのボケ具合を説明しておいてくれと

      頼んだのですが、

    「みなさんも少しはボケていらっしゃるから、大丈夫、自信をもって頓珍漢なスピーチを楽しんで       

       らっしゃい」とからかわれる始末、恥を置き忘れ、みなさんの前に立っている次第です。

      と言うことで、スピーチは、この紙を見ていただくことにして、実体験を通したお話しさせていただき

      たいと思います。

 

     <人生の不思議> 

      両親のもと人間として、この世・この時代・この地球という星の、この日本に生まれ、同志社

      ローバー スカウトに出会ったということです。 ここまではみな一緒で、それぞれのローバーリングは、

      ここからスタートしたわけです。 

      同志社新島襄先生に<宗教と良心>を教えられ、同志社ローバーでベーテ ン・パウエル卿の教え

      である<自分のカヌーは自分で漕げ、そなえよつねに>ほか多くのローバーリングのための人生訓を

      学びました。

      人生の分岐点で、その都度、同志社やローバーで学んだ価値観・尺度等をもって決断し、前進して、

      生き抜いて今の場所に座っているのですから、不思議さに驚かされます。 

      みな当たり前な顔をして、苦労もなかったような涼しい表情でここに坐っていますが、それぞれの

      人生という荒波を乗り越え、生き残っているからこそ今ある60周年を祝えるということです。

      鬼籍に入った多くの友も今日は一緒に集い、和気あいあいと私たちの同志社ローバーの60周年を

      共に祝ってくれていると思うと、こんなに嬉しいことはありません。

 

      もし、人生の分岐点で、違う道を選択していたら、まずこの素晴らしい同志社ローバーと言う60年の

      歴史には関わっていなかったと云えるのではないかと思います。 同志社ローバーを選択してからも、

      それぞれの人生は千差万別、人に語りえない苦難の道を乗り越え、家族や組織の仲間とともに喜怒哀楽

      を味わいながら、人生というローバーリングを続けられ、今ある己と向きあい、仲間と出会っている

      のですから喜びはひとしおだと思います。

 

      ただただ感謝しかないのではないでしょうか。

 

 

     <献身的な団隊指導者やOGOB会役員への感謝>

   60年という会運営を維持するためには、多くの情熱と忍耐が必要であり、途中の苦難の時期もあり

     ましが、見事に再興して今日を迎えていることを皆さんと共に喜び、祝いたいものです。 

     情熱を消さずに同志社ローバーを守っていただいた歴代の団や隊指導者、OGOB会運営のメンバー、

     そして何よりも口は出ず、OGOB会費を欠かさず納めていただいているみなさんは最大の支援者

     だと思います

     

      また、同志社ローバースカウトから、過去から現在に至るまでに、京都連盟に3名の理事長(八木清・

      佐藤義雄・篠田常生)と現副理事長(田中公郎)、県コミッショナー(谷口平八郎)や各種運営委員、

      さらに多くの原隊指導者を輩出または現在奉仕中の仲間がいることを共に誇りたいと思います。

      そして、今は亡き友たちの献身的なローバー愛を決して忘れることはできません。 今日もわたしたち

      ひとりひとりに語りかけてくれていると思うと、多くの亡き友 桂茂樹・田中祥介・小山庸子さんや、

      多くの仲間の笑顔が瞼に浮かんできます。 (敬称一部略)

 

     <ローバーリング>とは、人生の足跡そのものであったような気がします。  それぞれが今いる自分の

       山あり谷ありの人生を振り返る時、そこには若き青春時代のローバーリングと重なるものが見えてくる

      ような気がしますが、いかがでしょうか。

      若き現役諸君には、自分のカヌーをようやく漕ぎ始めたところ、これから荒波にもまれ、60年後無事に

       到着した時には、いまここにいる老いたローバースカウトの姿と重ねて、自分だけのローバーリン

      という航海の日々を思い返していただければと思います。人生そのものであるローバーリングとは、

       武者修行です。 

       決して平穏な航海ではありませんが、ここ同志社ローバーでの4年間に自分なりの航海術を学び、

       人を助け、神仏を信じ、おのれを信じ、人生航路を乗り切ってくれることを祈っています。

       恐れることは何もありません、一生懸命ぶち当たり、悩み切って行動に移してみてください。 

       必ずやそこには晴れ上がった、生かされている喜びに満ちた世界が待っていてくれたことに気づく

       ことと思います。 がんばれ、 青春!

 

       同志社ローバーに永遠の栄光があらんこと祈るとともに、不思議な機縁でワイルド・ローバー号に

       乗り合わせたローバースカウトお一人お一人の上に幸せあらんことを祈って、スピーチを終らせて

       いただきます。

       いや、スピーチ原稿をお読みいただき有難うございました。

 

       また機会を見て会員情報誌 『きずな65周年記念号』 を発行していただけることを楽しみに

       しております。』と・・・・                                                    

 

 

       では、当時の<同志社大学ローバースカウト隊>、正式名<ボーイスカウト京都第43団青年隊>の

       発団当初の様子と、同志社ローバー誕生前の<日本ボーイスカウト(少年団)の歴史>をのぞいて

       みたいと思います。

 

 

 ■1961~1964 同志社ローバースカウト発団当初の状況 

 

1961/6/13 10:00        ボーイスカウト京都第43団 結団式  今出川キャンパス 有隣館(現致遠館2階)

1961設立時        団委員長 長谷川凡次郎・育成会長 八木 清・団委員 生島吉造・田淵 潔

                                       隊長 佐藤義雄・副長 井上哲士(1954年度生)

              設立隊員 7名:   竹中建三・ 岩口誠一・ 福井象三(1959)・ 前田隆之・ ①後藤實久(1960)

                                      ②桐山隆生・竹内正照(1961年度生)        *(①印 キャプテン)

1961           入隊員5名:    花畑舜一(1960) 牧田義二・ 西川 徹・ 南条信隆(1961年度生)

                初年度活動:   原隊プログラム優先/スカウト運動に関する研究会/親睦 

1962         入隊員4名:  篠田常生・ 高橋勝治・ 牧島英勝・ 高見国男(1962年度生)

1963       入隊員11名:  柴田謙・ 縫谷昌生・ 中村成男・ 田中公郎・ 上嶋洋誉

                                         渡辺康志・ 岸川義博・ 岡田義廸・ 前田秀生・ 前野耕駛・ 牧 照(1963)

1962~          スカウト未経験者を含め募集開始 (DOSHISHA EVE にてリクルート

1963                  同志社スカウト同好会発足> (部室:新町校舎内 部員数45名) 

           同志社レンジャースカウト隊(ガールスカウト青年隊19名)結団にともない、

           同志社大学ローバースカウト隊26名と共に発足

           合同親睦会(ハイキング・登山・ダンス・歌声喫茶同志社EVE)

1963/6(S38)7/22(京都・明徳館前)~8/13(日本橋) 

           第一回《中山道徒歩旅行》実施 16名参加 23日間

 

                  同志社大学ローバースカウト隊 結団宣誓式

              今出川キャンパス 有隣館(現在の致遠館)2階 1961/6/13 10:00~

            八木育成会長・後藤・竹内・福井・岩口・前田・竹中・(桐山)

 

 

            同志社大学ローバースカウト隊結団式 出席者集合写真

              今出川キャンパス 同志社教会前にて 1961/6/13

 

 後3列目右端・佐藤義彦(当時京大RS代表・同志社大法学部教授・同志社スカウト同好会顧問)

        膳祥一郎副コミ(佐藤氏前)

 前3列目来賓・国友修治(京連理事)・小川玄諦(京連理事)・堀宣一(京連理事)・

                          生島吉造(同志社監理部長)・八木 清(京連理事長・同志社ローバー育成会長)・

                          高田芳二(京連理事)・中野恭雄(県コミッショナー)・来栖幸雄(副コミッショナー)・

                          立川章三郎(28団隊長) 

発起隊員(前列左より) 後藤實久(11団)・岩口誠一(15団)・前田隆之(19団)・

                          竹中建三(14)・竹内正照(28団)・福井省三(19団)・桐山隆生(1団)・井上副長

 

 

                                      第一回中山道徒歩旅行出発式 明徳館前 (1963/S38年 7月22日)

後列: 高見国男・牧田義二・篠田常生・牧島英勝・原田秀生・渡辺康志・西浦厚義・柴田謙・岡田義廸・

    鳥居・前野耕駛・南条信隆・上嶋洋誉(隊旗手)

前列: <◎>・岩城公郎(田中)・吉村和子(仁科)・荒木薫(守屋)・高橋清美(桑原)・

    西村豊子(高橋)・田中千絵(中山)・長谷川凡次郎(団委員長)・佐藤義雄(隊長)・

    八木清(育成会長)・後藤實久(4年生)・桐山隆生(キャプテン)竹内正照(サブ・キャプテン)

 

 

         

                                      桐山隆生キャプテンを先頭に、中山道踏破途次諏訪学園慰問   

                                                1963/S38/8/4  南信日日新聞より

 

 

                日本橋到着 中山道踏破隊員 やり遂げて満足な表情の野郎たち 

                                                                             1963/8/13

       後列:竹内正照・篠田常生・高見国男・渡辺康志・岡田義廸・上嶋洋誉・鳥居

              前列:原田秀生・西浦厚義・岸川義博・長岡一美

 

 

                                                                中山道踏破 日本橋到着した隊員達 

                                                                 鳥居・柴田・前野・岸川・西浦

                                                                               1963/S38/8/13

 

 

                                                               同志社スカウト同好会結成式  

                   同志社ローバースカウト隊&同志社レンジャースカウト隊 (1963 於アーモスト館)

 

     後列: ◎・西浦厚義・岸川義博・原田秀生・岡田義廸・花畑舜一・中村成男・

     三列目:桐山隆生・◎・篠田常生・高橋勝治・◎・鳥居・柴田謙・渡辺康志・上嶋洋誉・

         ◎・南条信隆・◎・前野耕駛・牧田義二・◎・◎・高橋満理子・高見国男・霜野・

         ◎・田中(岩城)公郎・

     二列目:西村リーダー・◎・◎・◎・荒木(守屋)薫・西村(高橋)豊子・◎・

                  前列:   高橋(桑原)清美・◎・◎・吉村(仁科)和子・田中(中山)千恵・

         諸岡(竹内)弘子・◎・後藤實久・竹内正照

 

 

           

■1915~1963 同志社ローバー誕生以前の日本ボーイスカウト(少年団)の歴史 

                                

1915(T4) 京都少年義勇軍、中野忠八(京都五条坂在住)ほかを指導者として発足

      (4月 於・平安神宮

1916(T5) 京都少年義勇軍(後年 少年団日本連盟に加盟)、初野営をびわ近江舞子 

        雄松崎で実施  

1929(S4) 第3回世界ジャンボリーに、少年団日本連盟より八木清(同志社ローバー隊育成会長)参加

1941(S16)  少年団日本連盟(日本ボーイスカウト連盟前身)、軍部により各種青少年団体解散

1948(S23)  敗戦(1945)と同時に、日本のボーイスカウト運動の再建交渉が、GHQ・CIE

                     (連合軍司令 部・民間情報局)との間に行われ、アメリカ・スカウトであった

                       フェッタース氏(軍属)を顧問として、中野忠八委員長・八木清(同志社RS育成会長)・

                       桐山龍三(桐山隆生OB尊父・京都第1隊団委員長)ほかにより

      <ボーイスカウト京都地方委員会> 設置される。  

1959(S34)  <第二回日本ジャンボリ―> (8/6~8/10 滋賀県・饗庭野演習場)に同志社大在学中の

        スカウト指導者は原隊より全員参加した。

                       < 第10回世界ジャンボリーフィリッピン・マッキンレー山で開催され、京都連盟派遣団の

        一員として桐山隆生(1団 同志社香里高)・篠田常生(7団)・田中公郎(岩城8団

                        同志社岩倉高)・佐藤義彦(19団 後の同志社ローバー顧問)が参加した。

1960(S35)  当時のボーイスカウト京都連盟の同志社関係者は、八木清理事長、佐藤義雄副理事長、

                        井上哲士評議員また、同志社ローバー第1期生となる岩口・竹中・福井・前田・後藤・

                        桐山・竹内の各隊員とも原隊の隊長 や 隊指導者、地区コミッショーとして活躍していた。

1961/5/3  「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑が、びわ湖・近江舞子にある雄松岬に建てられ、

                        当時キャンプに参加した京都少年義勇軍(中野忠八隊長・京都ボーイスカウトの前身)の

                        老隊員や、久留島秀三郎日本連盟理事長(中野忠八氏の実弟)の案内役として、

                        後藤が同志社ローバー準備隊として奉仕。

1961/6/13     桐山隆雄(京都1団)・竹内正照(京都28団)両名の大学入学を機に、在学中で、

                        原隊において奉仕活動中のスカウト諸氏に声をかけ、京都連盟の支援を受けて、

                        同志社ローバースカウト隊/ボーイスカウト京都第43団青年隊を発足させた。

1963(S38)  7/22~8/13 第一回《中山道徒歩旅行》 16名 踏破する。

1963/7       第11回世界ジャンボリーギリシャ)に、 同志社ローバーより岩城公郎(田中)参加

 

当時の日本  戦後15年焦土と化した国土がようやく復興の光が見え、国民に自信と勇気が見え

始めていた。

オリンピック招致も決まり、新幹線や高速道路である名神・東名開通を目指していた。

一方、学生運動<60年安保闘争>の最盛期であり、デモやゲバで騒然としていた。

同志社ローバーも、学園紛争の最中での、スカウトのユニフォーム姿での活動と相なった。

大学民主化を求める同志社全学連は、全国からの同志の支援を受けて、ヘルメット・ゲバ棒による

大学攻防戦を仕掛けていた。

同志社ローバーは、体育会系に組み入れられていた関係で、全学連との立ち位置が鮮明であり、

学内での活動を自粛、御所における隊集会での国旗掲揚時にはみな緊張したものである。

 

                                                                                     

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------                                

                                                  

 

お願い:誤りがあればご指摘・ご連絡ねがいます

    ◎印・お名前をご存じの方、ご連絡ください

連絡先:sanegoto1941@yahoo.co.jp (後藤迄)

                                       

                                

                                                                       (文責 後藤實久・ 写真提供 牧島英勝 後藤實久)

 

 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

      《歳背負い 集いし健児 京の杜 備えよ常に こころ忘れじ》

      ーとしせおい つどいしけんじ きょうのもり そなえよつねに こころわすれじ―

 

      《無の風の 竹林揺らす 宇多野にて 老兵並び 残心遺せし 》

      ―むのいかぜの ちくりんゆらす うたのにて ろうへいならび ざんしんのこせし―

 

      《都なる 歴史揺れにし 宇多野にて 老兵集い 青春せしや》

      ―みやこなる れきしゆれにし うたのにて ろうへいつどい せいしゅんせしや―

 

         《爺婆の 久闊叙せし おいおまえ 薬片手に 孫の話や》

       ―じじばばの きゅうかつじょせし おいおまえ くすりかたてに まごのはなしや―

 

      《遥けきや 血潮躍りし 青春の 隣りの鼾 老いの秋かも 》

      ーはるけきや ちしおおどりし せいしゅんの となりのいびき おいのあきかもー

 

                    實久句

 




               《同志社ローバースカウト60周年を祝う》

 

                   

 




 


 

 

 

2022『星の巡礼 スカウト移民小史 序章』

                                     『星の巡礼 スカウト移民小史 序章』

                                      <Scout Immigrant History>

                                        <Imigração Escoteira>

 

 

ボーイスカウト移民小史 序章》    後藤實久

 

1957年わたしが高校、シニアスカウト時代、当時の関東にある大学ローバースカウトの中から、理想郷を目指してブラジルのバウー訓練所へ移住するローバー(青年)スカウト達がいた。

仲間と同志社大学ローバースカウト隊を1961年に立ち上げ、卒業後、親を安心させるため早川電気工業(現シャープ)に就職し、その後、親を説得、1965年8月30日神戸港出航の「ぶらじる丸」(10800トン)で、23歳の時、先輩たちの後を追った。

 

だが、着伯した1965年当時、バウー訓練所には1960年初頭以来一人のスカウト移民もおらず、管理者以外みな解散、標高1900mにあったバウー訓練所から下山していた。

1956年当時の<細江静男ドクターによるスカウト移民10ケ年計画案>で見る限り、1965年は計画案の最終年で、私は文字通り<最後のスカウト移民>の一人であった。

 

しかし、送り出したボーイスカウト日本連盟からも、受け入れ先の細江静男医師や、バウー訓練所の管理者小池潔氏からも一切の解散の説明を受けることなく、バウー訓練所に着任した。

 

バウー訓練所での任務を終えたあと、下山後、サンパウロでの下宿でご一緒し、結婚式へも出席、その後の幾度かの渡伯でもご家族ともども親しくしていただいた第1次スカウト移民である先輩 内田克明氏からも、一切の解散事情を聞くことはなかった。

 

バウー訓練所を提供し、スカウト移民を受け入れた細江静男医師や、バウー訓練所の現場指導者であった小畑博昭氏にも、それぞれの立場があってのことか、バウー訓練所のスカウト移民が解散した経緯について、あえて語られなかった、いや語れなかった事情があったと思われる。

その間の事情を、一介の新米スカウト移民には知る由もなく、沈黙のなかに与えられた時間を過ごすこととなった。

 

これから述べるブラジルのスカウト移民に関する項目は、渡伯前に調べたスカウト関係誌に掲載されたスカウト移民に関する記事や、ブラジルで刊行された細江静男医師追悼集、ブラジル日系新聞の連載記事から転載し、収集したたものである。

加えて、バウー訓練所で過ごした半年間の活動内容を紹介し、<スカウト移民小史 序章>(参考資料)としてまとめたものである。

 

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

2010年、同志社ローバー創立50周年記念事業<中山道てくてくラリー>の途上、中津川宿において休息をとったおり、この地がスカウト移民提唱の細江静男医師の郷里に近いことと、郷の人である島崎藤村の著書「夜明け前」に、青年時代のスカウト移住を重ね、滞在中に「スカウト移民小史」作成の資料として取りまとめたものである。

 

ブラジルにおける<スカウト移民の父>である細江静男医師の没後20年(岐阜下呂町和佐出 1975/8/28没・享年74歳)の節目の1995年、刊行委員会より「細江静男先生とその遺業」が発行された。

日系ブラジル社会で、強烈な個性のもと、偉大な功績を遺した細江静男医師に対する業績評価は、20年の歳月を待たないと論評しえなかったという事情が、日系社会にはあったと言えよう。 沈黙の20年というのは、ちょうど新旧世代の代替わりであり、功罪を知る世代の大多数の先達が鬼籍に入った歳月であったともいえる。

 

とくに、刊行書における<スカウト移民>に関する先輩たちの記述を、理想とする計画と現実との乖離からくる問題提起としてとらえ、呼寄せ人細江静男医師の心情や、スカウト移民解散の実情などの記述を、ありのままに転載させていただいた。

ここに「細江静男先生とその遺業」(1995刊行)から、スカウト移民に関する記述を、日本ボーイスカウト運動における<スカウト移民小史>の一断章として取り上げ、<スカウト移民>を歴史的事実として残すものである。 

                                                                                    同志社大学ローバースカウト隊OB)

 

 

 

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

ボーイスカウト移民》    サンパウロ  内田克明

               (スカウト移民1期生・ 1956年渡伯・ 東京出身 故人)

 

■ ボーイスカウト移民のはじまり

最初に1951年当時、日本ボーイスカウト連盟総長であった三島通陽氏の文書を引用させて頂きます。

(注=三島通陽著 1958年12月発行 「音なき交響楽 青少年のために」より抜粋)

 

                         ◇

 

『日本のボーイスカウトは、戦前は世界連盟にずっと加盟していたが、戦前、時の政府の命令によって解散させられて以来、世界の同志仲間とは、ずっと音信不通になっていた。 ところが終戦となると各国のボーイスカウトから、おおいなる声援を得、とくにアメリカのスカウトには大いなる援助を受け、イギリスにある国際事務局よりは、大きな導きを得て、日本の子供達のために、この運動の再建が出来ました。 そして国際復帰も他の国際団体より、いち早く認められたのであります。

 

 それで復帰後のはじめての国際的集まりに、何とか出席して、世界の兄弟に礼を述べねばならぬ立場でありました。 また国際的の新しい空気にも接しないと日本は遅れてしまうことにもなるわけですが、しかし当時に日本は貧乏国でもあり、それとまだ各方面に理解がなくなかなか困難しましたが皆さんのお陰と、それにブラジルの在留邦人の援助でやっと国際大会に参加することが出来た次第です。

(注=1951年、オーストリアで第7回世界ジャンボリー開催。 また当時、日本では海外旅行の航空券購入に関し、海外居住者からの援助が必要であった)

 

 この国際大会の帰りにアメリカによって本部を訪ね、日系二世ボーイスカウトの実に優秀なことを知り、私がブラジルへ行った理由の一つともなります。

 ブラジルには35・6万の日本人がいます。 その多くは農業移民として成功していた。これらの人々には当然、子供らがいることで、これをボーイスカウトにすれば、日伯親善が子供の時より出来るわけです。 なぜならスカウトは世界団体でブラジル・スカウトになることは、同時に日本のスカウトとも兄弟になることになるし、スカウトに関する限り日本のスカウトは世界中で相当の敬意を表されているし、アメリカにおけるが如く、ブラジルにおいても二世がスカウトになれば、きっと優秀な成績を得ることは明白であります。』

 

                   ◇

 

それで先ず、三島通陽氏の国際大会参加を可能にしてくれたブラジル邦人間へのお礼と日系コロニアの間に真のスカウト運動を知ってもらう目的で来伯されたのが、ブラジルで初めての日系ボーイスカウト・カラムルー隊の1953年創立並びに1956年の初の日本ボーイスカウト移民に繋がるのである。

 

当時、コロニア有識者の間では、子供の躾で何か良い方法は無いものかと模索していたようである。

誰もが子供の時から日伯親善が出来て、同時に日本の子供たちとも兄弟になれ、このスカウト運動に入って心身の訓練を受けさせることは大賛成で、これから日本からも指導者に来てもらい、ブラジルのスカウト運動を発展させていこうと考え実行されたのが細江静男ドクターであった。

 

そこで、まず第一番の協力者として、細江ドクターに面識を得て意気投合して参加したのが小畑博昭氏(現日伯援協事務局長)であった。

彼は、1954年ごろ、農業移民として来泊しサンパウロ・サンミゲールの阿部種鶏場に勤務していたが、当時、付近に居住していたスカウト指導者のアデルギ・ピストン氏(後のサンパウロ州スカウト連盟主事)の紹介で細江静男医師を知ったそうだ。

小畑博昭氏の参加により細江静男医師の目標が一歩近づいたことになり、(ボーイスカウト移民)実現に向けて加速することになり、細江医師所有のバウー農場(カンポス・ド・ジョルダン市)を第1訓練所として1956年からのボーイスカウト移住者に提供されることになった。

バウー農場は、サンパウロ市中心から約200㎞、起伏の多い山岳地帯で、細江医師の故郷である岐阜県を想い描いて、白系ロシア人の老夫婦より購入したと聞かされている。

 

 

■ 細江静男医師 《バウー訓練所計画案》

           (注=1956年3月に記した計画案、原文のまま記載する)

 

自立目標: バウー訓練所を中心としたスカウト運動の今後について、大体目鼻のつくのは自立で3ケ年、世間に認められるのに7ケ年とにらんでいる。

訓練所モットー:  すべての人間は友であり、すべてのスカウトは国境・社会的地位・宗教・財産

           の有無にかかわらず兄弟である。 ②独立自尊持し、相倚り、相働く

事業目標:      センターキャンプ場の完成に大体1956~57の2か年をかける

             ➀本年度(1956)の第一になすべきことは、貨物自動車の購入、ポンプの据え付け、

            センターキャンプ場の地ならし、

          ② 細江静男・小畑博昭・内田克明・オサム・大和田誠一郎5人名義のCaverna/Gruta    

          (カベルナ・グルタ 居住小屋)を造ること

                  ➂来年度(1957)は、センターキャンプ場の完成

           カベルナの増築、山頂までの自動車道路の完成

                自立自営のために、果樹・野菜栽培、家畜飼育の開始

 

日本スカウト呼寄(計画) : 7カ年間に150名を呼寄せ、スカウト運動の中枢に据える

         1年目(1956)   6名

         2年目(1957)    10名

         3年目(1958)  17名

         4年目(1959)  20名

         5年目(1960)  23名

         6年目(1961)  34名

         7年目(1962)  40名  合計150名

 

もし事業が順調に進行すれば5年に短縮することが出来る。 また、思うようにいかなければ10年計画に変更するものとする。

本年度(1956)到着のスカウトを除き、あとのスカウトは2年間、小畑博昭君の下で、ブラジル語の修得(会話)、ブラジルの風俗・習慣・気候に慣れ、日系一世の心理を理解し、各々の希望により、或いは奥地へ、或いは市街地への活動の天地を求め巣立ちするものとする。

而して、彼らはその誓いに従って、社会人としての生活と、スカウトとしての生活を併有した生涯を持つことになる。

丁度、カソリック教のパードレ(司教)の如く、スカウティズムを実生活に取入れていく理論と実行の教師であると共に、バウー訓練場を中心とした共同経済生活の一員でもある。

自分のポストについて自活できるまで共同体、即ち我々が応援する。 彼ら(スカウト達)が自活し、余裕がある様になれば共同体に貢献するというシステムで、良きも悪しきも兄弟として共存共栄していくことになる。

150名が調和一致して歯車に狂いなく働くようになれば、もう政府の貸付金などを当てにせず我々の手の中でやっていけるのである。

 数字的に、これを見た時、土地代、センターキャンプ、カベルナ(グルタ・居住棟)の建設費、貨物自動車購入費、ポンプ据付を含む1956年度の全費用、1957年度の部分的、即ち自立自営できるまでの維持費は、細江の責任とする。

1958年度は、一切の支出を細江・小畑ほか16名で、1959年度は35名で、1960年度は55名で、1961年度は78名の同志で、1962年度は112名で、1963年度後は152名で支えていくことになる。

 

第3年度(1958)以降に到着したスカウト達への経済的協力もぼつぼつ出来るようになり、キャンプ場も使用でき、その方面からの収入も見込めるであろうし、さらに果樹・野菜・家畜からも収入が予想される。

第8年目(1963)より来る呼寄せスカウトは、本(バウー)訓練所で自弁していくものとする。

(注=当時ブラジル移民は、神戸―サントス間の船賃を日本海外協会連合会より渡航費賃貸付契約により6年据え置きの年利5分5厘で借りていた。102,000円であり、当時の為替レート1ドル360円とすると、わずか284ドルの貸付金であった)

 

かくして、1965年(第10年目)以降は、バウー訓練場を本山としたスカウト達の地盤がサンパウロ州を中心に、どっしりと尻を据えるわけで、本年(1956)到着の6名のスカウトと我々二人(細江・小畑)は開山の主となるわけである。

第2年目(1957)には、アルジャーの農園もスカウトに提供することにする。

 

          バウー訓練所<CAMPO ”PEDRA DO BAU”>建設計画図

 

                                                                     

■ 日本ボーイスカウト移民 及び バウー訓練所 所属同志の総数

  1956年 2月 2名   ボーイスカウト移民第一陣 内田克己       (東京 21歳)

                         大和田誠一郎(東京 18歳)

          5月 3名                愛媛・鹿児島・熊本・東京

          7月 1名         計6名   (内1名死亡)

  1957年                       計5名   東京・山梨・熊本

  1958年                       計7名   東京・岡山・鹿児島(内2名帰国)   

  1959年                       計4名   東京・愛媛

  1960年 2月 3名             

          5月 4名       計7名   東京・宮城・徳島 (最後のスカウト計画移民)

日本ボーイスカウト移民     総数29名

 

1956~1960 A. 日本スカウト移民                               29名

        B. 現地同志として参加                      6名

1961~            C.細江Dr.直接呼寄スカウト                        7名

バウー訓練場に所属したスカウト及び同志        総数42名

 

 

■ なぜバウー訓練所は完成できなかったか

 

第一訓練所が所在したカンポス・ド・ジョルドンのバウーの風光明媚な山岳地帯で、傾斜・石の多い土地

  で、農作物を作る場所も限られており、朝晩、霧が多く、農作物の病虫害が多く発生した。 病気に強い

  と言われる紫キャベツ、リオデジャネイロ向けに良いという蕪(カブ)も植え付けたが販路がなく苦労

  したのを思い出す。

 

② 全員(スカウト移民)、農業の素人であったが、当時、山を越えて、一番近くに住んでおられた日本人

  (旧移住者)の方に、ニンジン・ジャガイモの作り方を教わり始めたが、本当に収穫があったと記憶し

  ているのは2年目のみであった。

 

カンポス・ド・ジョルドンは他所と違って、特殊な気候(高原地帯)だったので、ニンジン・ジャガイモ

  は、他の生産者とは異なった時期に出荷でき、サンパウロ市場での販売価格もよく、少ない出荷量でも採

  算が合っていた。

  しかし、その内、三角ミナス方面から、カンポスと同じ時期に出荷されるようになり、少ない出荷量の上

  に、厳しい値段の競争となった。 わずかの牛・馬も飼育していたが、到底、収入源までには至らなかっ

  た。

 

④ よって、ボーイスカウトが自活目標を達成しながら、訓練所を建設していくという計画は、まず自分たち

       が食べていくためだけでも困難になってきた。

 

⑤ 細江静男医師の医業活動による収入の一部をボーイスカウトの生活費に充てることが多くなり、その期間

  も長く続いたと思われる。 これが原因で、最後には細江家の財政面まで相当圧迫したと思われる。

  要は、ブラジル国並びに日本ボーイスカウト連盟の支援もなく、個人の力のみで、夢を実現していこう

  としたところに無理があったのかも知れない。

 

当時、ボーイスカウトの現地における指導者として従事した小畑博昭氏は、情熱家で有能であったが、

      近代的経営管理並びに若者の心理を理解できず、常に発生した運営上の疑問と質問に対し、信用の諾否を

      問うやり方で片づけてきたので、相当の反発があったし、若者(ボーイスカウト移民)のバウー訓練所離

      れの一因ともなった。

 

⑦ 1960年頃より、日本経済は池田内閣による所得倍増計画を打ち出し、高度経済成長期へと突入していく。

      日米新安全保障条約も調印され、日本の復興と共にボーイスカウト移民の希望者は激減していった。

 

■ 後記

ボーイスカウト運動は、社会教育運動であり、かつ青少年の彼ら自身の国際平和運動である。「そなえよ常に」の標語を持ち、3ケ条の「ちかい」を心の源泉―生活信条―として、12ケ条の「おきて」を日常の物差し<生活規範>としている。

「おきて」の3条に「人は人の力になる」という項目があり、スカウトは何時でも人を援ける用意がある。また同じく4条には「スカウトは友誼にあつい」、スカウトはすべての人を友達と思い、すべてのスカウトを兄弟として、正しい明るい社会をつくる。

細江静男医師は、54歳頃にボーイスカウト日本連盟総長であった三島通陽氏を通じてはじめてスカウト運動を知り、日系2世カラムルー隊(サンパウロ創立者の一人となるだけでなく、更にスカウティング(前進)して「おきて」通り、人のためになる理想郷を実現させようと自分を投げ打って努力し、犠牲を払われました。 

多くの人が、50歳を過ぎると、若い頃の情熱も気力も醒め、自分の殻の中に閉じこもる人たちが多い中で、細江静男医師の行動力は、真に貴重で尊敬の念をいだくものです。

細江先生が、夢見たバウー訓練所はボーイスカウトのセンターキャンプ場として完成できませんでしたが、現在もバウー財団として残っており、夏・冬休みには、若い人たちが利用しております。

また40年前、細江先生とのご縁でブラジルに来ることが出来た42名のうち、残念ながら1人死亡しましたが、あの頃の若者も、みなすでに60歳前後になりました。先生の薫陶を受けた残りの者は、ブラジル或いは日本にて、それぞれ活躍しております。

                                                               (内田克明記1995年刊「細江静男先生とその遺業」 301頁より)

 

 

                               

                               

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------- -----------------------

 

■ 新聞連載から見る 《細江静男医師 と スカウト移民》

 

 ボーイスカウト日本連盟と細江静男医師の提携事業として発足したバウー訓練所への日本ローバースカウトの派遣と受入れの歴史を見ておきたい。

細江静男医師は、1953年サンパウロにカラムルー・ボーイスカウト隊を設立し、ブラジル最大の隊組織に育て上げていた。

日本のローバースカウト受入れに奔走した経緯と、細江静男ドクターについて、また<日系ボーイスカウトとスカウト移民>を取り上げたニッケイ新聞(ブラジル)の連載記事の一部を抜粋しておく。

 

                                  ----------------------------------------------------

 

 

1.スカウト移民受け入れ以前の細江静男医師と青年スカウト移民

  <細江静男医師とブラジルとの出会い>

                         (ニッケイ新聞2020年7月29日配信記事 抜粋―)

 

バストス移住地での防疫対策を担った同仁会の細江静男医師は、1901年に岐阜県下呂町和佐で生まれ、慶応大学医学部で学んだエリートだった。

細江医師の慶応大学同期には、のちに日本医師会会長になった竹見太郎がいた。首相クラスの要人の主治医として知られる人物だ。  

大学時代の恩師が、第8回で紹介した宮嶋幹之助(みきのすけ)教授だった。ブラジル移民組合の要請により、1918年から7カ月間、北里研究所の寄生虫学の権威・宮嶋幹之助として、日系社会を調査・衛生指導したあの人物だ。  

現地で日本人が南米特有の感染症で苦しんでいることを熟知していた宮嶋は、若き医学生だった細江氏に「ブラジルの日本人入植地は、医師のいない世界最大の集落だ。君、行ってみないか」と声をかけ、それに乗って、1930年に外務省研修医として3年間の任期で赴任した。  

そのときの気持ちを本人は手記の中で、《ブラジル行きは自分一人の意志で決定したので、親父は当然許さず静子(妻)も寝耳に水で唖然としていた。話し合いの結果、二人の子供は置いてゆく、という条件で許してくれた。子供を置いてゆけば必ず3年で帰って来るだろうと思ったらしい。私もこの時は一生いるつもりはなかったのだが…》  日本人集団地を良く知っていたからこそ、細江のような逸材を送り込んでくれたのだろう。

野口英世は有名人だけに何かと取り上げられることは多いが、日系医療への貢献という意味では宮嶋の方がはるかに繋がりは強い。 細江は当時から、まさに「同仁」(わけへだてせずに、多くの者を平等に愛すること)の精神にあふれた若者だった。  学齢期になった娘2人を義母の元に残しての辛いブラジル赴任だった。もともとは3年の契約だったが、バストス移住地赴任中に永住を決意し、ブラジルの医師免許をとりなおすためにサンパウロ州立大学医学部に入学して苦学し、30年を過ごした。  

『遺業』によれば1944年8月頃、細江医師はすでに医師免許を取って正規診療をしていたにも関わらず、一時警察に拘束されたこともあった。《当時の日本語を話したと言う理由で引っぱられた人々と大差なく、多分、日本人の出入りが診療所に多かったことが影響したものと思われました》(PDF版279ページ)。だが1カ月ほどで釈放された。日本に残した長女は大戦中に亡くなり、二度と会えなかった。  (深沢正雪記者)

 

 

2. ボーイスカウト移民と日系ボーイスカウト

 <戦後、日系二世たちの方向づけ=勝ち負け抗争がきっかけ>

       (ニッケイ新聞2003年2月11日 越境する日本文化 ボーイスカウト(1)連載記事より)

 

ーあめりか丸からー  ボーイスカウト第一号として着伯した内田克明、大和田誠一郎の両君と出迎えの細江静男氏―。(1956年2月21日のパウリスタ新聞・写真―写真未確認)

 

内田克明(21)、和田誠一郎(18)両氏を筆頭に1956年から1960年までに『ボーイスカウト移民』として来伯した青年は29人。

これらの青年の呼び寄せ人となったのは援護協会、サンタクルス病院の礎を作った人たちの一人、道庵先生こと細江静男である。

細江といえば、カラムルー隊(ブラジル・ボーイスカウト連盟サンパウロ第26団)の創始者として有名である。
この日系ボーイスカウト隊はサンパウロ市アクリマソンに本部を置き、隊員数約350人を数えるブラジル最大のボーイスカウト隊である。

なぜ、アマゾンのシュバイツァーと呼ばれた細江が世界最大の青少年教育運動に携わることになったのかは、戦後の日系社会に目を向けねばならない。

戦後、祖国の勝敗を巡って日系社会を混乱させた勝ち負けの問題は日系社会に大きな禍根を残し、それまでの心の支えであった日本の敗北は二世にも大きな動揺を与えた。ブラジルも日本も祖国と思えない二世の懊悩に細江もまた苦しんでいた。

当時のコロニアの有識者を中心に結成されていた大和会(1946年発足、認識派団体と呼ばれていた)の会合で会員たちは日系社会の行く末を案じ、二世たちの将来を憂えていた。
そんな時、当時のサンパウロ新聞社社主水本光任が当時の日本ボーイスカウト連盟総長三島通陽をサンパウロに招いた。

三島はオーストリアで開かれた第七回世界ジャンボリー(語源は米語の俗語でどんちゃん騒ぎの意。キャンプを通し、野外技能や友情などを培うボーイスカウトの催しで四年に一度、世界大会が開かれる)に参加し、水本の誘いでサンパウロに立ち寄った。

その折、三島はボーイスカウト運動について各地で講演を行っている。細江はこの講演を傍聴し、痛く感銘を受けた。早速、大和会にも招き、詳しくその理念や活動内容についての説明を求めたのは想像に難くない。
「これからの二世、三世たちのため、日系社会のためにこの運動を普及するべきだ」。 
細江は日系子弟に方向を示唆できる一つの光と出会った。それは当時世界中に数百万のメンバーを擁したボーイスカウト運動だった。―敬称略―

ボーイスカウト運動は1907年に英国のロード・ベーデン・パウエル卿によって始められた青少年運動。 『そなえよ常に』をモットーに野外活動と奉仕活動などを通し、役立つ社会人を育成することを目的とする。
日本では1922年に少年団日本連盟が発足したものの、戦時中は解散。戦後はGHQ関係者にボーイスカウト出身者がいたことなども手伝って占領下にあった1950年には国際事務局に登録し、国際復帰を果たしている。  
(堀江剛史記者)

 

 

3. 日系スカウト・カラムルー隊発足から、バウー訓練所開設まで

  <カラムルー隊発足=バウー訓練所設立へ>

       (ニッケイ新聞2003年2月12日 越境する日本文化 ボーイスカウト(2)連載記事より)

 

ボーイスカウト運動に取りつかれた細江静男は医師の仕事のかたわら、関連書物を読み漁り、ブラジル連盟の研修会にも参加し、この運動への理解のため勉強を重ねた。

その意志に同調する形で集まったのは大和会のメンバーでもあった小副川ルイス良三、大竹潮、伝田英二、阿部弥門、上野正二、花城ジョルジ、同仁会所属の医師たちである。

ブラジル初の日系ボーイスカウト隊は1953年3月5日に歯科医を営む小副川の診療所があったビル(メルクリオ街五六四番)で発隊式を行った。名称はカラムルー隊。サンパウロで26番目に発足した隊である。発足メンバーは24名であった。

隊員は邦字新聞などでの広報活動や紹介ですぐに集まり、翌年には事務局をグリセリオ街251番に移転している。
カラムルー隊は1981年にアクリマソン区のジョゼー・ド・パトロシニオ街550番(現在の本部)に落ち着くまでに6回の移転を行っている。
隊員は増える一方であったが、細江にはある危惧があった。子供たちを指導する指導者たちの絶対的不足である。
元来、日本の青年をブラジルにーという思いのあった細江はすでに知り合っていた小畑博昭(元援護協会事務局長)の発案で日本から、ボーイスカウト経験者を呼び寄せるという方法を取った。

ボーイスカウト移民の募集はボーイスカウト日本連盟が出版する機関紙に掲載された。
細江にはもう一つの考えがあった。それはボーイスカウトの主な活動場所となるキャンプ活動も可能な場所の確保である。
細江は所有していたカンポス・ド・ジョルドンにボーイスカウト訓練所を建設することを計画し、日本からブラジルに夢をもってやってきた新来青年(スカウト)たちは訓練所設営の役を与えられたのである。

<ブラジルのボーイスカウト運動の歴史>

ブラジルのボーイスカウト運動の起こりは訪英した二人のブラジル人に起因する。
1909年にイギリスに発注されたブラジル軍艦の建造監督に当たった海軍士官オリンピオ・デ・アルメイダとサンパウロの医師マリオ・カルジンである。英国滞在中にボーイスカウト運動に触れ、その理念に感銘を受けた二人は帰国後ボーイスカウトの設立に奔走した。
1941年11月29日にサンパウロのレプブリカ広場でブラジル・ボーイスカウト協会の創立式が挙行された。
現在のブラジルのスカウト人口は約6万人である。 (堀江剛史記者)

 

 

4. バウー訓練所は自然解散となっていた

  <細江静男氏の理想 理解されず>

       (ニッケイ新聞2003年2月13日越境する日本文化 ボーイスカウト(3) 連載記事より)

 

1956年から始まったバウー訓練所、そして数年後のアルジャー訓練所の創設にはボーイスカウト移民を始め、すでに来伯していた青年、別の理由で細江に呼び寄せられた青年たちも加わった約50人が携わっている。

初期のバウー(訓練所)では制服を着て、野外技能を取り入れたハイキングを行ったり、スカウティング・フォア・ボーイズ(1909年にベーデン・パウエルによって著された。スカウト理念や野外生活法が平易に書かれており、当時の子供たちの心をつかみベストセラーとなったボーイスカウトのバイブル。日本の武士道や道徳などにも触れているところが興味深い)の読書会を開いたりというスカウト活動を行っている。

しかし時が経つにつれて青年たちは養鶏やニンジン作りなどに追われ、月に数回フェイラ(市場)に売りに行き、帰りに日用品や種子を買って帰るという生活を送るようになる。正に開拓生活であった。
戦後の農業経験もない青年たちがその状況に満足していたか。答えは否である。
精神不安定な状態に陥った青年たちの間には自問自答が常にあった。

「何故こんなことをしているのか」「こんな筈ではなかった」「自分たちはこれからどうなるのか」。
鬱々とした空気が蔓延し、血気盛んな二十代の若者のこと、いざこざも多かったという。 
第一回ボーイスカウト移民としてやって来た内田克明は「訓練所創設計画が完遂できなかった理由」として『細江静男先生とその偉業』の中で経済的な理由を挙げている。 

「細江先生の医業(原文ママ)活動による収入の一部をボーイスカウトの生活費に充てることが多くなりー(略)―最後には、細江先生ご家族の財政面まで相当に圧迫したと思われる」 

そして最も注目すべきことは1カ月に一度訓練所を訪れる程度の細江と青年たちとの意志疎通が極度に少なかったことも挙げられるだろう。ボーイスカウト移民としてやってきた青年たちは一様に「細江自身から説明やその理念を聞いたことはなかった」と証言する。

青年のだれも細江の描いているヴィジョンを理解していなかったー。 
当時すでに大所帯になっていたカラムルー隊との関わりも年に数回同地で行われるキャンプでしかなかった。
創立当時からカラムルー隊のスカウトであった阿部カズオは「日本から来た青年たちが訓練所を作っているということは知っていたが、彼たちに関する記憶はあまりない」と当時を振り返り、「やはり言葉の問題が大きかったのでは」と指摘する。

何故、細江はサンパウロで活動していたカラムルー隊と青年たちを積極的に交流させなかったのかー。
当時アルジャーの隊長だった小畑博昭は「細江先生は猪突猛進タイプで自分の考えていることを人に話すような人ではなかった。しかし、日本の若き青年にまず移民たちの辿ってきた生活を体験させ、全てはブラジルに慣れてからという思いがあったのでは」と推測する。

そのころには援護協会、巡回診療などで多忙になっていた細江自身も訓練所建設への情熱を失っていたのだろう、青年たちに職業の斡旋を行ったりもしている。
バウーはアルジャーに吸収され、1963年頃には訓練所計画は頓挫し、あるものはアマゾンへ、またあるものはサンパウロへと訓練所を後にし、自然に解散となっていたのであった。

ボーイスカウト移民とカラムルー隊という同人物・細江静男によって始まった二つの流れは互いに合流することなく、一方は隆盛を極め、もう一方はブラジルの大地に溶け込んでいったのであった。 

アルジャー訓練所にも約一年滞在し、細江の巡回診療に助手として参加、臨終にも立ち会った岩中徹は記者に語った。
「細江先生にとっては期待をかけた青年たちへの失望、訓練所(バウー実修場)の設営が完遂できなかった悔恨もあったろうが、それを最後まで口にした事はなかった」。 (堀江剛史記者)

 

   

 

             ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

■《スカウト移民》  (日本ボーイスカウト連盟事務局 関係資料より)

 

1.『ブラジル移民スカウト募集要項』  日本ボーイスカウト連盟事務局 

            (1959・S34 1月号スカウティング誌より抜粋)

  

ブラジル渡航のスカウトは年を追って増加しているが、現地受け入れ態勢の整備とともに更に優秀なるスカウト多数の移住が期待されている。

今秋も近く、渡航のための審査を行うから、移住希望のスカウトは必要書類を整えて至急、日連事務局に申し込まれたい。 

なお昭和34年1月号スカウティング誌上掲載のブラジル移住スカウト募集に関する記事は大変参考になるので、ぜひ参照していただきたい。

 

1) 資格 : 年齢18~25歳までの独身者で登録を完了した1級スカウト以上の

         スカウト・スカウター

2) 提出      戸籍謄本  2通

          写真              2枚 (5x7cm) バックなし 上半身脱帽

          履歴書 

          スカウト歴

          本人決意書

          父兄承諾書

        隊長或いは団委員長 及び 県連盟の推薦書

        身体検査書

3) 期限 : 特に期限を設けないが、近く審査を行うから、本年移住希望者は至急提出

       されたい。

4) 審査 : 日時を定めて、日連事務局で面接を行う。 日時は本人に通知する。

 

 

2.『南米移住スカウトの募集について』 (日連事務局 後藤正紀) 

                          (スカウティング 1959・1 №73より)

 

 ブラジルへ移住するスカウトの募集を1956年に始めて、既に満三か年を経過した。 

その間、日本から彼の地へ渡ったスカウトは、東京13名・岡山1名・愛媛1名・熊本2名・鹿児島2名の計19名に達している。

彼らは何れも大いなる決意のもとに遠く故国を離れてブラジルの社会へ入り、各々の立場に立って素晴らしい業績を上げつつあるが、先回のスカウティングNo.46 に記載した移住スカウトの募集についての一文を見て決心したものの中には、やや誤解して彼の地に渡ったため、意外な苦労をしたスカウトもいたので、更に言い足りなかった面を補足し、又その後の情勢の変わったところも書いて、引き続き元気溌剌たるスカウト諸君が応募してこられるための参考として供したい。

 

 ➀ 日本のスカウトから南米移住者を募集することとなった経緯

 そもそも在留邦人の間にスカウト運動が始まったのは、1952年6月、三島総長がブラジルに立ち寄ってスカウト運動の必要性を説かれたことが、カトリックの信仰深い生活を送り(ブラジル人口の90%は信者)世界の恒久平和に貢献しょうと考えていた人々の共感を得て、さっそくこの実践活動が始められたことによる。

この人々の驚くべき情熱は当初25名をもって組織された日系カラコルム隊を、1,2年間にブラジルの最優秀隊たらしめたのである。 その代表者はサンパウロ在住の医師細江静男氏であるが、氏は実践活動を通じて、ブラジルにおける青少年の健全な育成はスカウト訓育によるのが最上であるとの信念を固く持ち、私財を投じてカンポス・ド・ジョルドンのバウー山麓に広大な土地を購入し、ここをセンターキャンプ場として、この地を世界ボーイスカウト運動のメッカ足らしめんとの意気込みで訓練所の建設に着手した。

これをバウー訓練所と名付けたが、たまたま来伯していた日本ボーイスカウト東京第87団RS隊副隊長小畑博昭氏の人格を見込んで、この管理の一切を託され、日本から優秀なスカウトを呼び寄せてこの仕事に協力して欲しいとの希望が伝えられて来た。

細江静男ドクター、小畑博昭氏ともに識見高く、信頼するに足るスカウターであるので、これは南米移住熱の高まりある昨今、スカウトに対するこの上ない福音であるし、またスカウト運動発展にも誠に喜ばしい計画であるとして、相談を受けた日本連盟ではただちにこれを取り上げ、全国からブラジルへ移住を希望するスカウトを募集することになったのである。

 

バウー訓練所とは、どんな所か

 サンパウロ市からリオデジャネイロに通じる国道を70KMリオに向かった所から北へ折れて高原の道を80KM入った所にあるカンポスの町は海抜1500~2000mで別荘やサナトリウムのある日本でいえば軽井沢のように気候も風景も絶景の地である。ここから更に20KMの地点にある約40町歩の未開拓の農場がバウー訓練所である。

場所といい気候といい、ブラジルでは最もいい所で、この農場では梨・桃・パラナ松の果樹1000本あまり、他に人参・ジャガイモ等野菜を栽培し、乳牛・蜜蜂の飼育も行っている。

日課スカウターとして自然・神聖な教育道場に起居していることを自覚する意味からスカウティングを取り入れて規則正しい、意義のあるものになっている。

ここを乳と蜜の流れる理想的な立体農園足らしめるべくスカウト一同は開拓作業に協力して驚異

的な事業成績をあげている。

ここでスカウト精神をいよいよ強固なものにし、同志的結合を深くし、その間にブラジルの気候風土に慣れ、言葉も覚えて将来ブラジル社会へ巣立っていく基礎を培うのである。

一年前、ここよりサンパウロに近いところに第2農場として数十町歩の土地を購入をし、ここでは乳牛・鶏・豚・魚の飼育を主とすることとし、アルジャーの第2修練場と呼ばれているが、そこにおける生活様式とその趣旨は全くバウー訓練所と同様である。

 

 ➂『渡伯するスカウトの心構えはどうあったらよいか』  

                  (バウー訓練所 小畑博昭氏の手紙より)

 決心と理想が直ちに地について、着伯後ただ専らに自分の生き方を追求し、実践して働いてくれることを念じてやみません。日本で私と共に生活していたころのような楽しいことは、ここに来ればまあないだろうと思います。

修練所の環境はブラジル一の好適地ですが全くの辺境の地で、世界一の修練所の可能性は持っていてもまったく何もないところです。もし私たちに生活の本当の楽しさがあるとするなら無一物の地に建設を進める創造の喜び以外は何もないでしょう。

確かに、私たちの故郷を生涯の憩いの地を築く楽しみと喜びに浸らなければ、強固なバックボーンを一本通した教養ある世界的視野に立った大人物を目指しての修練は出来ないし、それはまず百姓仕事から始めることを銘記しておいてください。

私が指導するのではなくて、自分自身で理想実現のための修練をするのがここの目的です。

みんな青年(ローバー)スカウトであり、スカウターなのです。修練所の建設、開拓を通して自己の

人生をも開拓する方法と精神を学ぶのです。

 

<アドバイス

以前にはバウー修練所で2年間の修練をつんだあと、自分の希望の道へ進むことができると書い

たが、その後ブラジルの移民事情が変わって、最低4か年のここでの修練をしなければならなくな

っている。それにしても、とにかく4か年ここでどうにか過ごせばよいのだという腰掛け的な気分

は絶対禁物であり、口で言えば4か年と一口であるが、その間大変な開拓の苦労をするのであり、

その後ブラジル社会で自分の好きな方向に向かうとは言っても彼の地での仕事はすべてバウーにお

ける生活中に体得した開拓精神というか、それは取りも直さずスカウト精神の真骨頂であるが、そ

の精神を以て、すなわちここの4か年の生活の延長での覚悟で臨まなければならないものである。

いままでの渡伯スカウトの中にはその点をすこぶる安易に考えて、バウーに行けば山中や那須

営場のような設備があり、そこでキャンプ生活をしながら旗を担いでハイクに出る。お膳立ての出来ているスカウティングをするのだということを想像して渡伯した者が1、2名あったのでそれらのスカウトは相当な苦労もしたし、幻滅を感じたようである。

昨年、カラムルー隊の後援者の一人であり細江静男ドクターの親友である大竹氏は仕事で半年あ

まり東京、大阪で生活された。氏は20年ぶりに祖国での生活を送られたのであるが、日本の国情

の変化にすこぶる驚かれ、人々の考え方が植民地的であるのに落胆された。特に東京はまるで昔

の上海の街のようで享楽に満ちている。

このような生活をした青年はブラジルでの生活には耐えられないのではないか、と非常に心配を

して帰られた。食物一つをとっても日本ほどの美味しい食物はブラジルでは到底口にできないそ

うで、渡伯するスカウトは余程な決心がなければならないことを考えるべきである。

 

 

(関係資料 : 小畑博昭氏 享年80歳 2010年5月18日没 

                            ニッケイ新聞 2010年5月21日付け記事より―

 <事務局長の交代と銃撃事件>  

1966年9月6日、平井格次事務局長が交通事故で脊髄上部を強打して身体障害を被り、引退を与儀なくされた。小畑博昭事務次長が後を引き継ぎ、二代目事務局長に就任した。この交代から1年後の67年9月27日、援協本部事務室において事務局長銃撃事件が発生した。この事件はノイローゼ患者の青年が国援法申請を執拗に迫り、最終的に小畑事務局長に向かって発砲して起きた。幸い弾道は急所を外れ、命に別状がなかったため、小畑は弾丸が摘出されないまま翌日から平常通りに勤務を続けたが、長期間にわたって世話をした青年であっただけに、この一件は援協職員一同に大きなショックを与えた。

 

 ④渡伯スカウト応募手続き・準備等について

 希望者は次頁の書類を日本連盟事務局長宛に送る。書類で一応審査のうえ、面接審査日の連絡があるから面接を受けてのち、資格の有無が決定される。大変面倒なようであるが希望者にとっては何しろ一生の方向を決める大事な事柄であるし、連盟としても外国はスカウトを出すことについては連盟の名誉のためにこれだけの処置をとって万全を期したいのである。

その後、その中から直接必要書類を先方へ送って手続きが開始されるが、渡伯の時期はそれから4,5か月後になると思っておれば間違いない。

渡伯の旅費は呼寄せ移住者として政府から貸付けられるから心配はいらない。向こうでその手続きがすむと、こちらで渡伯のための手続きをすすめるようにとの書類が県の海外協会連合会から本人宛にくるから私と密接な連絡を取りながらこちらでの手続きを進めることとなる。この際の費用が全部で約1万円かかる。これは本人負担である。ほか身の回りの準備品、スカウト用品・作業衣・雨具その他・大工道具一式などが必要である。細かい注意は、面接で渡伯資格決定後に与えられる。

 

 ⑤志あるスカウター諸君の多数の応募を期待する    

 スカウター諸君は自分の人生の目標について既に考えられたと思う。また考えたことのない人は是非とも真剣に考えねばならない。人生の目標は決して名誉をえ、富を得るところにはないはずだ。スカウティングはその目標への人生航路の一里塚だと考えたい。このスカウティングは大自然を訓練としているが、バウー訓練所のごとき恵まれた環境は日本では見いだしえないのみならず、全世界でもなかなかこれに比すべきところはないのではなかろうか。

第一に、そこは余りにも立派な指導者に恵まれている。細江静男氏はじめカラムルー隊々委員の人々は何れも少壮、渡伯して以来、不屈の魂をもって、現在のブラジル社会での有力者としての地位を築き上げてきた。

人格、識見ともに優秀な人たちであり、みなウッドバッジコースをおえられた方ばかりである。小福川氏、大竹氏、ジュルセイプク・アキアール氏、細江ルイザ氏、阿部エリミヤ氏、小畑博昭氏らみな然りである。

第二に、ブラジルの自然は広大の一語に尽きる、かつ未開拓の宝庫である。

第三に、ブラジル社会は民主主義の身についた国で他人のことに干渉せぬことは原野にただ一人立っている如くである。 しかも民族に関する偏見がまったくないことも世界一である。

 

これだけの優れた条件がそろっていて、さらにこの修練所の4か年の修練を終えたのちは後援者たる有力な人々が各人の才能、素質に応じて各々の分野に進むことに援助を惜しまないのである。 この世に生を受けて生きがいある人生を送ろうとするスカウターにとってはこれ以上に魅力ある話はないだろう。

外務省によせられた細江静男氏の事業説明の冒頭に書かれた目的の項には「スカウティングの上に立って役立つ国際的市民を養成し、ブラジルの秩序と発展に貢献し、彼らをして世界恒久平和使徒たらしめんとする」と書かれているが、この目的達成のために日本の優秀なるスカウター諸君の多数の協力を願ってやまないものである。

                      

 ➅バウー訓練所建設5カ年計画              (細江静男記)

 スカウトの移民はすでにご承知のように、到着次第ただちに生産組合の組織員となり、自立自営の生活に入るのでありまして、この点他の青年移民と異なるのであります。到着すると間もなく「自分の事情が他の人と異なるから自由行動をとりたい」などと言い出さないよう、そんなうまい話があろうと(実際はないのですが)スカウトとして小畑君の指導の下に4か年間は共同生活を過ごし、何をするにしてもそれから先であることを特にはっきりさせてブラジルへ送ってください。

小畑君の下で鋤鍬を握って4か年過ごすことが、日本人のためにはバックボーンを作ることでありまして、これ以外に在伯生活の自信をつける道はないのであります。

われわれの団体のみが搾取もなければ、搾取されることもなく、サントスに到着した日から、じぶんが働けばそのまま自分のものであり、自分がその生活において経済的に節約するならば、それだけ自分の得になるわけです。 青年開発隊に行っても、コチヤ移民に行っても自分のために自分が働くのでなく、他人の使用人となるのでありまして4か年たっても自分は無一文なのであります。この点が他の青年移民と異なるのですから、はっきり認識させて寄越してください。

予定のように毎年7月に一回、日連と貴方の推薦によって渡伯したローバースカウト全員が、バウー訓練所に集まって大集会を開くのであります。本年(1959)は7月8日に実施しました。小畑君も通知してきたでありましょうが理想的に行きました。

9日から12日まで4日間にわたり、キャンピング、営火等、思うままの活動を行い、11日の午後はキャンプ場の定礎式、12日は閉会式でした。

貴方のもとを発つ時の決心、小生の所へ着いた時の決心、小畑君のもとで修練生活に専心する日々の決心、この決心が何時も直線でなくてはならないと思います。

バウー生産組合の誕生を期して、いよいよわれわれ待望の的であったバウー訓練所の建設に着手することになりました。

1959年-60年6月までに、センターキャンプ場を造り、なお水道の完成、運動場の建設をしたいと思います。

1960年7月-1961年6月が第二年目の計画で、スカウトの集会所および宿泊所を2軒立てます。

教会は第一年度より着手、5カ年計画で素晴らしいものを建てるつもりです。スカウトの家族および幹部の宿泊所は第4-5年度の計画です。

以上の計画を実現するのに大体1万コントス(245万円)を必要とします。我々が逆立ちしても、これだけの余剰金を稼ぎ出せません。そこで5カ年間にこれを分け、2000コントスづつ毎年寄付金で集めたいと思います。

そこで何よりも仕事に着手しなければなりませんので、日伯人の学童を集めて60年の正月から夏期教養学校(林間学校)をスカウトのテクニックによって開設します。

したがってセンターキャンプ場は何をおいても造らねばならないのです。

これは将来、日本内地の方々の協力も必要とします。このことは将来のことでありまして、小畑君はじめ隊員一同感激、おおいにやる決心を固めました。

 

 

 

  細江静男生誕120年記念ポスター      カラムルー隊の指導者と共に 細江静男医師(左端)

(バウー訓練所に立つカラムルー隊創設者)     右端・小畑博昭氏(バウー訓練所指導者)

  バウー山(標高2000m)を背景に 

       1901~2021                  1955

 

         

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 ■ バウ修練所・建設計画第一報    (パウリスタ新聞 1960年の記事より転載)            

 

スカウティズムを通じて青少年の訓育を・・・と細江静男ドクターらを中心にボーイスカウト・カラムルー隊(日系)が生まれたのが6年前(1953)。 サンパウロから200Km、ブラジルのスイスと言われるカンポス・ド・ジョルドン高原から24Kmのバウーにボーイスカウト基地がつくられたが、ここをさらに拡張して広くブラジルの青少年に開放し、だれでも参加できる林間学校を開き、健康な楽しい共同生活を体験させようとバウー訓練所5カ年計画(1959~)がたてられた。その第一段階として礼拝堂の建設定礎式が11日に行われた。

当日はブラジル側からブラジル・エスコテイロ(ボーイスカウト)連盟総裁であるジョゼー・フィーリョ・デ・アウラージョ提督(海軍中将)、同連盟オレスト・ビーノ訓練隊長、同委員長のドトール・エンジネ・ワルテルらの幹部が茶色のボーイスカウトの制服で姿を見せ、強い関心を寄せ、関係者に強い感銘を与えた。

サンパウロからは農拓協の熊氏、同小山パラナ訓練所長、ブラ拓の阿部、芳賀、川添の諸氏など、ボーイスカウト・カラムルー隊の協力者、地元からは教会のパードレー(神父)やドトール・シューツ市長、荒垣市議(市会代表)ら総勢150名余りが参加した。

予定より遅れて午後2時から礼拝堂の定礎式とミサが行われた。午後4時からは彼らの手で用意された野外シュラスコに参加者一同頬をほほ張り、標高1800mと言われる澄んだ高原の空気に浸りながらこの完成について花を咲かせ、努力することを誓い合った。

夜はキャンプファイヤーを囲んでの隊員たちの余興に腹を抱え、ふけゆく高原の夜を惜しんだ。11日の最低気温2度5分、最高気温22度という好条件に恵まれた自然に囲まれたこの訓練所に青少年の夏期学校を開くということは、次代を背負うものの訓練所としての生活環境は完璧である。子弟の教育に関心を寄せる者だけではなく、今やブラジル政府からも大きな関心を寄せられ、同地をブラジル・ボーイスクト・センターにするという熱の入れ方だ。

  

 ■ 『目指すは“よき市民”を』      (パウリスタ新聞 1960年の記事より転載)

 

日系サナトリウムのあることで日系コロニアでも知られている高原の町カンポス・ド・ジョルドンに昨年(1959)11月3日に「カーザ・プログレッソ」という看板のささやかなセッコス・イ・モリヤードスの店が開業した。

いまここには三人のいきのいい日系青年が働いている。ところで店にはパトロンガいる様子もなく、またこの三人の青年もエンプレガード(従業員)でもないようだ。町の人ははじめ不思議に思った。しかしエスコテイロ(ボーイスカウト)達だと聞かされて、バウーの連中かと、はじめて合点がいったらしい。

そうわかれば、パトロンがいなくても、またエンプレガードでなくても、少しも変でない。カンポス・ド・ジョルドンから24Km離れたバウーの山麓に日系ボーイスカウト達のキャンプ基地が作られたのは4年前(1956年)のことだ。ブラジル日系ボーイスカウト育ての親は道庵先生こと細江静男ドクターだ。

青少年をよき市民として育て上げてゆくのにはスカウティズムに限ると考え、日本から渡伯希望のボーイスカウトを呼び寄せ、彼らを中心に現地の2世、幼少年を加えてカラムルー隊が作られた。細江道庵先生にとっては寝ても覚めてもボーイスカウトで頭がいっぱいだ。専門の医者の仕事もボーイスカウトの資金つくりのために働いているといって良いほどだ。こんど発刊した「薬名辞典」という本の売り上げもすべてをボーイスカウト運動につぎ込むためだというから、その熱意のほどがわかろう。

バウーの基地の21アルケール(アール)、ラジアードの6アルケール、アルジャーのシャーカラ28アルケールすべてボーイスカウトのために提供している。

細江先生はスカウティズムについてこう説明している。スカウティズムによる青少年、幼年の訓練は彼らの発育に順応し、ことに知育の発育状態をよく観測していくつかの組に分類し、一番環境の影響を受けやすい幼少年時代を利用して、一番難しい共同生活の練習を行い、協力ということが習慣となるまでに徹底せしめるのである。思春期から独立可能な年齢、つまり18,9歳から25歳までに成熟してきた心身の能力を利用し、それぞれの個性を生かし、教養も知能も体力も立派な市民になれる能力を添えるのであって、引っ張っていく教育ではなく道を誤らないように指示と力を添えてやる指導なのである。

 

                パウリスタ新聞(ニッケイ新聞の前身)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

■ 《バウー訓練所滞在記》     後藤實久記   (1965年渡伯)

第1期移民スカウト内田克明氏が示された細江静男医師の<スカウト移民・バウー訓練所計画案1956>は、最初期のスカウト移民以外には示されていなかったようである。 

その後、1959年に細江静男医師によって作成され、スカウティング誌に発表された<バウー修練所建設5カ年計画1959~1964>こそが、わたしをブラジルへかりたてた決定的動機であった。

だが、渡伯した1965年当時、すでに述べたように1960年初頭、スカウト移民の理想郷であったバウー訓練所は解散していたという事実である。

その後、歳月は流れ、1996年、事業に従事していたアメリカ・ニューヨークへ、ブラジル・サンパウロ在住の大学の先輩・清水尚久氏から送られてきた「細江静男先生とその遺業」に記された先輩諸氏の寄稿により31年目にして初めて<スカウト移民>の全容を知ることとなった。

 後年、2007年、私はライフワークである<星の巡礼>の一環として南米を訪れ、サンパウロで第1期スカウト移民である内田克明氏家族と共に、共通の恩人で会った故清水尚久氏の墓所に参ったことがあった。 この際、ご家族との楽しい時間を過ごすことはできても、バウー訓練所や移住スカウトの消息や活躍については一切口にされなかったし、こちらも先輩の心情を察し、一切の話題を封印したものである。

スカウト移民と言う一つの人生の転機も、それぞれの人生において占めるウエイトによってさまざまな人生劇場を織りなしているのだと思うと、その後の人生でスカウト移民から脱した者としては、これ以上の詮索を取りやめることにし、当事者たちの証言と、新聞連載の記事、そして1965~1966年の間、滞在したバウー訓練所での活動実態だけを記すことにしたい。

 

ただ、日本ボーイスカウト運動史上、短期間であったが、<スカウト移民>が存在したことだけは、取り上げておきたかったのである。 わずか数年間(1956~1961)の公式なスカウト移民受入れであったが、<スカウト移民>を日伯両国のスカウト運動史の片隅にレガシ(遺産)ではなく、活動実体があった(プログラム)として残されることを願うものである。

 

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

同志社大学ローバースカウト隊発団60周年記念事業<2011中山道てくてくラリー>踏破の途上、夜明け前のここ中津川の郷は、三日月が風に揺れて泣き笑いしている。

この木曽谷に出る月に問いかけて島崎藤村『夜明け前』を書いたのであろう。 

思うにわたしも藤村の影響を受けた一人であったのである。

藤村は、木曽路と言う狭い土地柄(世界)を描写しつつ自由、解放を叫んでいた。

呼寄せ人であった細江静男医師もまた、ここ中津川宿からそう遠くない同じ飛騨の下呂町和佐の出である。

わたしも少年時代から、朝鮮半島の地に赴任した両親に連れられ海外生活を経験し、日本という狭い世界から海外へと旅立つことを夢見ていた一人であった。

 

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

同志社大学ローバースカウト隊のユニフォームを着て1965年8月30日、神戸港より最後の移民船<ぶらじる丸>で家族や仲間、スカウト関係者に見送られ出港したのが若き23才の時だったことを、藤村の生誕地、馬籠で懐かしく思い出した。

 

1965年、最後のスカウト移民の一人として、カンポス・ド・ジョルダンにあるバウー訓練所に入所した。

 

               ぶらじる丸1965年8月30日神戸埠頭出航

 

             ブラジル丸南米移民乗船者渡航記念写真 (45名)

                     神戸移民センター

 

1955年当時、ボーイスカウト日本連盟には、大学や地域のローバースカウト(青年隊員)が多く参加していた。ブラジルのサンパウロにある日伯援護協会設立者であり、ブラジル・ボーイスカウト連盟、サンパウロ・カラムル隊創立者である細江静男ドクターの要請によりブラジル日系スカウトの指導者として日本のローバースカウトを呼び寄せたい旨を日本連盟に提案、青年のエネルギー(情熱と夢)を大陸で花開かす機会ととらえた日本連盟の当時の三島通陽総長(第4代総長)、久留島秀三郎理事長(第5代総長)、小林運美事務局長らは、ブラジル側とのローバー交流協定を結び、<スカウト移民>が実現した。

 

         第4代総長 三島通陽            カラムルー隊創設 細江静男

        日本ボーイスカウト連盟              スカウト移民提唱者

 

         <スカウト移民>推進当時のボーイスカウト日本連盟指導者

     左より三島通陽総長・小林運美事務局長・皇太子夫妻・久留島秀三郎理事長

            1962年8月 第三回日本ジャンボリ―御殿場にて


しかし、1956年から、5年間続いたスカウト移民は、1960年初頭には全員バウー訓練所を去り、財団法人に移管されたことはすでに述べた。 

また、バウー訓練所解散の事情や経緯も、すでに先輩の証言として取り上げた。

 

わたしは、解散後のバウー訓練所へ入所したのである。 

最後のスカウト移民というよりも、理想実現を手助けしてやろうという細江静男医師の個人的呼寄せと言う善意の形で、解散後のバウー訓練所に着任したということになる。

この間(1956年第1回派遣より1960年初頭)に、正式に29名のローバー・スカウトが<スカウト移民>として渡伯していた。

彼らは、サンパウロ市とリオデジャネイロの中間にある避暑地カンポス・ド・ジョルドンで軽井沢のような地にあった細江静男医師所有のバウー山塊の麓(標高1900m)を切り開き、ボーイスカウトの理想郷建設を目指し、スカウト用キャンプ場の建設にあたる一方、農業や牧場、果樹園に従事し、自活生活を目指していた。

 

 

              バウー訓練所ゲート と ウエルカム・シンボル

 

          バウー訓練所を取り巻く懐かしのパラナ松ピーニョ< Pinho>

 

    細江静男夫妻(左3・4人目)と 第1次スカウト移住者たち(バウー訓練所でバウー山を背景に)

                       1956/12

 

 

しかし、先輩諸氏の証言によると、バウー訓練所の自営独立は、気候を含めた諸条件や指導者の問題、運営資金不足など複合的な条件の重なりであったようで、結局は細江静男医師の資金援助なくして成り立たなかったようである。

そして計画によると、スカウト移民は、バウー訓練所でブラジル社会へ溶け込む時間を過ごした後、独立・就職への道へ進むことになっていたが、当初の理念と目的が現実と大きく隔たっていったと証言されている。

 

1965年当時のバウー訓練所は、財団法人に引継がれ、細江静男医師と同県人の小池潔夫妻(岐阜出身)とその実弟の三人で管理されていた。 そして、使用人としてカボクロ(原住民)ホセ夫婦が手伝っていた。

 

                       

                   バウー訓練所シンボルマーク

                     <PEDRA DO BAU>

 

            バウー訓練所<CAMPO ”PEDRA DO BAU”>建設計画図

          1  本館(食堂兼集会場)   5 室内体操場    9 貯水池

          2  礼拝堂(チャペル)       6 野営場             10 事務所(管理棟)

          3  宿泊所                             7 営火場             11 ホテル

          4  道場         8 運動場     12/13 運動場・野外集会場

 

               

                                 バウー訓練所 案内概略図

 

                                                               

                                バウー訓練所のスタンプ

                    CAMPO PEDRA DO BAU

                   -CAMPOS DO JORDAO-

 

                             

            バウー訓練所(ブラジル・サンパウロ州)所在地図

 

わたしは1960年初頭のバウー訓練所の解散から4年間中止に追い込まれていた訓練所の各種施設の継続建設と増設に管理人小池潔氏を助け、ひとり汗することとなった。 その内容は、管理者小池潔氏の指導のもと、建設中の教会堂の完成、集会所の水洗トイレの浄化槽設置、薪ストーブによる温水シャワーの配管、谷水の圧縮ポンプによる揚水装置の完成、キャンプサイトの森林開拓などであった。

 

       

                 バウー訓練所管理人 小池潔夫妻と              

                   カンポス・ド・ジョルドン 1965

 

   

                 バウー訓練所のチャペル(教会堂)

               右端にバウー山の頂(標高2000m)が見える

 

 

     本館(中央棟)建築作業中             キャンプサイト開拓中

 

                本館(中央棟)ー 屋内集会所兼食堂

 

                    管理棟(事務所)

 

夜間は、ランプのもと、依頼されていた養鱒技術をバウー訓練所の管理人小池潔氏に伝えた。

 

生活は、乗馬訓練、射撃訓練、果樹園の手入れ、乳搾り(チーズ作り)、施設建設、森林開拓など現地ブラジルでの自立を目指すための基礎的な技術と知識を学んだ。

 

夜はランプ生活、ドラム缶風呂からみる南十字星の幻想的な美しさかがいまでも忘れられない。

牛泥棒との対決、馬に跨がり買物のため麓に下山、帰りが真夜中になり馬上で居眠りしていると乗り手を枝に宙吊りにして馬はさっさと行ってしまった時の慌てようと言ったら滑稽である。

馬は実に賢い、一度通った道は暗闇でもわかるのである。

 

      

      裸馬にまたがり買物に下山したカンピスタ村- Vila Campista-と 村の子供達

     

 

                  バウー山ボランティア登山ガイドとして           バウー山(標高2000m)

       サンパウロ・南米教会の青年会みなさんと山小屋前で

 

危険なこともあった、小池潔氏の実弟から自衛のためのピストルの使い方を教わっていたとき、弾丸は抜いていたはずだが、冗談にもわたしの顔を狙って引き金を引いたものだから大変なことになってしまった。

念のため銃口に左手をあてていたので弾丸は螺旋状に急速回転しながら掌を貫きわたしの顔をそれ、後ろの壁にめり込んだ。 弾丸が一発残っていたのだ。

人はいつも死と隣り合わせであることを学んだ。

 

スカウト移民としてバウー訓練所で過ごした先輩たちが書き残した資料によると、解散までの移民スカウトであったローバー達の訓練所生活は、スカウト訓練というよりも、各自の生活維持に重きが置かれ、梨の出荷や、採乳などで生活費を稼ぐことで精一杯であったという。

スカウト移民たちも、バウー訓練所の理想郷の崩壊に、バウーを後にして1960年初頭のブラジル社会へと溶け込んでいかざるをえなかったとある。

 

スカウト移民提唱者であり、後半生のメインテーマとしてスカウト移民に尽くされた細江静男医師の壮大な計画とスカウト移民の夢実現は、いまなお後世に引き継がれていることと確信している。

それは関係した少なくないスカウト移民のこころに、その偉大な計画に賛同したという現実と、夢実現のため行動を起したという己の動機を信じるからである。

 

鱒の話だが、当時南米ではアルゼンチンだけに生息していた鱒の稚魚を取り寄せ失敗を繰り返したが、現在、バウー訓練所の管理人を辞し、カンポス・ド・ジョルドンで養鱒業を営でおられる小池潔氏は、レストランに卸せるほどの養鱒場を経営されていると風の便りに聞いている。

ちなみにわたしに養鱒の技術を教えていただいたのは、京都八瀬・高瀬川・観音寺橋から入った<鱒の坊>の先代である。養鱒の知識や技術を同じ小屋に泊まり込んで教えていただいたものである。 とくに鱒同士が共食いする獰猛な習性を知った時の驚きが思い出される。

 

バウー訓練所での任務を終えて、サンパウロに移り、多くの方々にお世話になった。

同志社の先輩 清水尚久氏(愛媛県西宇和市出身1998年11月30日没 享年87歳)の紹介で、スカウト移民先輩の内田克明氏と同じ下宿先を、また就職先<書店 太陽堂>をご紹介いただき、夜間はポルトゲス(ブラジル語)の学校に通った。 

休日は<南米教会青年部>に所属し、日系二・三世からブラジル事情を学び、教会員であった同郷人(彦根)で移民一世の北村省三・智夫妻(故人)や、同志社先輩 大橋氏からは、移民としての心構え(精神)を学んだ。

また、勤務先<太陽堂>専務 山田健寿郎氏(愛知県人・2017年10月17日没)からはブラジル経済の見通しや、ブラジルでの商売の仕組みや、取引の仕方を学んだ。

お世話になったみなさんとは生涯のお付合いをさせていただき、互いに行き来が終生続いた。こころからお一人お一人に感謝申し上げる次第である。また、すでに鬼籍に入られた諸先輩に哀悼の念を捧げるものである。

スカウト移民に対しても、多くの日系先輩の温かい支援があった事を申し添えておきたい。

 

 

  同志社先輩 清水尚久氏ご夫妻と 1989     太陽堂 山田健寿郎・オルガご夫妻と 1989

             サンパウロご自宅前で             サンパウロご自宅前で

 

 

       同郷先輩(彦根) 北村省三・智ご夫妻と 1989             内田克明・美恵(よしえ)ご夫妻と 2007

     カンポス・ド・ジョルドンご自宅で           故清水尚久氏墓前にて

 

かかるブラジル社会への準備にとりかかっているさなか、京都にある学校法人の短大開設計画に参加することになり、1966年帰国を決意。 その後、短大開設の準備を終え、1972年、永住地アメリカ・ニューヨークに渡った。

 

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

2011年5月9日 同志社ローバースカウト結成50周年記念事業である<中山道てくてくラリー>で休息日として滞在している中津川のユースホステルで、時間を見つけて<スカウト移民小史>の備忘録作りとあいなった。

わたしもようやく老境にさしかかっているのだろう。 今日は昨日と同じく28度の真夏日になりそうだ。 ここ中津川にある<木曽路ふるさとユースホステルで疲れをとるため連泊している。

 

<スカウト移民>という壮大な計画が、志半ばで挫折した無念さを胸にしまい込み、生存中のスカウト移民諸先輩のコメントがあとに続くことを期待しながら<スカウト移民小史 序章>としたい。

 

明日5月10日からは三ケ日続けて雨らしい。

飛騨の木曽路、恵那山の麓に広がる棚田に山水がひかれ、蛙の大合唱だ。

<スカウト移民の父>である細江静男医師も、ここ飛騨の下呂町和佐に里帰りされ、木曽谷の山水を愛でておられることであろう。 ご冥福を祈るものである。

 

    (2011年5月9日 同志社ローバー創立50周年記念 中山道てくてくラリー途上 中津川宿にて)

 

         

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

<スカウト移民小史 序章>を書き上げて10年の歳月がたち、老齢に達したいま<スカウト移民小史 序章>を公にしておくべきだと判断、ブログ掲載に踏み切った次第である。

なお、<スカウト移民>に関する情報・コメント・資料・写真等をお持ちの場合、下記へご連絡又は添付願えたら幸いである。

 弥栄

 

<Scout Immigrant History / Imigração Escoteira>

Já se passaram 10 anos desde que escrevi o prólogo de <Scout Immigrant History>, e agora que cheguei à velhice, decidi que <Scout Immigrant Short History> deveria ser tornado público e decidi publicá-lo.

Além disso, se você tiver informações, comentários, materiais, fotos, etc. sobre <imigração escoteira>, agradeceríamos se você pudesse entrar em contato conosco ou enviá-los para o seguinte.

Iyasaka

Sep.17,  2022 at Biwa Lake, in Japan

Sanehisa Goto    e-mail address: sanegoto1941@yahoo.co.jp

 

 

 

2022(令和4)年9月吉日 

同志社ローバー創立60周年記念日を前に 

後藤實久(同志社ローバーOGOB会 60年度生)

連絡・資料・写真送付先  :  sanegoto1941@yahoo.co.jp

 

 

 

           ボーイスカウト移民小史  序章》

 

                    

 

 

 









 

 

 

 

 

2003《星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》

星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》 インド

 

 

■2月22日  バラナシよりアウランガバードに向かう

 

デカン高原を走る>   

バラナシ駅2/22 11:30発➡マンマド/Manmad2/23 08:40着

(往路寝台列車Train#1094Mahanagari Exp. 385Rs. )

マンマド/Manmad 09:30発➡(路線バス@63Rs.)➡ アウランガバード/Aurangabad 12:30着

 

 

いま、デカン高原の朝日を満喫しながら、ムンバイ行寝台列車<Train#1094Mahanagari Exp.>は西に向かって駈けている。

コルカタのハウラー駅を11:30出発し、アウランガバードへの乗継駅マンマド/Manmadに08:40amに到着する予定である。

マンマッドからは<Southern Central Railroad>線に乗り換え、目的地アウランガバード/Aurangabadに向かうか、路線バスで向かうことになる。 約140kmの行程である。

 

寝台列車でのトラブル  ヒンズー式解釈>

寝台列車は予約制であり、一般の乗客は寝台車に乗れないのが一般的である。

ここインドでは、予約の無い普通切符でも寝台車に乗込んでくるのである。 空いていれば席がとられて、その席を取り戻すためにひと悶着が起こることになる。

少し席を離れるともう他の乗客が席を埋めているから、寝台車でも少し居心地が悪いと言わざるを得ない。

隣席の紳士がささやいてくれた。

「インドは人口が多いですから、スペースがあれば空いた席になだれ込むのですよ」

平気な顔で居座られたら、気の弱い日本人が席を取り返すのは至難の業である。 それにインド人は、グループ(集団)での列車移動が多く、地域ぐるみとなると車両全部を埋めるらしいから一人旅は大変なことになるという。

 

その大変な混雑の中を、チャーイやゲーム機、ネクタイや駄菓子ほか、まるで露店の賑わいで行き来するから、まるで夜市なような混雑である。

日本でも昭和の30年頃までの汽車に乗ると同じように席取りがあった事を思い出す。よく車両の床で横になったりして、山登りに備えたことがあった。

 

 アウランガバード行路線バスに乗り継ぐ  140km 所要約3時間>

マンマド/Manmad 発09:30am ➡ イオラ/Yeola経由 ➡ アウランガバード/Aurangabad12:30着

 

エローラ&アジャンダー石窟寺院へは、カルカッタ/コルカタから、ムンバイ行列車に乗り、ここマンマドで下車、列車かバスに乗換えて、石窟寺院の拠点であるアウランガバードに向かうことになる。

途中の村々の景色を楽しむために、地元生活に密着した路線バスで向かうことにした。

 

アジャンダー石窟寺院で、3日間行動を共にしたカルロスとレイチェルと

 

 

マンマド/Manmad駅の蒸気機関車展示場にて(アウランガバード行乗換駅)

 

 約3時間のバスの旅、それも最後尾の席、バスの延び切ったスプリングのため縦揺れに悪戦苦闘しながら、終点アフマドガナルにたどり着いた。

さすがインド南西部の気候に汗が止らない。

あまりの暑さに、アウランガバード・ユースホステルに飛び込んだが、受付は休んでおり午後4時からのオープンという。

仕方がないから、トイレを借り、シャツとパンツを手洗いし、庭の枝にかけて乾かす。 ものの30分程で乾燥したのには驚かされた。 同じインドでもその地域によって気候が全く異なるのである。

荷物をもって少し歩くだけで、汗だくになる始末である。

 

▼2/23   アウランガバード・ユースホステル 連泊  @200Rs.

 

 

 ■2月24日 エローラ石窟寺院群 ~ アジャンター石窟寺院群を巡る

      (アウランガバード基点)

 

アウランガバード・ユースホステル/ Aurangabad Youth Hostel、部屋の大きな天井扇がうなりを上げている。 生ぬるい風を受けながらエローラ洞窟仏跡とアジャンダ洞窟仏跡巡りのスケジュール表を作っている。

 

アウランガバード基点の近郊観光案内>  .

1 ダウラダバード/Daulatabad  2Rs.

      インド三大砦跡。 今までに見たことのないような土を盛り上げて造ったとしか思われない自然を利用

    した砦である。 アウランガバードの北西13㎞先の地方都市にある難攻不落のムガール帝国第6代アウ

    ングゼーブ帝の砦である。

 

 インド三大砦跡ダウラダバード盛土砦               ダウラダバード砦入口ドーム

 

 

ドウラターバード砦 / Fort Daulatabad, Ellora, India,   Drawing by Sanehisa Goto  Feb 24, 2003

 

 

2 アウランガバード窟院群/Aurangabad Caves  入場料 無料  懐中電灯必携

6~7世紀、仏教徒によって掘られた僧院窟で、全部で10窟ある。3窟の僧院と7窟寺院からなる石窟群である。 なかでも5-6窟の間に掘られた仏坐像と、9窟の釈迦涅槃像に興味を持った。

 

5-6窟に彫られた仏坐像

 

9窟 釈迦涅槃像

 

3 クルダバード/Khuldabad

クルダバードはエローラから4km手前にあり、立寄ってみた。

ムガール帝国第6代アウラングゼーブ帝によって聖地と定められた街で、小さい廟があり、大理石のフォルムが美しい。

 

アウラングゼーブ帝の美しい廟クルダバード

 

4 ビービーカーマクバラー/Bibi-Ka-Maqbara

インドアウランガバードにあるムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの妃、ディルラース・バーー・ベーグム廟墓である。

 

ビービーカーマクバラー /  ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブ の妃、ディルラース・バーー・ベーグムの廟墓

 

ビービーカーマクバラーのゲートで

   

 

 

5 エローラ石窟寺院群 入場料 85Rs (アウランガバードから30㎞)  エローラ石窟群は34窟ある。 

・初期石窟 1~  12窟(5~7世紀・仏教窟)

・中期石窟 13~29窟(9世紀・カイラーサナーター寺院・ヒンズー教窟)

・後期石窟 30~34窟(10世紀・ジャイナ教窟)

特に後期石窟のカイラーサナーター寺院/Kailasanath Templeは、765年に着工し、一世紀を要して完成。人間の力の大きさを感じさせてくれる必見の窟である。

 

6 パーンチャッキー・モスク/Panchakki

アウラングゼーブ帝は、イスラムの教えを厳しく守り、それを国家統治に持ち込もうとして民衆から遊離したと言われている。

 

アウラングゼーブ帝イスラム政策の中心だったパーンチャッキー・モスクで

 

 

7 アジャンダー石窟寺院群   入場料 185Rs.

デカン高原北へ104㎞にあるワーグラ渓谷の断崖中腹に刻まれた仏教寺院群。日本の古代仏教絵画の源流として知られる。 紀元前1世紀の上座部の仏教期と、紀元5世紀の大乗仏教期との時代区分が出来ると言われている。

・ 第1窟  (入場料 250Rs. ヘッドライトとミネラルウオーター携帯確認)

アジャンダー石窟の最大の見どころ、ブアカーター帝国のハリシェーナ皇帝により開窟

右手:金剛手菩薩<Vajrapani> 法隆寺金堂の菩薩像のオリジナル

左手:蓮華手菩薩<Budhisattava Padmapani>

・ 第2窟  誕生したばかりの仏陀を抱えるマーヤ王妃<釈迦誕生の場面>

・ 第4窟  断層のため掘窟中断

・ 第6窟  修行僧・僧侶たちの勤行窟

・ 第9窟  紀元前1世紀 仏像表現の無かった時代の信仰対象窟

・ 第11窟     入口にあるライオンの置物が印象的、壁があり、窓に柱あり

・ 第16窟  エレファント・ゲートあり、彫刻は簡素

・ 第17窟  ナンダ出家物語、六道輪廻図、仏陀生前を綴ったジャータカ物語

・ 第19窟  天にも届くように先端が天井に達している

・ 第24窟  内部は開窟途中で放棄

・ 第26窟  涅槃像が横臥して迎えてくれる

 

 

アウランガバード基点の周辺略地図  エローラ・アジャンダー石窟寺院群—

 

 

 

エローラ石窟群》ーアウランガバード基点ー (オートリクシャーで1H/30km)

 

朝、エローラ行のバスを待っていると、コロンビア人カルロス(自営業)と英国からのレイチェル(高校美術教師)に声をかけられた。 あまりにもバスの待ち時間が長いので一緒にTukTuk(三輪オートリ-クシャ)をシェアー(相乗り)しないかとの申し出である。異論のあるはずがないので、ともに一日を過ごすことになった。

片言の英語で誘って来たパオ(56歳)さんの運転するオート・リクシャに乗ることにした。 観光バスと同じコースで、3人で300RS.にするという。

可愛いオート・リクシャーの後部座席に大きい3っのお尻をおさめるのだから大変である。 

しかし、少年少女の押しくら饅頭を楽しみつつ、デカン高原の涼しい風をいっぱい浴びながらエローラ石窟寺院群に向かった。

このオープンカーであるリクシャーには、昔懐かしいゴム製クラクションが付いていて、青空の高原に響くプーパ・プーパはまるで昔懐かしい豆腐売りの奏でるレトロな音そっくりである。 この豆腐屋の音色が、ここデカン高原にこころよく響くのだから、何とも言えないノスタルジーにひたった。

 

オート・リクシャーでエローラ石窟寺院に向かう

 

エローラ石窟寺院は、気温41℃、喉が渇き、汗が噴き出る。

こちらはあまり動き回らず、石窟仏像のスケッチに時間をとることにして、二人とは別行動で石窟を回ることにした。

スケッチを始めると多くの修学旅行生や観光客が取り巻くものだから、館員によって整理がはじまり、こちらは恐縮してしまう。 ついには、館員の好意で、ひとり入り込めないところに招きいれてくれたほどである。

 

エローラ石窟寺院群配置図

 

 

<初期エローラ石窟寺院 : 仏教窟> 1~12窟(5~7世紀)  

初期の仏教は、おのれの救済が中心であり、閉鎖的な瞑想空間を多くとる石窟寺院が造られた。 

時代がたつとともに大衆を救う大乗的宗教に変化し、閉鎖的な石窟寺院から解放的な寺院へと変遷、最終的に石窟寺院そのものを必要とせず、エローラ石窟での仏教寺院は放棄された。

僧院では修行僧が共同で生活しながら瞑想し、僧院には寝室や台所も備わっていた。仏塔のある石窟には、仏陀や聖者が彫られており、現代の仏殿(本堂)の原型を見ることが出来る。

 10窟は、仏教窟として最後期の窟で、ストウパーの前に説教する仏陀の像があり有名である。

 

エローラ石窟寺院 初期石窟・仏教窟ゲート

 

エローラ石窟寺院 初期石窟・仏教窟の前で

 

エローラ石窟寺院10窟 ストウパーを背後に鎮座する仏陀

 

石窟寺院のゲートに施された芸術的な仏像群

          

          

<中期エローラ石窟・ヒンズー教窟>  13~29窟(9世紀・カイラーサナーター寺院)

ヒンズー教石窟は、7世紀ごろからすでにその技術的、美術的特徴を備えた石窟が造られ始めていた。 仏教窟の横穴方式から、ヒンズー教窟は竪穴方式で、地上から地底に向かって堀進んでいる。

特に、16窟は、カイラーサー寺院/Kailasa Templeと呼ばれ、エローラ石窟寺院を代表する窟である。 ここにある巨大彫刻は、シバ神が棲むと言われるカイラス山(須弥山)をイメージして彫られているという。

カイラーサ寺院の大きさは、パルテノン神殿の2倍ほどもあること、 また2階層にある中庭は回廊によってつながれているが、その俯瞰するデザインはヒンズーの神々の彫刻を並べ、囲んだ女性器像<ヨーニ>の位置付であり、中庭に立つ塔頭をリンガ(男性器)と見立てなのではないかとガイドは大げさに手を広げて説明した。

 

16窟カイラーサー寺院の回廊で囲まれた中庭(ヨーニ)とその中央に立つ塔頭(リンガ

 

エローラ石窟の精密なヒンズー教の神々

 

彫り抜くのに100年の歳月を要したカイラーサ寺院

 

エローラ石窟寺院 16窟カイラーサー寺院の全景

 

 ほかに、15窟・21窟・29窟に案内されたが、よくもこのような巨大な寺院を岩盤の中にくり抜いて、造ったということである。 そのなかにヒンズーの神々の立像を配したり、川を流したり、窓から地上の光を求めたりと、そのエネルギーの凄まじさに驚嘆させられた。

 

29窟デマル・レーナ寺院入口

 

エローラ石窟寺院 の内部 / Ellora Caves・India /Drawing by Sanehisa Goto     Feb 24, 2003

 

 

<後期エローラ石窟・ジャイナ教窟> 30~34窟(10世紀)

ジャイナ教窟は、仏教窟やヒンズー教窟に比べて小規模である。 窟そのものはヒンズー教のカイラーサ寺院を小さくした規模で、同様に外部に神殿が露出している。 32窟の天上には蓮の花が彫刻されている。 また34窟には数多くの神像が彫られ、繊細な天井画も見事である。 その驚きはセイロン島の岩山シギリアの洞窟にあるフレスコ画の天女像に出会ったときと同じ程のインパクトがあった。ただ、各窟との境界がはっきりせず、迷路となっているので注意が必要である。

 

   エローラ石窟寺院 ジャイナー教32窟の蓮の天井彫刻

 

エローラ石窟寺院 ジャイナー教32窟の繊細な天井画

 

エローラ石窟寺院を鑑賞し終えて記念写真

 

 

<インドの田舎家庭に招かれて>

エローラ石窟寺院に圧倒された3人は、リクシャーで案内してくれたパオ氏の自宅へ招待され、ミルクティーとパイの接待を受けた。

インド人家庭を訪問するという貴重な時間をもった。

 ワンルームの家に、神棚、台所、食卓セット、食器棚、本棚、ダブルべット、物置、食糧庫が配置されている。 夫婦(リクシャ―経営・養蚕糸紡ぎ)・三姉妹(医学生・絵画研究生・音楽研究生)・息子(高校生)の6人で住んでいる。

この一軒家は借家とのこと。 壁にある神棚にはヒンズーの神様が、所狭しと鎮座しておられる。まず、家族構成から見て家の狭さに驚かされた。 無駄なものは何一つなく、テレビや電話もない。清貧のなか、子供たちにはきちんと教育を受けさせていることに感銘を受けた。

何といっても家族全員が満ち足り、自信にあふれた笑顔である。 素敵な家族に出会ったことに感謝した。

 

エローラ石窟寺院にリクシャーを走らせてくれたパオさんの自宅に招待され、家族の歓待を受ける

 

 

 

 

《アジャンダー石窟仏跡 29窟》 アウランガバード基点ー (バスで約3時間/104km)

 

パオさん宅で、ミルクティーをご馳走になったあと、アウランガバードにいったん戻り、ガイド無しでは入場できないアジャンダー石窟にはツアーバスに乗ることにした。

アジャンダー石窟バスツアーは、グループで初期仏教の繁栄を石窟鑑賞する。 ツアー代は、石窟入場料186Rs含めて275Rsである。

まず驚くが、インド中央部を流れるワグハー川の広大な渓谷の岩壁を、1000年もかけて掘り、彫ったことである。 そして何故それから1000年以上も人知れずジャングルに埋もれ、廃墟となっていたのであろうか。

 

ワグハー川の岸壁に掘られたアジャンダー石窟寺院の全景(ゲートにある案内板の写真より)

 

アジャンダー石窟寺院の入口(ゲートにある案内板の写真より)

 

               

アジャンダー石窟寺院の全貌をゲートより望む

 

紀元前2世紀ごろよりここアジャンダーに住みついた修行僧たちは小乗仏教期の8窟から13窟を堀り、仏陀の姿を直接表現することなく、ストウーパ(仏塔)や菩提樹で表現していた。

その僧たちが、1世紀ごろには全員姿を消し、アジャンダーの石窟は放棄されたという。その後、4世紀に再び僧たちが修行をはじめたが、この期は大乗仏教の時代であり、仏陀が仏像として表現されている。

当時の仏教美術の最高傑作と言われるアジャンダー1窟にある蓮華手観音菩薩像はじめ、有名な壁画のほとんどは、この期に描かれている。

8世紀に入って、仏教が衰退していくとともに、修行僧もいなくなり、アジャンダー石窟は1000年もの長きにわたってジャングルに覆われることになる。

 

 

アジャンダー石窟寺院群の配置図

 

壮観なアジャンダー石窟寺院群

 

そして、これらの石窟がジャングル化し、1000年後の1819年になってスミス大尉率いる英国騎兵隊に発見され、その後修復が進み、現在の姿にもどっている。

 アジャンダー石窟から仏教徒が去った時点で、仏教は形ばかりの少数派となり、仏教の教えはネパール、チベット、中国を通って日本へ去りつつあった。

アジャンダー1窟にある蓮華手観音菩薩像は、仏教東進の象徴ともいえる奈良法隆寺金堂の観音菩薩像や法隆寺金堂壁画の百済菩薩のルーツと言われている。

 

 

有名なアジャンダー1窟蓮華手観音菩薩

 

 

法隆寺金堂壁画の百済菩薩            法隆寺金堂の観音菩薩

 

 

 <アジャンダー石窟でマントラを唱える>

《オンアベローシャノ マカボダラ マニハンドーマ ジンバラ ハラベリターヤウン マニハンドーマジン   バラ ハラベリターヤウン》

真言密教マントラ真言)がアジャンダーの石窟に響き渡り、宇宙との交流が始まる。 石窟は反響し、まるでオーケストラのクライマックス迎えたカーネーギホールに変身、同伴のカルロスとレイチェルのアンコールに応え熱唱する。

素晴らしいアジャンダー石窟ホールでのマントラ独唱会をもった。

朽ち果てた洞窟で、仏陀は涅槃に入り、臥しておられる。 最後に般若心経を唱して、釈迦涅槃と挨拶を交わした。

 

               

アジャンダー石窟寺院 26窟 釈迦涅槃像

 

アジャンダー26石窟でマントラを唱える

 

▼2/24 Aurangabad Youth Hostel @200Rs.

 

 

■2月25日 アジャンダー石窟寺院 2日目

 

紀元前2世紀頃より喧騒を避けて修行を続けられるように、ここアジャンダーの渓谷に住みつき、石窟僧院(ビハーラ)と唐院(チャイティア)を彫り始めたことがここアジャンダー石窟寺院の始まり

である。

ここアジャンダーが修行地に選ばれたのは、南北を結ぶ交易路の中継地アウランガバードに近く、食料や物資の調達が容易であったことと、交易路から程よく離れた渓谷地で、修行や瞑想に適した環境であったからだと思われる。

 

アジャンダー石窟は半日の駆け足巡りとなってしまったので、二日目もアジャンダーに出かけ、ドローイングやスケッチに時間をかけ、ゆっくりと石窟壁画を楽しんだ。

 

約100年かけて断崖の岩窟を手掘りし、一大石窟寺院を造ったというから驚きである

 

アジャンダー石窟寺院入口で暑さを避けて、みな休憩中

 

アジャンダー石窟寺院の入口でのスケッチ中、中学生たちに囲まれる

 

アジャンダー石窟 / Ajanta Caves・India /Drawing by Sanehisa Goto    Feb 25, 2003

 

アジャンダー石窟壁画  /Ajanta Caves Wall Painting Ⅰ  /Drawing by Sanehisa Goto    Feb. 25, 2003

 

アジャンダー石窟壁画  /Ajanta Caves Wall Painting Ⅱ  /Drawing by Sanehisa Goto    Feb. 25, 2003

 

アジャンダー石窟壁画  /Ajanta Caves Wall Painting Ⅲ  / Drawing by Sanehisa Goto     Feb. 25, 2003

 

アジャンダー石窟 涅槃像  /Ajanta Caves Reclining Buddha  / Sketching by Sanehisa Goto   Feb. 25, 2003

 

アジャンダー石窟寺院群全景  / Ajanta Caves, India  / Sketching by Sanehisa Goto     Feb 25, 2003

 

アジャンダー石窟寺院でビルマの修行僧や日本からの女子大生と

 

アジャンダー石窟寺院で、2日間行動を共にしたカルロスとレイチェルと

 

 インド・アジャンダ石窟の菩薩画 と セイロン・シギリア岩窟の美人画は、両方ともインド亜大陸位置し、共に5世紀に描かれており、 両洞窟画に共通の美意識を感じた。

 

アジャンダー石窟寺院 1窟の蓮華手菩薩(インド)

 

  シギリアのフレスコによる美人壁画(セイロン)

 

<インドにおける仏教の歴史と衰退>

この2日間、石窟寺院群に圧倒されるとともに、宗教の栄枯盛衰を目の当たりにして歴史に学ぶことの大切さを知った。

人間に秘められた無限のロマンと、情熱と、信仰の強さが岸壁に寺院を堀り、仏像を彫ったことを思うだけで、その真摯な人間の持つ魅力に触れたような気にさせられた。

仏教が生まれた地インドにおける仏教の精神性の奥深さに触れるとともに、なぜインドに仏教が根付かなかったのかという疑問もわきあがったものである。

2600年前、悟りを啓かれた仏陀であるお釈迦様がインドで布教され、アショカ王の帰依のもと仏教は一気に広がる。その後、1世紀ごろクシャナ朝のクニシカ王によっても多くの人々に仏教は広まって行った。

しかし、320年頃、グプタ朝が興り、北インドを統一、身分制を固定する施策をとるため、それまで衰退していたバラモン教を国教とする。 その後バラモン教は、民衆の間に根強かったヒンズー教を融合して勢力を拡大していく。

しかし、この3世紀頃(399~416)、中国の三蔵法師や法顕がグプタ朝を訪れているし、法隆寺金堂の百済観音像や観音菩薩像に影響を与えたアジャンダー1窟蓮華手観音菩薩像もこのグプタ朝に描かれているので、バラモン教が国教に定められてもまだ仏教が衰退していなかったと云える。

しかし、6世紀に侵入したイラン系遊牧民国家エフタルによってグプタ朝は滅亡し、その指導者ミフクラがシバ神を信仰しており、仏教を徹底的に破壊してしまう。

それまでがインド仏教の最盛期と言われ、それ以降インドにおける仏教は、衰退の一途をたどって、中国、日本へと東進を続ける。

10世紀に入ってきたイスラム教によってインドにおける仏教は壊滅的なダメージを受けることとなった。12世紀に入ってビラマシラー寺がイスラム教徒によって破壊され(1203年)、インドの仏教は壊滅したと言われている。

インド仏教の最後を見届けたようなわびしさを味わいながら、エローラ石窟寺院とアジャンダー石窟寺院という仏教遺産をわが目で確かめた満足感を秘めて、この素晴らし歴史的世界遺産を後にすることにした。

そのお釈迦様(仏陀)の教えが、インドを離れ日本に根付いていることに奇跡を見る思いである。

 

▼2/25 アウランガバード・ユースホステル/Aurangabad Youth Hostel @200Rs.

 

 

■2月26日  アウランガバード➡マンマド➡コルカタ (列車移動)

 

オリオン座が南の空に輝き、銀河鉄道であるインド国鉄アウランガバードを後にして乗継駅Manmad目指してデカン高原を北へ向かって縦断している。 往路は路線バスを使ったが、帰路はSouthernCentralRailroad(Aurangbad➔Manmad)に乗ることにしたのである。

途中まで一緒することになったコロンビアからのカルロスと、イギリスからのレイチェルからは、初めての日本の友から、日本の精神に関する疑問点を聞き出そうと、つぎつぎと設問が突き付けられた。 

知る限りの知識で答えたが、旅をする日本人に対してよくある質問なので取り上げておきたい。

 

1 「仏像はなぜ左指を〇印にして、右指をそえているのか」仏陀が説法している姿を示すハンドサイン又はポーズである

2 「坐禅は、瞑想とどう違うのか」ーどちらも坐っての精神統一の技法。坐禅は、悟りの境地を目指す坐り。瞑想は、こころを沈めて無心になったり、神に祈ったりと、心身の安定を目指す坐り

3 「侘び・寂びのこころとは」 ー日本人の持つ美意識の一つ。 明確な四季があり、中でも梅雨のある日本で見られる閑寂のなかに奥深く、豊かなものを感じられるこころの美しさをいう。

4 「日本の侍はなぜハラキリをしたのか」 ー支配階級であった武士は、出処進退を自分自身で決め、自分を始末する名誉ある行為とされた。武士道の美意識は、命は惜しむものではなく、生かして使い切るものであり、おのれを滅することであり、道のことであり、無のこころという男の美意識とでもいえようか。

5 「仏教は、アジャンダーから日本に移り、どのような姿に変わったのか」 ーアジャンダー石窟に見られる、仏像彫刻はアフガニスタンバーミヤンなどを経て、雲崗の石窟寺院にも影響を与えたあと、6世紀頃には日本に伝えられ、飛鳥時代法隆寺金堂の壁画にアジャンダー様式(グプタ様式)の影響を見ることができる。

 

車中での汗かきディベート(討論)に時間のたつのも忘れてしまっていたが、Manmadには、40分遅れで到着した。乗継ぎのムンバイ発コルカタ行夜行列車は、夜中2時にManmadに到着するとのこと。他のインド人乗客にならってプラットホームにマットを敷き、仲良く横になって仮眠をとる。その横を、あの神聖なお牛様が、のっそのっそと闊歩して、人間様を横にらみ。

ああここはインドなのだ。

 

 <インドでの値段交渉について>

先でも述べたが、インドで列車を予約して席を確保していても、なんのそのそこにはすでに見知らない乗客が座っているからこちらはただただ困惑し、先客にどいてもらうための交渉が始まるから、予約席を確保するのに大変な労力が必要になってくる。

夜行列車では、予約席だけではない、通路にも、トイレ前にも寝そべる者があり、移動だけでも骨が折れのだが、トイレとなると想像を絶する状況でトライすることになる。

ここManmad駅では、仲良くなったポーターにリュックを運んでもらい、先客を追い払ってもらってから着席する戦術をとった。 ポーター君の方もしたたかで、ポーター料にプラスして請求してくるのでくるから、やはりインド商人は手ごわい。

 インドでは、物を売り買いするときに、倍以上を吹っ掛けてくると思って間違いない、その心づもりでネゴをすると、腹も立たないのである。 半値を相手に伝え、その場を立ち去ってみるとよい。必ずこちらの言い値になることがほとんどである。 インド人んも一種のゲーム感覚で商売をしていることがわかる。

 最近は、インド商人とのネゴにも慣れ、インドの物価や値段もわかってきたので、こちらから値段を提示し、売るかやめるかを聞くことにしている。 たいていの場合、もう少しくれという顔をする。こうなればこちらのペースで取引できるのであり、不愉快な思いをせず、ハッピーになれるわけである。

少しは相手にももうけさせてやらないと後味の悪い別れ方になってしまうので、20%ほどのチップを渡すか、楽しい売り買いであった場合や、相手の紳士的な売買には50%を積み増して手渡すことにしている。 こちらも気持ちがいいのと、相手も笑顔が感謝に変わり、とてもさわやかな気持ちで別れられるのである。 

 

▼2/26  車中泊

 

 

■2月27~28日  マンマドよりコルカタに向かう列車で

 

カルカッタ行夜行列車#2122号は、Manmad駅を夜中2時半に出発し、車内灯がすぐ消されたが、車窓から西南の方向にオリオン座を発見し、しばし交信する。

<われいま、インド星におりて、貴星の追跡に感謝す。>

<貴公の交信に感謝。 こちらオリオン座中央宇宙放送局。 星の巡礼下にある貴公からのレポート受信を確認す。>

<ラジャ―、帰還の日時はおって連絡す。 『星の巡礼』継続するを確認す>

<ラジャ―、貴公の無事なる帰還を待つ>

 

2003/02/26-27 00:32 Manmad night sky 列車乗継駅マンマドの星空

 

 

<キューリを食す>

列車内は京都の錦小路のようにあらゆるものが売られている。

頭にのせた籠には野菜が、肩にかけた布袋にはオモチャが、それはもう朝市である。

6歳ぐらいの男の子が、30本ほどのキューリを売り歩いているが誰も声をかけない。 狭い車内を往復すること数回、とうとう男の子の悲し気な目と出会った。 <おじさん、僕の家でとれたキューカンバ、とってもおいしいよ>とその目は訴えている。

どうも他の乗客は、汚れた胡瓜には手を出さないようである。 こちらは果物ナイフを持っているので問題はないので、少年に1本いくらか聞いてみたら、4Rs.(12円)だという。長さにして20cmもあろうか、巨大な胡瓜である。 1本で十分なので10Rs.を出したら、また少年は悲しげに<おじさん、僕お釣り持ってないんだ>と訴えている。少年は、巨大キュウリ3本を差し出し、これでと哀願している。

わたしは少年の家族をおもうハートの美しさに心打たれ10Rs.を渡し、1本の胡瓜を手にした。もちろんキュウリさんたちからも<ありがとう、僕たちを買ってくれて、捨てられずに済みました>と言われているような気がした。

今朝も、素敵な星の王子様と、キュウリさんとの出会いがあった。 爽やかな列車の朝である。

 

<ちびっこ大道芸人

列車内に突如として太古の軽やかなリズムが鳴り響き、4~5歳ぐらいのチビッ子たちが顔にドーランを塗り、口に真赤な紅を大きくぬり、眉をことさら恐ろしく画き、股の間をくぐりぬけたり、体より細い輪を頭から入れて足で抜いたり、後宙がえりの技を見事に披露、乗客の拍手を浴びている。

チビッ子たちは、神から一つの技を与えられたのである。その技をチビッ子たちは、恥ずかしがることなくプロとして堂々と披露し、喜捨を願っている。人はみな、大道芸人である。

神は、一人一人に大道の芸を与えておられるのだ。与えられた技を生かして、人は幸せを呼ぶ努力をする。自信をもって与えられた技を生かし、他人にも幸せを分かち合いたいと願う。自分に与えられた役割を知れば、技はさらに磨かれる。

神の思惑に、深い感謝で応えることが、人の道であり、人の生きがいであり、人に生まれた役割であるといえよう。笑顔を浮かべ、与えられた技を、人に伝え、満足するチビッ子たちを見ていると自分までが幸せに満たされたものである。

 

<インド人の目>

聡明な目、智に満たされた目、神々のやどる目、宇宙を見据えた目、何物も恐れない目、インド人の目を見ているとみな聖者、バラモンの僧侶のように見えて来る。それほどインド人の目は、内なるものを見据える目にみえる。

しかし、見開いた眼ではない。 どちらかと言えば、半眼の仏陀の目のように内なるものを見つめる目である。遠くに夢を馳せる目ではなく、身近の生活をあきらめた、いや達観したような眼と言えそうだ。

 

<三等寝台列車の騒音>

2等の寝台車の各コンパートメントは、8個のベッドで成立ち、向かい合って上中下段の6ベッドと、通路を隔てて上下段の2ベッドである。わたしは好んで最上段を指定することはすでに述べた。

しかし、この列車には一つのコンパートメンに、3個の天井扇があり、1車両に15コンパートメント、計45個の天井扇がまるで町工場の騒音のように唸りをあげて、睡眠を妨害するのである。 また、話し声も通じず、みなボリュウムを上げて話すことになり、車内は大変な騒々しさである。

エアコンの寝台車両であれば、すべて解決するのであろうが、バックパッカーとしてその訪問国の庶民の生活に直接触れたいという願いの方がどうしても勝るのである。

 

銀河鉄道 インド庶民号>

インドの列車は、いつも避難民列車の観を呈する。

ひとつの寝台(ベッド)に一家4人が折り重ねって寝たり、通路にも寝ころんでいる情景は、幼い頃朝鮮半島から日本へ引き上げる直前に、体験した朝鮮戦争勃発時のソウルから釜山への避難民列車の混雑を思い出したのである。

当時は、車両に約3~4倍の避難民が詰め込まれ、通路や長椅子の下にはびっしりと荷物が置かれ、人はその上に折り重なって積み込まれた。 トイレにも行けず、空き缶に入れて窓側の人に捨ててもらった記憶がある。

 

わたしの夢みる銀河鉄道は、いま地球星インド村を駈けている。さらばインドよ、また来る日まで・・・

 

 

ブッダガヤ近郊ビハールの農村風景 (列車窓より) Rural landscape of Bihar near Bodh Gaya

Water Painting by Sanehisa Goto    Feb.27  2003

 

▼2/27  列車泊

 

 

■2月28日  コルカタ市内散策

土産購入-お香・散髪・モモ定食・民族庶民服仕入・パッキング

コルカタ 23:50発シンガポール 06:25着(乗継) #SQ415 Singapore Air 

 

■3月1日   シンガポール市内散策後帰国

シンガポール 3/2  01:10発 #SQ989  関西国際空港 08:10着/ 帰宅

 

星の巡礼 インドの旅を終えて>

インドは、12億近い人口を抱え、カースト制による社会秩序を保ちながら、民主主義の政治信条を掲げる大国になりつつある。

また、混沌な世界にありながら、世界一の市場と頭脳輸出を目指すとともに、全方位という外交システムによる世界平和を確立する中核大国にもなりつつある。

これからの世界は、インドを無視できなくなるであろう。

 

このインド旅では、古き良き時代である混沌としたインドに触れられたことを喜んでいる。

 

《ガンガーに 祈りてわれを 来世の   解脱求めて  沈めてみたり》  實久



星の巡礼 インドの旅』 を始めるにあたって、次のように述べている。

 <わたしはどこから来て、どこへ行くのか>

<わたしはなぜ今、この境遇で、ここにいるのか>

  ヒンズーの世界、インドを旅するにあたって人生の命題が頭をかすめた。

  そこは輪廻転生、解脱を信じる真剣な祈りと、カースト制度による宗教実践の国だからである。

  このインドの旅で、おのれの死生観を眺めてみたい。

  

 

2003『星の巡礼 インドの旅』 を終えて随分と歳月が過ぎ、後期高齢という人生の最終章を迎え、今一度、人生を  評価しておくのもいい時期に入った。

人生という<星の巡礼>を終え、わが星に帰還する、いや天に召される日が近づくにつれ、平安と愛に満ちた最終章に満足し、感謝の日々である。

 浮き草のように、この星を放浪し、いろいろな体験をさせてもらったこと、なんと素晴らしい出会いがあったか、すべてに感謝したい。

 

感謝合掌

 

 

 

星の巡礼 インドの旅』

 

インパール作戦インパール南道 戦跡慰霊の旅>

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/06/25/111247

 

 <バラナシ・ガンガー 沐浴巡礼の旅>

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/09/090642

 

 <エローラおよびアジャンダー 石窟寺院巡礼の旅>

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/23/085134

 

後藤實久記

2022

 

 

--------------------------ーーーーーーーーーーー

<参考資料>





----------------------------------------------------------------------------------------------
<関連ブログ>

2003『星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/06/25/111247

 

星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』 1944年3月8日、インパール作戦開始の地、ビルマ(現ミヤンマー)のカレーミョウから旧日本軍第15軍団の3師団<弓第33師団・祭第15師団・烈第31師団>は、インパール攻略の火ぶたを切った。 その72年後の2016年3月…

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

2003 《星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/09/090642 

 

星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》 <わたしはどこから来て、どこへ行くのか> <わたしはなぜ今、この境遇で、ここにいるのか> ヒンズーの世界、インドを旅するにあたって人生の命題が頭をかすめた。 そこは輪廻転生、解脱を信じる真剣な祈りと…

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2003《星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/07/23/085134

 

星の巡礼 エローラ・アジャンダー 石窟寺院の旅》 インド ■2月22日 バラナシよりアウランガバードに向かう <デカン高原を走る> バラナシ駅2/22 11:30発➡マンマド/Manmad2/23 08:40着 (往路寝台列車Train#1094Mahanagari Exp. 385Rs. ) マンマド/Manma…




 







 














 





 
                 




  

  

 

 

■ 2003 《星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》 

星の巡礼 バラナシ・ガンガー沐浴巡礼の旅》

 

 

 

<わたしはどこから来て、どこへ行くのか>

<わたしはなぜ今、この境遇で、ここにいるのか>

ヒンズーの世界、インドを旅するにあたって人生の命題が頭をかすめた。

そこは輪廻転生、解脱を信じる真剣な祈りと、カースト制度による宗教実践の国インドだからである。

 

まずは、バラナシへ向かうことにする。

 

この旅に出発する直前の2003年2月1日(日本時間)、ミッションを終え地球への帰還途上のスペースシャトル「コロンビア号」が、大気圏への再突入の際、空中分解しインド女性一人を含む宇宙飛行士7人全員が死亡、肉体が消滅し、霊魂は神のもとに召された。

 

この旅で、輪廻転生を信じるインドの人々の死生観に触れることが出来るであろうか。

 

今回のインドの旅の目的は:

  A <インパール作戦インパール南道 戦跡慰霊の旅>であり、

    (バラナシに向かう前に、インパール南道訪問をすでに終えている)

     https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/06/25/111247    


       B    今回の<バラナシ・ガンガー 沐浴巡礼の旅>と続き、

 

       C    最後に<エローラおよびアジャンダー石窟寺院巡礼の旅>で,

      終えることにしている。

 

 

                          Friends Guest House の屋上からガンガーを眺望 (バラナシ・インド)

 

                    インド 星の巡礼ルート

  <A. インパール南道戦跡慰霊➡B.バラナシ/ガンガー沐浴巡礼➡C.エローラ/アジャンダー石窟寺院巡礼>
 

 

 

《ヒンズーの世界 インドへの旅へ》

 

■2月7日 出発の朝 志賀の里 

 

インドへの出発の早朝、零下5度、比良の蓬莱山頂に輝いていた星たちが姿を消し、鈴鹿山系に明けの明星が美しく輝き、東の空は、まさに紅色に変わりつつある。

 

志賀の里のニワトリの鳴き声と共に、村に灯りの点く様は、宇宙に朝露が輝き、命が満ちていくような感動を覚える。

地球総人口64億人(2003年当時)に占めるインドの人口は11億人、中国の13億人に次ぐ人口大国である。

おのれが64億個分の一つの星、小宇宙と思うだけで、今を生きる生命体として覚醒させられるのである。

今まさに銀河鉄道に乗ってインドという大宇宙に飛び立つと想像するだけで、すでに夢の中にある。

 

関西空港行き特急<はるか>は、南に向かい小宇宙である私を運んでいる。

小宇宙であるわたしは、大宇宙であるインドに何を求めるのか。 

大宇宙との出会いが楽しみである。

大宇宙インドにひそむ<梵字密教の神秘>、<輪廻転生の世界観>、<解脱の願望>、<牛の神聖観>と、尽きることのない<異次元の死生観>など、まるで別なる精神世界であり、興味の尽きない大宇宙インドである。

何がゆえに小宇宙は自己の存在を確かめたいのか・・・

宇宙に存在するとは、木立の間を吹き抜けるそよ風のようなものではないだろうか。

優雅な達観、そこに流れる水のような存在、尽きることのない魂の揺らぎと言ってもいいのかも知れない。

 

関西国際空港からシンガポールを経由し、インド・カルカッタに向かうのは、銀河鉄道に代わり、シンガポール航空の最新鋭ボーイング777-200/JUBILEEである。

隣席の老夫妻は、シンガポール港発着の世界一周のクルージング(船旅)参加のため向かっておられるという。

インド・インパールに立寄り、戦跡を訪ねる計画だとのこちらの話には、

「当時、12歳で少年航空隊員になったばかりで、その凄惨なインパール作戦の無謀さを聞いています」と、ワインをかたむけながら、しずかに少年兵の戦争体験を語られた。

 

<ボンボヤージ/素晴らしい船旅を!>と、老夫妻とシンガポールで別れ、

シンガポール航空#SQ416便に乗り継いで、1時間30分のフライトでカルカッタコルカタ)に到着した。

 

この便には、<マザー・テレサ愛の奉仕団>の尼さん一行が同乗、質素な身なりにいつも感銘を受けるものだ。 マザー・テレサの<死を待つ人の家>はじめ各施設の本部<マザー・ハウス>は、カルカッタコルカタ)にある。

 

 

             マザー テレサ                 <死を待つ人の家>

                 (kolkotabenglinfo.com提供)

 

飛行機とは、一つのコミュニティーを短時間で別のコミュニティに運んでくれる便利な乗り物である。 行き先変われば、人種も、言葉も、食事も変わるから飽きることなく、愉快である。

大阪発のシンガポール航空は、ほとんど全員が日本人であり、外国人を見つけるのが困るほどである。 もちろん日本食がサービスされ、機内アナウンスも日本語である。

それがである、乗継のシンガポールからは、日本人はこちら一人ぐらいで、大多数は同じくオリエンタル・フェイスだがシンガポールの言葉を話す華僑たちと、彫が深く眼光鋭いターバン姿に王様髭をはやしたアーリア系のインド人たちにとってかわられるのだから面白い。

 

カルカッタ(カルコタ)経由、列車で第一目的地であるインパールに直接向かうつもりであったが、カルカッタの街の様子に惹かれて、すこしヒンズーの生活に溶け込んで、現代のインドを観察することにした。

 

カルカッタ・サルベーション・アーミGHに泊る>

カルカッタに遅くに着いたため、タクシーに乗り、救世軍経営の<サルベーション・アーミ・ゲストハウス>に連れて行ってもらった。 格安のため旅慣れた西欧人や、バックパッカーに人気がある。

パキスタンバングラデッシュ、インドを旅行して驚かされるのだが、美しい西欧の女子学生たちがゴミダメと言って失礼なゲストハウス(格安宿泊所)で、嬉々として楽しんでいる姿に出会うことは実に愉快である。

ここでも汚れ切ったトイレを数人の女子学生が奉仕清掃しているではないか、すばらしい光景である。

 

                                    日本からの<マザー・テレサ愛の奉仕団>の青年たちと共に

                                         カルカッタ・サルベーション・アーミGHで(帰国時)

 

部屋には、ダブルベッド、椅子、テレビ、天井扇、トイレが付いている。

天井扇は、熱帯夜が続くカルカッタでは必需品である。 また、テレビは、英国のBBCの国際ニュースがみられるからである。

この時期、アメリカは2番目に高いテロ警戒を市民に呼び掛けていた。 アルカイダによる高層ビルをターゲットとした攻撃の恐れがあると、BBCが報じていたからである。

2001年9月11日のニューヨーク・マンハッタンにある貿易センタービル(ツイン・タワービル)が

アルカイダの攻撃により崩壊した事件が頭によぎった。

事件当時、こちらはウラジオストックからモスクワに向かうシベリア横断鉄道に乗っていた。

同じコンパートメントに同乗していた旧ソビエト連邦赤軍の情報上級将校(日本軍担当)であったウクライナキエフ出身の老婦人、ベテラン・コムレッド(同志)ルドミーラ女史から、ロシアの新聞に載っている、ハイジャックされた飛行機が突っ込み、煙が吹きあがっている写真を見せられ、恐怖心に襲われたことをはっきりと記憶している。

 

                                 

                                          9:11テロ・ツインタワー攻撃

                                                       (モスクワの新聞より)

     

              9:11当時シベリア横断列車乗車中

              同室のウクライナ人  ルドミーラ女史と

 

 

<少年に見るヒンズーの商人魂>

カルカッタの街を歩いていて、5歳ぐらいの裸足の男の子が路上でバナナを売っていたので、5Rs.ほど売ってくれと言ったら、少年はきちんと暗算し、バナナの本数を数えて渡してくれたのには驚かされたものである。

さらに、少年は1本おまけしておくと、インド商人の持つ潜在的商才を見せたのである。

 

           

 

インド商人の特徴を、清好延著「インド商人ならこう考えます」で次のように述べている。

インド商人は、ヒンズーイズムによる商人魂のもと、金儲けに徹し、目的達成に対し手段を選ばないという。 徹底した契約社会のもと、ビジネスの約束は必ず守り、良いものなら率直に受け入れる柔軟さがあると。 

絶対に謝らないビジネススタイルは、百戦錬磨のインド式交渉術にあると説いている。

また、勝算の無いビジネスには手を出さない事や、金儲けにこだわる驚異の執着心に、インド商人の心髄があるという。 

徹底した能力主義、卓越した情報収集力、21世紀のグローバル社会はインド抜きで成り立たないことを教えてもいる。

 

2003年当時、現在のアメリカはじめ多くのIT企業が、インド系エンジニアをCEOに迎えるであろうことを誰が予想したであろうか。 グーグルのCEO であるSunda Pichai氏や、マイクロソフトのCEO、サティア ナデラ氏がいる。

 

<鼻をかんだらティシュが真黒>

車の排ガスのものすごいこと、どことなくエジプトのカイロに似ている。

前回のインド訪問は、神聖な牛が優雅に歩く、静かなデリーの郊外だったが、今回は歴史残り、ホコリにまみれたカルカッタの真中に滞在している。

美しい植民地時代のコロニアルな街並みは、薄汚れ、車も市電も、バスも人間までも埃に薄汚れており、その混沌とした自然と人間のコラボから生まれた風景こそが、インドそのものである。

 

<インド経済  ポーターとの会話>

カルカッタ駅でインパールやバラナシへの鉄路(路線図)、時刻表を調べていると、側に黙って座って、語りかけてくるものがいた。

―今、世界は経済破綻をきたしているが、日本の経済状況はどうだね。

―インド経済は、ほかの国と比べたら順調なようだね。

(2003年春、イラク戦争終結し、ようやく世界経済は這い上がろうとしていた)

と答えると、待っていたとばかり、

―インドは活気があるだろう。

と語ったカルカッタ駅で荷運びをするポーターであったことが、とても印象的であった。

 

           

                コルコタ駅のポーターたち

 

GNPの4.4%はともかく、この国インド第二の都市であるカルカッタがこのように無秩序で、ゴミの山に囲まれているのを見ると、経済成長を語っていること自体、何かおかしさが込み上げて来たものであるが、そこには底知れない成長のマグマが渦巻いているように感じた。

この国の経済成長の痕跡は、どこに表われて来ているのだろうか。

この旅の間に、この国の実像に迫ることが出来ることを楽しみにしたい。

 

 

             カルカッタのマーケットでインド伝統服を購入

 

 

<人口から見るインドの将来性>

インドは、2021年現在、人口約13.80億人を有し、中国の14.39億人をここ数年中に抜き去り世界最大の人口大国を100年間は維持すると言われ、消費市場として有望視されている。

これに反して日本の人口は1.26億人(2021・11位)から7500万人(2100・36位)に人口減少し、国力を維持できなく成ると言われているから、インドの隆盛に対し、日本の成熟から衰退の世紀が始まったと云っても過言ではない。

 

      

              ガンガーに集まった巡礼者たち tabikobo.com

 

 

地政学的にみるインドの全方位外交>

地政学的にみれば、インドもまた世界の中心にあり、経済優先を掲げ、多国間主義というべき全方位外交を独立以来貫き通している。

ただ宗教上の理由で分離独立した国境を接するイスラム教国パキスタンは、中国が後押しする核保有国であり、敵対関係にある。

もちろん中国との国境紛争もあるが、ロシアとの友好関係により中国をけん制できており、中国の政治体制が変わり、覇権主義を破棄すれば、経済面での交流が優先され、安定した両国関係が生まれ、世界最大の市場が生まれることになると予想されている。

 

 

<昼食  インドカレーを食す>

インドに来ると、本場の野菜カレーを必ず食べることにしている。

インドにいるという実感が味わえること、世界一美味い日本のカレーの中で日常を送れる感謝の気持ちを確認するためである。

長細く、パラパラのインド米に、味が薄くスパイシーのパンチの効いた野菜カレースープを混ぜて右の指3本で器用に絡ませ、口に運ぶのである。

これこそインドカレーの醍醐味である。

スパイシーの辛さが口中に残る、この刺激こそ脳の回転を良くしてくれる気がするのだ。

塩分を抑えたインドカレーに、今回もさらなる適量の塩を振りかけるが、もちろん店主やウエイターに気づかれないようにである。

―How’s taste?

―Very good!

堂に入ったインドカレー愛好家である。

 

      最初から手づかみカレーはさすが無理、途中から体験手づかみに

 

 

ヒンズー教とは>

ヒンズー教は、バラモン教より聖典や、カースト(ヴァルナ・身分)制度を引継ぎ、土着の神々(多神教)や、輪廻転生・解脱をねがうガンジス川崇拝の方法を吸収した伝統的民族宗教である。

 

多神教という土着の無数の神々のなか、<創造の神・ブラフマー>・<維持の神・ヴィシュヌ>・<破壊の神・シヴァ>を三大神といい、ブラフマーが創造した世界を、ヴィシュヌが繁栄させ維持し、間違った方向へ世界が進めばシヴァが破壊するという。 

ヒンズー教では、世界はこの<創造・維持・破壊>のサイクルで回っていると説いている。

 

           街角のいたるところにヒンズー教の神々の祠がある

 

 

カースト/ヴァルナ/身分制度

カースト(ヴァルナ・身分)制度は、バラモン(司祭)・クシャトリヤ(王族・武士)・ヴァイシャ(一般市民)・シュードラ(奴隷)の4つの身分に分かれる。 この他に制度に入らない人間以下とされるアチュート(不可触民)が存在する。

カースト/ヴァルナ制度は、親から子へ世襲されるもので、生まれた後に努力や善行などで身分を変えることはできないといわれる。

現世の人生で徳を積むと、生まれ変わった時に、より高いカースト/ヴァルナに上がることができるとされているが、カースト(ヴァルナ・身分)は、生まれた後の努力では変えることが出来ないとされる。

 

         

                   アチュート(不可触民)の姿

                      visiomire.com

 

 

<路上に暮らす貧民層>

インドを一人で旅をするときには、沢山の小銭を用意することをおすすめする。

喜捨ドネーション(寄付)・口銭を手渡す相手と、無限と言っていいほど出会うからである。

カルカッタの路上にも、貧しい身なりをした母子や老婆、子供たちが物乞いする姿は傷ましい限りである。 カーストにより身分制が確立し、このカースト制から外れた階層が存在し、それぞれが達観してそれぞれの階層を生きぬいているところに、インドという特殊な人間の坩堝(るつぼ)を見るのである。

インドの貧困率は、1973年の54.9%から、2003年42.0%と改善の兆しにあり、現在の経済成長率からみて、2020年には9%台にまで改善すると言われている。

人口は、2050年までに中国を追い越して世界一になると予想され、貧困の解消も時間の問題である。

インドは市場として、また経済大国としての要素を含んだ最後の大国としての条件を整えつつあることに注目すべきである。

 

 

<インドの都市計画   大英帝国の植民地として>

世界を歩いてみて、英国の植民地であった国々の都市計画が統一規格の下になされていることに驚かされる。

ここカルカッタの街造り(都市計画)も、エジプトのカイロや、ケニアのナイロビと似ているのもうなずける。

ただ、どの都市も広々とした都市計画道路で仕切られているが、町全体は雑然とし、住む人の習慣からかゴミで溢れかえっているから、まだまだ宗主国であった英国の生活水準には追い付いていないということであろう。

ゴミが溢れるのは、なんでも路上に捨てる習慣というか、公共に対する意識の低さにあるといわれ、経済成長と共に国が富めば、改善されていくものと思われる。

 

話は変わるが、宿泊先のカルカッタ・サルベーション・アーミの部屋で荷物を開けて、驚いたことがある。

ペン画用に持参した墨汁のポットが、飛行中の気圧で爆発し、墨が飛び散ってバックパックや衣類に沁みついているではないか。 早く気付いたのが良かったのであろう、水につけて何とかもとに戻すことが出来た。 今後は、ボトル系に液体を入れて飛行機に持ち込まないことにすべき、と反省した。

 

 

■2月9日 カルカッタ(コルコタ)滞在 2日目

 

ここインドはヨガ発祥の地、朝から久しぶりに真向法、柔軟体操、瞑想をおこない心身をほぐした。 カルカッタの路地裏の大樹で鳴く小鳥たちの美しい歌声にこころがなごむ。

テレビからは、インドの民族楽器シタール(Sitar)の奏でる哀愁に満ちたメロディーが魂を揺さぶる。

ここは母なる大地インドなのだ。

その地の気候・風土は様々な人種を生み出してきた。

同じ地球と言いながら、地域において浄土観も、人生観も、宇宙観も異なるのである。 この地でないと味わえない梵の世界、すなわち宇宙があり、空があり、無の世界があるのだから、旅の醍醐味は尽きないといえる。

 

<梵我一如の世界  インド>

自然界の根本原理であるブラフマン(梵)と,人格的な自我の原理であるアートマン(我)との本体が同一無差別であるという世界観、インド哲学の中で,特にウパニシャッドに基づく正統バラモン教の中心思想である。

この宇宙のすべての物は、梵(ブラフマン)から生まれたという思想であり、<梵我一如>すなわち我即宇宙、宇宙即我というヨガの教えの土台をなしている根本原理である。

ここでは日本的な繊細な色彩をほとんど見ることが出来ない。

もしインドに生まれていたら、インド人と同じく梵の死生観にもとづき、梵我一如の世界にどっぷりつかり、時の流れに身を任せていたに違いない。

 

この梵の地に釈迦が誕生し、仏教が育った事を思うと、このインドの地は、哲学的人間を育む気と心とエネルギーが充満しているのであろう。

ユダヤの地に見る、砂漠の気と心とエネルギーがキリストを誕生させたようにである。

また、キリストを信じる貧しき人々に生きる力を与えたマホメットのようにである。

不思議と、貧が人々のこころを洗い清め、生死の意味を与えているといえる。

 

ヒンズーの人々の深遠な目には、死を恐れない平安の光が漂っているように見えるのはわたしだけなのだろうか。 それは、カースト制のもと、貧困から脱却したいという来世を信じる心にありそうである。

ヒンズーの来世はどんなところなのだろうか。

その美しい光に出会えることを祈りたい。

 

        

               梵の世界<ガネーシュ : カーリー寺院>

               The world of 卍 <Ganesh : Kali Temple>

                  Drawing by Sanehisa Goto

                     Feb. 9, 2003

 

 

<破壊と再生の神々>

過去の遺産を食いつぶしたあとに、真心のインドが再生するのであろうか。

街を歩いていると、ヒンズーの神々に導かれて、建設では無く破壊を楽しんでいるような街の様子である。 喧騒の街はうなりを上げ、街路樹は無酸素にあえいでいるように見える。

これもまた、地に還る命の宿命としての諦めと、次なる命の転生、再生への願いであるように見える。

排ガスで真っ黒な街路樹の根元の洞穴にヒンズーの神々が宿り、サイケな赤黄の花輪が飾られ、香がもうもうとたかれ、人々の熱い祈りを一心にあびている光景は、まさに破壊と再生の神々といえる。

 

 

<バリゲートにみる世界情勢 と 青空床屋>

American Culture Centerなど アメリカ関係の建物の前には土嚢が積まれ、インド軍兵士が機関銃を構え、厳戒態勢である。 

アメリカのイラク攻撃の影響が、ここインドの地にも影響を与えているようである。

国家によるテロは、世界を不安な情勢に引きこみ、ここインドも安らかではなさそうである。

 

その物々しい風景とは対照的に、ごみごみした街路の木陰には沢山の床屋というか髭剃り屋がバリカンと髭剃りを手入れしながら、のんびりと客待ちをしている。 のどかにインド髭を整えてもらっているカースト制の上位に位置する男性が目をつぶっている平和な情景は、インド独特な生活習慣を見ている思いである。

 

歩道には転々と牛糞がならび、聖牛がのし歩き、その背にはタキシードをまとったようなカラスが物おじしない態度で人々を平偈している様も、インドにおける梵の世界を覗いているような気がしてならない。

 

デジタル世界から、モノクロ世界にタイムスリップである。

「ようこそ 梵我一如の世界へ」 解脱の瞬間である。

今日は日曜日、英国植民地時代の<Kolkata St. Paul‘s Cathedral>(コルカタセントポールズ大聖堂)で、インドの歴史流転を想いながら、祈祷会に出席した。

 

           

               Pallavi International Hotel Kolkata

 

 

<さばかれる鶏たち>

竹網の大きな半円形の鳥籠に、生きた鶏がぎっしりと詰め込まれ、さばかれ解体される自分の番をじっと待っている。

鬼のように見える人間どもが、鋭いナイフを鮮やかに操りながら、静かに自分たちの内臓を取りだして秤にかけている。

次の番は自分かと羽をバタバタしてその瞬間を待ちながら、恐怖に満ちた目を向けてきた。

死に近づいていることを知った恐怖の表情である。

人間たちの飽くなき食欲を満たすため殺生もまた是とされて、この瞬間を待っているのである。

食欲に愛はまた無力である。

救いは輪廻転生を信じるヒンズー教徒のベジタリアン信仰であろうか。

この人間どもの次なる転生はニワトリ様に決まったような気がしてならなかった。

 

 

<カーリー寺院での一会一期>

この旅へ出発する直前(2003年2月1日)に起こったスペースシャトル・コロンビア号空中分解で死亡した7人の宇宙飛行士の中の一人にインド系アメリカ人女性のカルパナ・チャウラさんがいた。 

彼女はインドの民族衣装サリーが良く似合っていたことを思い出し、ここカーリーで出会う美しいサリーをまとった女性とだぶらせていた。 

街に飾られた写真の中の彼女の澄んだ瞳に、宇宙が漂っいるように見えた。

 

カーリー寺院への途中、木陰でインドの灼熱を避けて一服していると、隣のオヤジさんがチャーはどうかとすすめる、ああ時が止っている、インドという悠久の大地にいるのだ。

 

裸足の聖者・カーリー寺院では、ヒンズー教徒である巡礼者はみな裸足で聖者カーリー神に対面し、バラモンから額にビンディ(赤い印)をつけてもらっている。 コルコタの街中にも多くの<裸足の聖者>が溢れているところを見ると、靴を買えない貧民もまた住みよい街なのかもしれない。

 

カーリー神は、血と殺戮を好む戦いの神である。

ちなみに、カーリーの夫はシバで、破壊と創造の神であるから夫婦して大変な神々である。

 

 

       戦いの神 カーリー神 (インド神様図鑑より) 破壊と創造の神 シバ神

 

カーリー寺院の参拝者、巡礼者の多いことに驚く。

捧げもの、生贄としての羊に刀を入れる所を目にしてしまった。

宗教は、なぜこのような生命を奪って血の祭祀を行うのだろうか。

旧約の時代から脈々と続いている神と民の<血の契約>を見る思いである。

 

        

              弁財天<サラスバディー>・カーリー寺院

                  Benzaiten <Saras Buddy>

                    Drawing by Sanehisa Goto

                     Feb. 9, 2003

 

 

<前世紀の市電に乗る>

もちろん英国統治時代のポンコツ市電、いや古美術的骨董箱物と言っていい。

耐用年数の10倍は酷使されているであろうか、いや愛用されている昔懐かしいチンチン電車である。

垢とホコリにまみれた解体寸前の車体、なぜかここインドの風景にピタリとはまるアンティークであり、時が止った、埋もれた大陸に迷い込んだ錯覚にとらわれたものだ。

電車は1・2等に別れ、2等運賃2.50Rs.を払って乗ってみた。

 

          

                               コルカタ路面電車 

                                                       (nekomask.houkou-onchi.com/提供)

 

なぜかコルコタの地下鉄はガラガラで走っている。 

同じ路線の上に市電やバスが走っており、運賃は半額ほどなので、どうしても割増の地下鉄は敬遠されているようだ。 地下鉄にはテレビも付いており、どうも金持ちが利用する乗り物のようだ。市電やバスは、時間帯によって鈴なりの人々で危険な乗り物になるのである。

 

 

■2月10日 インド銀河鉄道の旅への出立

 

カルカッタ(カルコタ)から、バラナシに出かける前に、<インパール南道 戦跡巡礼>に出かけてきたことは、先のブログですでに紹介した。

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/2022/06/25/111247 

 

インパールへの途中、ダージリン岳鉄道<トイ・トレイン>のスイッチバックを体験するためである。

今しばらく、わたしにとって待望の銀河鉄道である<ダージリン岳鉄道>に立寄っておきたい。

 

 

ダージリン岳鉄道》

カーリー寺院の参拝を終えて、カルカッタ・シールダ/Sealdah駅19:15pm発の寝台列車

#3143<ダージリン・メイル号>の上段のベッドに落ち着いた。

対面のベッドには、韓国釜山からの卒業旅行中の大学生スヘン君がおり、挨拶を交わす。

 

列車ひとつにしても、中国の列車は、ロシアのシベリア横断鉄道のように広軌で、列車内は広くゆったりとしているのに対して、インドの鉄道は英国や日本のようにビジネス優先で人の寝る所を多くとり、ゆとりの空間を圧縮している。 もっと驚いたのは駅停車中でも垂れ流しのトイレが使えたことである。

 

            インド国鉄 カルカッ・シ-ルダ/Sealdah駅で

 

いよいよ、インド国鉄である銀河鉄道に乗り、<星の巡礼 インド>のはじまりである。

まず、標高2134mにある紅茶ダージリングの里に向かう銀河鉄道ダージリング登山列車>のトイ・トレインを乗りに向かうことにする。

 

                   Darjeeling (ダージリング登山列車体験) 

                  ⇑ ⇓

        Kolkata・Sealdah駅 ⇔New Jalpaiguni<⇔Dimapul⇔(by Bus) ⇔Imphal>

 

                               

              インド国鉄銀河鉄道>のシンボル・マーク

 

 

ダージリンに向かう車窓からの風景>

朝が明けてきた。

インドのベンガル平原の朝は、冷気ただよい爽やかである。

寒さを感じるのも当たり前、列車は、コルカタカルカッタ)より真北、ヒマラヤの麓へ向かって走り続けているのである。

国道をサイケデリックなトラック、それもオレンジ色の車体に荷物を満載し、アメンボのように走り回っているさまは、コルカタカルカッタ)で出会ったサイケな神々の車を見ているようである。

 

             

                   サイケなインド・トラック野郎

 

列車も、カルカッタの市電のような時代物であり、ドアーも自動ではなく、手動であり、乗り降りには自分で頑丈なカギを開けなくては降りることも、乗ることも出来ないから注意が必要である。

 

コーヒーを頼むと、列車内というのに炭火の一斗缶にかけた薬缶からコーヒー(10Rs./30円)を注ぎ、砂糖を入れてくれた。

僻地の海外旅行では、煮沸後の牛乳以外は断ることにしている。 この時も生乳であったので、細菌性の腹痛、下痢を恐れて砂糖だけにした。

 

遠くの林は動かず、こちらをずっと眺めている。

時の流れとよく似ていると思う。 時もまた同じく、遠き未来は微動だにもせず、身近の今という時は矢のごとく過ぎ去って行くからである。

一体どこへ向かって急いでいるのだろうか。

ヒンズーという世界も、遠き林のように、深い眠りの中にあって、ただただ動かず、過ぎ去り行くものを静かにながめているような気がした。

だが、インドの人々は運命に逆らわず、現世での循環(輪廻)を受入れるかたわら、来世での解脱を望む人が多いという。

 

前回旅した中国の田園風景は、荒れ地が多く傷ましい気持ちにさせられ、農民の苦しさが胸を締め付けたものである。 ここインドは、整然と田畑が整理され、ほのぼのとさせられ、安心して眺めることが出来た。

老いたカブト虫のようなオンボロなトラックが、道のデコボコに合わせて上下に跳ねながら走っている様に、なにか昔懐かし少年時代を思い出していた。

烏たちも、たるんだ電線に並んで笑っている。

 

線路横で一人の農夫がしゃがんで用を足している平和な朝である。

朝、5時42分 途中駅停車中の<アラハーバード駅/Alababalor Station>での朝の風景である。

 

立寄り地ダージリンへの乗換駅<ジャルパイグリ駅/New Jalpaiguni station>まで、時間がありそうである。 もう少し車窓からのインドの風景を楽しみたい。

 

太陽は万物を呼び覚ます。

川面に映る太陽でさえ、自分自身の姿をうつすのである。

小さな緑の葉っぱでさえ、あくびをしながら背伸びをし、太陽に向かって両手を上げている。

白鷺が長い首を縮め、長い足を延ばしながら飛びかっている。 牛達が草を食んでいる。

村の住人がマフラをして薪割りをしている。

今日という二度と戻らない<一日という一生>が、命あるもの達に与えられているのだ。

 

大きなお尻をむき出しにしながら、太陽を背にして窪地にかがむ男女が車窓から目に飛び込んできた。 恐らく堆肥としての排せつ物を大地に還している夫婦なのであろう。

歴史的にみて人類は、厠(トイレ)を作る習慣が太古よりあったのだが、排せつ物を堆肥として使用した歴史は、日本にも最近まで存在していたことを知っている一人である。

なぜなら、小学生時代、雪合戦の最中、雪に隠れていた堆肥壺に落ちた経験があるからである。

石炭のダルマストーブに洗濯した衣服を乾かし、その香しい匂いに腕白小僧たちからは、鼻をつまんでからかわれたことを列車に揺れながら懐かしく思い出していた。

 

あらたな<一日一生>が太陽と共に始まる喜びにひたりながら、銀河鉄道は乗継駅<ジャルパイグリ駅/New Jalpaiguni Station>に滑り込んだ。

ここよりダージリン岳鉄道であるToy Train(オモチャ列車)に乗換えて、所要7時間かけてスイッチバックを繰り返し、標高2134mのダージリンに向かう。

 

 

ダージリン登山列車 - トイ・トレイン乗車体験記》

 

ジャルパイグリ駅/New Jalpaiguni Station(乗換駅)09:30am発  

Darjiling/ダージリン16:30pm着

 

運賃は、26Rs.に指定席代16Rs.を加え、計42Rs.である。

チケットはジャルパイグリ駅8番ホームで発売され、ダージリン行トイ・トレンは1番ホームから発車した。

 

       出発前のトイ・トレイン乗車 <New Jalpaiguni Station ⇔ Darjiling

 

トイ・トレインは、ロコ蒸気機関車がひっぱり、窓から真っ黒なススが入ってくるのも懐かしい。 垢まみれの英国植民地時代のアンティークであり、西欧からの観光客は喘ぎながらのぼるトイ・トレンを撮影するために列車から飛び降りてはシャッターを押し、また走って列車に飛び乗るという軽業を繰り返している。 

時速は4~10km/h程だろうか、車窓からのインドの山岳生活の原風景もまた素晴らしい。

豚が群れを成して走り回り、小川では真赤なサリーを来た女性たちが足洗いで洗濯をしている。

 

10:10am トイ・トレインは<Siliguri Junction>駅を通過中である。

 

                             

                                                                  インド婦人・INDIAN LADY

                                                                  Drawing by Sanehisa Goto

                     Feb. 10, 2003

 

このトイ・トレインは、1950年代から使われ、世界的に有名なダージリン紅茶を運んだティー・トレイン(紅茶列車)である。 両沿線に、茶畑の絨毯が延々と続くなか、機関車は汽笛を鳴らしながら牛車の踏切横断に注意を促し、煙を客車に送り込んでくる。

 

ダージリンに70㎞の標識を見送り、イングリッシュ・スタイルの駅舎にある<Darjeeling Himarayan Railway Loco water Pointing>(給水塔)を通過した。

いよいよこれから急勾配にかかる。 ロコモティブの力強い息遣いを体感できる。

 

登山鉄道と言えば、アルプスを縦横断するスイス氷河鉄道はじめ、台湾の阿里山森林鉄道、ニュージランドのトランツ・アルパイン鉄道、ペルーのマチュピチュ登山鉄道やカナディアン・ロッキーのスパイラル・トンネル路線ほか、日本では箱根登山鉄道、JR木次線奥出雲、JR豊肥本線阿蘇などのスイッチバックを懐かしく思い出していた。

 

ヒマラヤン鉄道ダージリン路線は、標高2134mに向かって、上って行く。

ロコモティブ・登山列車は力強く、足が地についている安定感があり、何とも頼もしい。

ロコモは勾配を上る時にその真価を発揮してくれる。

もちろん、力尽きてその急勾配をのぼれず、バックしだすことがある。 この世もおしまいかと思う瞬間、止ってくれた時の頼りがいのあること、その安堵感は抜群である。

われわれの登山列車<トイ・トレイン>も、時々故障で止まって修理したり、岩に車体をぶつけたり、先程のバック事件があったりと、山岳アドベンチャーを十分に味あわせてくれた。

時間を気にせず、乗客をも気にせず、あるがままにおのれをコントロールするロコモティブが、どこかやんちゃ坊主に見えてくるから微笑ましい。

 

                             ダージリンに向かう蒸気機関車<トイ・トレイン>故障修繕中

 

                                          ダージリンに向かう蒸気機関車<トイ・トレイン>

                 Steam locomotive heading to Darjeeling <Toy Train>

               Water Painting by Sanehisa Goto

                                                                   Feb.10 2003

 

 

 

                                                   ダージリングは標高2300mの山岳村落である

 

                                    カンチェンジュガ峰 8505mを背にダージリングの紅茶畑 Ⅰ

                                 Darjeeling tea field with Mt.Kangchenjunga peak in the back

                                         Sketched by Sanehisa Goto

                                                                              Feb.10 2003

 

                                  カンチェンジュガ峰 8505mを背にダージリングの紅茶畑 Ⅱ

                                  Darjeeling tea field with Mt.Kangchenjunga peak in the back

                                    Water Painting by Sanehisa Goto

                                                                              Feb.10 2003

 

                                                   茶畑(ダージリング紅茶)続くダージリン

                                         Tea plantation (Darjeeling tea) Continued Darjeeling

                 Water Painting by Sanehisa Goto

                                                                               Feb.10 2003

 

 

■2月11日 ダージリン

 

ロコモティブ(機関車)愛好者として、7時間ものヒマラヤ・カンチェンジュガ山麓スイッチバック3か所にループ1か所という<Himarayan Railway Loco Line>は、夢ではなく現実であるという事実に興奮を抑えられるものではなかった。

 

山岳風景は、2001年に旅したネパールのイラム(紅茶イラム・ティーとして有名)と同じ標高(2300m)で、気候も同じであり、見渡す限りの茶畑が緑の絨毯としてダージリンの丘陵を波立たせていた。

 

私にとっての銀河鉄道<ギャラクシー・スーパー・トレイン>である<ヒマラヤン・トイ・トレイン>は、今まさにヒマラヤの上空を翔け上っているのである。

闇夜の天空に星降る如く、機関車の吐きだす石炭の火の粉が、まるで天の川や流れ星のようである。

なんと素晴らしい宇宙ショーを鑑賞しているのであろうか。

やはりダージリンを目指し、銀河鉄道である<ヒマラヤン・トイ・トレイン>に乗れたことは、鉄路乗車マニアにとっての夢を叶えた瞬間でもあった。

 

           ダージリンのゲストハウス<TOWER VIEW>で休憩

 

興奮冷めやらない体を、ダージリンの<Tower View Guest House  250Rs.>のベットに沈め、うとうとしている間に朝を迎えてしまった。

 

                                               ダージリンで出会った卒業旅行中のY君と


 

 

■2月11日  ダージリン➔ ジャルパイグリ駅/New Jalpaiguni 

 

晴れ渡った天空に雪を頂いた世界第3位のカンチェンジュガ峰(標高8586m)が美しい雄姿を見せてくれている。 写真、スケッチと忙しい朝だ。

カンチェンジュガの雄姿との再会は2001年のネパール・イマル・ゴルゲ村訪問時以来である。

 

『星の巡礼・カンチェンジュガ山麓ゴルゲ村に中村天風師の足跡を訪ねて』①~②

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/13630225

 

最初のカンチェンジュガ峰との対面は、精神世界への誘いであったが、今回は銀河鉄道であるトイ・トレインによるカンチェンジュガ峰への銀河鉄道の旅である。

 

       

               ダージリングよりカンチェンジュガ峰を望む

              View of Kanchenjuga peak from Darjeeling

 

      

              ダージリングからの風景・Darjeeling landscape

 

 

復路は、往路のノンビリイズムから一転、危険極まりない、肝を冷やすようなジェットコースター的オンボロ・バスのの大暴走である。

 

カンチェンジュガ峰の山麓ダージリン、高度2134mから一気にカーブを切りながら下るガタピシ・バスだから、横腹に痛みを感じるほど両手・両足で踏ん張り続けることとなった。

無謀運転なる絶叫ジェットコースターではないか。 

乗客の青ざめた必死な形相のなかにも、体験の喜びを味わう奇声が終点まで続いた。

 

バラナシ訪問に先立って、ここに<インパール南道 戦跡慰霊>と<ダージリング登山列車の旅>を終えることにする。

 


 

■2月17日 ダージリンよりコルカタより戻る

 

インパール南道 戦跡慰霊の旅、ダージリン登山鉄道の旅を終え、約26時間の長距離列車(ディマプールカルカッタ/コルコタ)の旅を同室(コンパートメント)のマニプール舞踊団の皆さんと共に過ごすこととなった。

彼らは、アーリア系でなくビルマ系山岳少数民族の人々であり、2016年に訪問したビルマ(ミヤンマー)のタム村で出会った人々に似ていたのには、驚くとともに、親しみを持った。

(2022年現在、アラカン山脈に分布する山岳少数民族は、長年のミヤンマーからの独立を夢見て山岳ゲリラを展開しているが、近年の軍政による民主化弾圧のため、彼らは民主化闘争の最前線に立たされ、軍部との戦闘に巻き込まれ、本来の独立運動と異なる闘争を続けているようである)

 

                      ディマプールよりカルカッタへの列車にてマニプール舞踊団の皆さんと

 

舞踊団員のうち、月光姫、浄霊妃、ゴアティ妃という<梵の世界>で演ずる役者の皆さんが、熱っぽく<演劇と梵天>について語ってくれた。

 

すべての人の動きは、梵(宇宙)のなかでの役割として、その使命を果たしているという。

役者として神の示されたシナリオに従って、それぞれが自分の役割を演じきらなくてはならないのだ。 いかに苦しくとも、笑顔をもって演じ切ること、それが幸せとして観客に伝達する役者の使命であり、神との契約であるという。 

梵の神の発する<命がけで演ぜよ!> という言葉に、<命がけで生きよ!>という人生のモットーを重ねることが出来る。

                                         

                                   梵天の印―インド古代宗教で世界創造の神として尊崇された神

 

 

<国境の山岳民族の独立悲願>

少し離れたコンパートメントにおられた年配のご婦人が父から聞いた話として、こちらが日本人であることを知ったうえで次のような話をして下さった。

インド・ビルマ国境の北方、インパール近くの山岳地帯にいた彼ら少数民族は、かねてから独立志向が強く、機会があれば独立を望んでいたという。

しかし、英国支配にあったインド・ビルマにはその力はなく、長年山岳民族は帰属先の無い難民のような生活を強いられてきたそうだ。

1944年、日本軍のインパール作戦に備えて英印軍がインパールを要塞化したおり、各山岳民族は

日本軍の侵攻を、独立のチャンス到来ととらえて、日本軍への協力姿勢を表明しようと準備していたという。

しかし、インパール南道の戦跡慰霊でも見たように、激戦はあったが、英印軍の巧妙な引込み作戦により、日本軍は疲弊させられ、自軍からの兵站も絶え、敗退させられている。

情況を見ていた山岳民族は、決起の前にその夢を打ち破られたと、幼い彼女に生前の父は残念であったといつも語ってくれたという。

 

この話を聞いて2016年訪問したアラカン山脈の南に居住する山岳民族チン族の青年が、ヤンゴンに向かうバスの中で、ミヤンマー軍と戦うゲリラであるという告白に、その勇気ある精悍な青年の顔を想いだしたものである。

 

平和な時の流れに沈んでいる日本人には理解できないかもしれないが、国を追われた多くの少数民族が、いまなお苦難の中にアイデンティティを認められず流浪の生活を強いられ、母国の敵とみなされ、難民として、非国民として、差別の対象になっている。

 

インパール南道 戦跡慰霊を終え、ディマプールより乗った銀河鉄道(インド国鉄)は、いま約36時間にも及ぶインド東北部横断の旅を終えようとしている。

この列車は、ヤニプール舞踊団の皆さんとの談笑が尽きないなか、コルカタ・シールダ駅に到着した。

 

コルカタ・シールダ駅近くのタイムスター・ホテル/Timestar Hotelに荷を解き、バラナシへの準備をすることにした。

 

さっそく、混沌のカルカッタ/コルカタの路地裏にならぶ定食屋に飛び込んで、カレーをかき込んだ。

 

               カルカッタ/コルカタの飲食街

 

▼ 2/17~18 タイムスター ホテル/Timestar Hotel連泊

  Sudder St. near Indian Museum(シングル・バス・シャワー・トイレ・TV付 @175Rs.)

  Tottee-lane, Kolkata (Calcutta) 700016 India

 

 

 

■2月18~19日 カルカッタ/コルカタ滞在

 

<2/18 予定表>

HotelMomo Plaza Eastern Railway Computerized Reservation Office(バラナシ行切符予約)

Bank両替フリーマーケット(列車用行動食購入)インド博物館Hotel

 

<バラナシ行寝台車予約>

2/19 コルカタ/Howrah駅発13:15pm 2/20バラナシ/Varanasi着08:25am

急行列車 SL2 ・ 列車番号#3049  寝台車 Sleeper Upper Seat   18H/774km

 

朝4時目を覚ます。

天井扇が、ゆったした動きで部屋に満ちた生温かいベンガル風を追い出している。

銀河鉄道(インド鉄道)ベラナシ号の時刻表とにらめっこ。 すでにベラナシのガンガー河畔にこころは飛んでいる。

 

今回のバラナシへの旅では、人間の煩悩として、因果報応からの輪廻転生を見てみたい。

ただ仏陀である釈迦は、因果報応は説いているが、輪廻転生は説いていない。

後の弟子たちがヒンズー教の輪廻を仏教に持ち込んだと思われる。 

しかし、一人の人間としてこの世の苦しみから脱して、転生を夢見るのは一つの救いであったに違いない。

さて、このバラナシ、ガンガーの河畔でいかなる結論になるのか、輪廻転生に向き合ってみたい。

 

まずは、ダージリング、インパールで伸びた頭髪や髭を剃って、ガンガーでの沐浴に備えて、身だしなみを整えた。 

しかし、凄い土ほこりと、人間の作り出す強烈な生ごみ特有の匂いがこの街には沁みついている。 文明どころではない、混沌とした梵の世界で散髪をしているような錯覚に陥った。

 

            カルカッタ(コルコタ)路地裏の青空床屋で髭剃り中

 

 

バックパッカーのインド旅行>

インド旅は、バックパッカーである限り、鉄路とバスの旅をおすすめする。

バックパッカーとして、インド鉄路・バスの旅での注意点をいくつか述べてみたい。

 

  • 手指の汚れ対策

真っ黒に汚れるので、雑菌の付着を落すため消毒剤いりウエットティッシュ、手袋や薬用石鹸を携行するとよい。 取れにくい汚れは、ミカンの内皮などでこすると取れやすい。 

  • トイレ対策

まずは、乗物に乗る前に、腹の物を排出しておくよう心掛けておくこと。 排出困難な時は、軟化剤や浣腸により強制的に排泄することにするとよい。 前夜から、水分摂取を抑えることも実行した。 トイレに駆け込んでも、所によっては、心理的に受け付けず、無理なことがあることを覚悟しておくことである。 特に、長距離バスでは注意を要する。

乗車中の尿意は、列車はいいが、バスの場合は早めに運転手に告げておくこと。

適当な地形や、村の青空トイレを見つけて止まってくれる。

もちろん草原であったり、板がかかった野壺や、時には麻布で覆ったところもあるが、ほとんどは青天井である。

とくに女性は、巻きスカートを持参することを進める。たいがいの猛者は尻丸出しで堂々としたものである。 かえってインド的で、大陸的でいい。

余談だが、女性用として、土のなかから竹筒が突き出していたが、どのように使うのであろうか。

原っぱにバスが止ると、男女とも腰をかがめて堂々とやっていらっしゃるから、臆することなくトライして欲しい。

ただし、われわれ日本人バックパッカーは、行為前に土を掘るか、事後に石を積むとか何か工夫をして欲しいものである。

  • 土ほこり、排ガス対策

   マスク、バンダナの携行・着用、のど飴やガムを噛み唾液で雑菌を喉にとどめず、たえず流し込

むようにした。 ほとんどのバスやTukTuk(三輪タクシー)は、オープン・エアーで走るので

気を付けたい。

  • 携行食品対策

長距離の鉄路やバスに乗ると、2日程まともな食事をとることが出来ないことがある。 それだけインドは広大で、1~2日の乗車に見合った携帯食を準備しておくとよい。

バナナ・リンゴ・ミカン・ビスケット・ミネラルウオーター・ピーナツ・ガム・チョコ・のど飴などを持参した。 果物は完熟した物よりも少し青味のあるものが長持ちし、果肉が崩れず、腐らない。

食事としてではなく、山での行動食と同じく栄養・エネルギー補給するつもりで口にするとよい。

もちろん、長距離移動中の乗り物では、車中泊にあたって、総合ビタミン剤・カルシウム・鉄分などを含んだ栄養食品を口にした。

 

 

以上、4対策さえしっかりすれば心地よいバックパックを楽しむことが出来る。 水はインドどこでもミネラルウオーターを手に入れることが出来るので心配はいらない。 熱中対策も慣れれば湿度の高い日本に比べれば苦にならないが、さすがに44℃という猛暑では、汗の滴りにサングラスが落ちて破損したほどであった。

 

 

<現地ツアーの参加の仕方>

旅行会社のツアーに参加すれば、至り尽くせりのサービスを受けられるが、バックパッカーは可能な限り簡素な旅スタイルを望んで、現地の案内人を探すことになる。 例えばTukTuk(三輪タクシー)の運転手や、親しくなった現地の友人と交渉して、プライベートな現地ツアーを企画する楽しみがある。

相手は個人ガイドとして、いろいろ世話をしてくれ、こちらのスケジュールに合わせてくれるうえ、

公式ツアーの1/3程の出費で済むのがいい。 さらに、相手によるが、プイライベートガイドなので友情が芽生えることも嬉しい。 時には、家庭に招待され、宿泊も進められることがある。 

一人だけの現地に溶け込んだツアーになること請け合いである。 ただ仕組まれた犯罪もあるので十分なる警戒心はいつも忘れないことである。

ただし、トラブルを避けるため、事前に現地の物価や、目的地の明確な指定、支払い条件など契約条項を決めて、メモにし相手の同意とサインをとっておく配慮が必要である。

トラブルほど後味の悪いことはない。

満足するガイドであり、こちらがハッピーであれば、定額チップ以上のものを渡す心遣いも必要である。

 

 

<インドは英国植民地であった>

インドは<イギリス領インド帝国>として、約150年(18世紀中頃~19世紀後半)にわたって英国の植民地であった。

世界中に散らばっているイギリス領であった国々を旅行していると、植民地当時の都市計画がまず目を引く。

広い道路に、街路樹が配され、ほとんどがプラタナスジャカランダであり、中央分離帯も設けられている。 植民地に必要であったかと思うのだが、驚くべき生活の利便性が図られ、将来を見据えた都市づくりをしていたことが見てとれるのである。

解放後の独立した国であっても、現状を維持する能力に欠ける国が多く、荒れるに任せている状態である。

生活向上を目指す市民の理念がない限り、結局もとの大地に戻っていくのは致しがたいことであるのかもしれない。 

インドは、英国より独立後、発展途上国として約11億の人口を食べさすために、英国の遺産を食いつぶし、なりふり構わず国づくりに励んできた古くて若い国である。

ようやく、国際社会でのインドの位置付がなされ始め、IT分野等での頭角を現してきていることは喜ばしい限りである。

 

 

<路上の風景 と 梵の世界>

路上に置かれた腰掛に座って散髪をしてもらっていると、どうしても視線が路上に向くのである。

ここにはまた別な混沌とした梵の風景である<真理の世界>が広がっているように見えた。

足がグニャグニャに折れ曲がったイザル老人、 象のように真っ黒に汚れた足にまとわりつく皺、捨てられたごみに混じって人糞の髑髏、蝿で真っ黒に見える鶏の内臓、ひん曲がったリークシャの車輪、 片手でポンプを操り水浴びしている子供の周りをうろつく不気味なカラスたち、TukTuk(三輪オートバオ)の吐き出す排ガスの幕、手でサリーを釣り上げてあるく若き女性の足首、歩道を走り回るオートバイ、ときどき口角を引っ張る髭剃りの汚れきった指・・・

すべてがインドという梵の世界の風景にみえてくるから不思議である。

 

                           

                                                              インドのカラスはスマートである

 

ちなみに、髭剃り付き散髪代は20Rs. (60円)

何といっても丁寧であり上手なこと、水・ハサミ・カミソリだけでのプロ以上の技術である。

実に爽やか、気持ちがいい。 それに、ひと時の真理の世界である<梵の世界>を垣間見せてくれたこともあって、チップをはずんだ。

 

                    カルカッタ・近くの定食屋のご主人と息子さんと

 

 

行きつけの主人と息子の待つ定食屋で、早めの夕食をすませ、混沌とするカルカッタコルカタ)の時の流れに身を沈めている路地裏に分け入り、つかの間、スケッチの世界に溶け込んだ。

一台のクラッシックカーが、車体の軋みを奏でながら、けたましくクラクションを鳴らし駆け抜けていく様は、旧主国英国のグラスゴーの古い下町を彷彿とさせた。

 

                                   コルカタ・タクシー(1978年型アンバサダー・クラッシック)

                                                   Kolkata Taxi (1978 Ambassador Classic)

                  Drawing by Sanehisa Goto

                                                                     Feb. 19, 2003

 

             

                   コルコタ路地裏 定食屋

                                                       Back alley of Kolkota set meal shop

                  Sketched by Sanehisa Goto

                     Feb.19 2003

 

 

 

コルカタの沐浴場・ガート>

コルカタの列車駅シールダから、西へ約1.5kmにある南北に流れるフーグリ川にも3か所のガートがあり、沐浴する人々をみかける。

フーグリ川も、バングラデシュ国境のガンジス川よりベンガル湾に流れ込む聖なる川の支流である。

宿泊先のタイムスター ホテル/Timestar Hotelは、ちょうど駅と川の中間点にあり、フーグリ川沿いは素晴らしい散策路である。

沐浴をする人のかたわらで、体を洗ったり、洗濯をする人々で白い石鹸の泡が見られる。

対岸は、コルカタの西市街が広がり、バラナシ行列車の発着駅ハウラ駅/Howrah Sta.があり、フェリーがひっきりなしに人々を運んでいる。(フェリー片道2.50Rs.)

フェリーには鈴なりに人が詰め込まれ、無数の命が一つの籠に投げ入れられたように、人間の存在を無視した塊として扱われているように見受けられた。

インドという母なる大地はすべての命を育み、太陽もまた手助けする輝きを送り続けているようだ。

まるで、未知なる星の、時の流れに乗っているような気持ちにさせられた。

 

 

<洗濯物がインド色に染まった>

埃にまみれ、垢のこびりついた、いかにもインド風混沌なる、汚れが目について来た。

衣服はじめ、靴下、帽子、リュック、タオル、ハンカチと、その他のすべてを部屋備え付けのポリバケツに突っ込んで足踏み洗濯である。

仕上がった洗濯物は、インド色に染め上がった。 

その内、自身も梵天の人(現生の利益を求める人ともいえようか)に仕上がるような気がしてきた。

ただただインドの土に染まれば、ここインドが世界であり、宇宙であると云える。

自分を消し、あきらめ、受け入れることもまもた良しである。 簡単なようだが、どっぷり漬かるとは、悟りに近い心境といえよう。

洗濯物がインド色に染まっていくのを見て、おのれを洗濯物に置きかえてみたのである。

人生は、すべてをあきらめたところに幸せが訪れるともいえる。

あきらめず、欲を出して失敗することの何と多かったことか、今思えば懐かしい想い出である。

 

何も欲せず、何も持たず、何ものも求めず、ただただ清貧に甘んじる姿は、カンジ―翁の生き様に見られる究極の<ヒンズーの理想>の姿でもある。

 

                                         

                                              フーグリ川で沐浴する人々(コルカタ

 

 

<安宿の喧騒>

夜のとばりが下りると、ここ安宿街(Tottee-lane, Sudder St. near Indian Museum)にあるTimestar Hotelの住民が帰って来て、それぞれのルームにあるテレビが最大のボリュームで競い合い、夜の狂乱の幕が切って落とされた。

昼間の喧騒が、そのまま住空間に持ち込まれるのである。

これまた<梵天の世界>の延長なのだろうか。

 

考えるに、自己の権利の主張、行使と言っていいのであろう。

自分の観たいTVの音声を聴きたいために、周囲に勝る音量にするものだから、互いに交差しあって、雑音と化し、深夜から早朝まで続くのである。

お互い静寂で、豊かな眠りを求めると言った、正常なルールは無視されるのである。

というよりも、この狂騒にこそ、ヒンズーの世界観が隠されているような気がするのだ。

この名ばかりの安ホテルは、定住者がほとんどを占めており、宿泊者用の部屋はどうも2~3室のようである。

天井の隙間から、生活音である夫婦喧嘩の怒鳴り合い、赤ちゃんの泣き声、そこにTVやステレオ、ラジオの音声が混じりあっての狂騒に、読書はもちろん寝ること許されないのである。

まるで映画館で、同時に4~5本の映画を観ているような、ヒンズー世界外からの異邦人には感じられた。

今自分は、ヒンズーの世界にいるのだと言い聞かせ、落ち着かせた。

 

シャワーの音や、コーランを唱える声までが、天井を伝って聞こえてきた。 いつこの狂乱は終るのだろうか。 自分から飛び込んだヒンズーの世界、ここまで強烈な印象を与えられるとは思いもよらなかったのである。

ただただ苦笑いしながら、この祭りの喧騒を楽しんでいるもう一人の自分がいるのも確かであった。 バックバッカーは時として、いやほとんどが試練と忍耐と現実のなかに、喜びと真実を見つけ出す行動者であると云える。

 

           

                   コルコタの路地裏の風景

               The scenery of the back alley of Korkota

                    Drawing by Sanehisa Goto

                      Feb.19 2003

 

 

         

                 コルコタ路地裏のヒンズー寺院

              Hindu Temple in the back alley of Kolkota

                  Drawing by Sanehisa Goto

                      Feb.19 2003

 

 

■2月19日  バラナシ―に向かう

 

 

すべてのパッキングを終え、安宿街<Sudder St.>に出る。

プーんと鼻をつく人間の匂い、路上に散乱する野菜の切れ端、それを喰いちらすインドカラス、ニワトリの白い羽が朝日を浴びて輝いている。 トウモロコシを運んでいる大八車のきしむ音が耳に残る。

何もかも生きるための朝一番の営みである。

生きるとは、エネルギーとパワーが生み出され、また消費されるという神聖な行為である。

10億の人間が生み出すエネルギーとパワーは、ヒンズーの世界を支えている現実なのである。

 

<束縛のニワトリと自由を謳歌するカラス>

予約してあるバラナシ行の列車に乗るため、コルカタ・ハオラ駅/Haora Sta.に向かう途中、青空のニワトリ市場の光景に見入った。

ようやく明けかけた太陽の光が、竹籠に入れられたおびただしい中ビナの悲しげな瞳を照らし、哀愁に満ちた世界を表現している。

両足を縛られ、見た目、純白の絨毯のように狭い空間に押し込まれている。

これから、自転車に吊るされ、買い取られていき、大きく育てられて、人の胃袋におさまるのである。 ここにも一羽づつに与えられた宿命があり、輪廻転生の片りんに触れたような気がした。

 

自転車に逆さ吊りされたニワトリたちが悲しげな<ニワトリ行進曲>高らかに合唱すると、これをあざ笑うように、インドカラスたちが「自由あるわれらを見よ」と、勝どきを上げている。

 

ブリキ缶で燃やす生ごみの臭いと、赤い火がちょろちょろと踊っている。

横のシバ神は、今日も厚く化粧され、真赤な紅が鮮やかに浮き上がり、黄色・赤い・白い造花の大輪がささげられている。

シバ神の首にかけられた花の飾りが、薄暗い祠の中で、生きている蛇のように見える。

足を引きずったやせ細った老人が、頭を下げ、行き過ぎさった。

いまもここインド・カルカッタで、ヒンズーの世界が目の前で、時の流れのように滔々と生き続けているのを感じた。

 

<マザー(テレサ)ハウス>

マザーテレサは、欲望を捨て、神の子として仕えた勇気ある女性である。

人はみな、自分の使命よりも生きることに固執し、欲望から脱することができないでいる、凡人である。

ただ黙して、愛のため、人のため尽くすためには何度自分を脱する必要があろうか。

 

1997マザーテレサ没後も、彼女がインドで始めた救済活動は、シスターが引継ぎ、世界中から集まるボランティア(奉仕者)が参加し、今でも活動が続いている。

「カリガード(死を待つ人たちの家)」での入浴・食事の介護や、洗濯をはじめ、「ダヤダン」での脳・身体障害者への食事・沐浴・リハビリ、「プレムダン」での病人の世話、「シュシュババン」での孤児の世話、という活動を続けている。

MOTHER HOUSEへの行き方は、シールダ駅前の南北に走る<アチャラ・プラフラ・チャンドラ・ロード>を南(左)へ約1.5㎞先右側にある。

詳しくは、下記に問い合わせることが出来る。

CEC海外ボランティア  e-mail: info@cecj.net

 

        

              マザーハウスの入口にある案内標識

 

 

<夜行列車と上段ベッド>

世界どこででもだが、長距離夜行列車の旅では、必ず最上段の寝台ベッドを予約指定することにしている。

バックバッカ―のモットーである<格安シンプル旅行>に徹するためだけではない。

寝台車の中で最上段の運賃が一番安いということに尽きるが、ただそれだけでもない。

2段ベットでは、昼間走行時上段ベッドを収納してしまうので不可能だが、3段ベットでは最上段を固定している場合がほとんどである。

何といっても昼間でも潜り込んで寝ることが出来るし、プライベートな時間を確保できるのである。

ただ、三段ベットの最上段となれば、上り下りにそれなりに腕力が求められるということだろう。またご婦人には少し酷かもしれない。

最上段ベッドで欠かせないのがアイマスクである。 深夜を除いてたいてい車内灯によって眠りを妨げられるからである。

 

    

           インド国鉄 <カルカッタ・ハウラ―駅発バラナシ行列車>

        Indian Railways  <To Varanasi train from Calcutta Howrah Station>

                 Drawing by Sanehisa Goto

                    Feb. 19, 2003

 

 

<インド列車時刻表は修正して使用すべし>

 日本の列車・電車運行の正確なことは世界でもよく知られている。

だが、一歩外へ出れば正確な時刻表に慣れ切っている日本人にとっては、時刻表の不正確さに嘆き、戸惑うことになる。

列車が時間通りにピタッと停止線に止まり、スーッとドアが開くことは、インド流列車列運行にはないということである。 そこにはインド流の時間が存在し、インド風列車観があり、梵の時間と言っていいのか、時間を超越した諦めというか、いや時間との一体化、すなわち時間を追いかけるのではなく、時間にあわせる生き方があることを教えてくれるのである。

この旅行でも時間に縛れる日本人の生き方が、自分だけの時刻表を作らせてしまったから恐ろしい。

列車に乗ったら、ノートに書き込んだ通過駅名と予定通過時間の下に、通過駅の確認と、正確な通過時間を書きこむことによって、時間差を計算し、自分だけの時刻表を作りだしていくのである。 最終到着駅の予定時刻を算出したり、遅延列車そのものの時刻表を作って楽しむのもインド式乗り鉄の魅力かも知れない。

時間の中に生きるとは、川の流れに身を任すことに似て、インドの人々のように時間を気にしない事である。

インドでは、時間を忘れ、列車やバスの旅を楽しもうではないか。

 

▼2/19  バラナシ行寝台列車  車中泊

 

 

■2月20日

 

バラナシ行列車 #3049 コルコタ・ハオラ/Haora 2/19  20:21発

  バラナシ/Varanasi 2/20  08:25着予定

                     (約1時間30分遅延)    10:02 到着

                     切符代 @900Rs.  所要時間:約13H

 

ヒンズー教の大聖地であるバラナシに向かって夜行列車は走り続け、途中駅バクサー/Buxarを06:40amに通過中である。

 

いよいよヒンズーの世界、輪廻転生の世界の中心地バラナシにはいる。

最上段の寝台に横たわりながら、携行した三島由紀夫著「暁の寺」に目を通した。

阿頼耶識にみる唯識論>に次のように書かれている。

  • 世界は、これを現在の一刹那の断面に置いて考える。
  • 我々の世界構造は、無限の数の刹那の横断面を、即ち輪切りにされた胡瓜の薄切りを、たえず忙しく貫いては捨てるような形になっている。
  • 輪廻転生は、死によって向かえるのではなく、世界を一瞬一瞬新たにし、かつ一瞬一瞬廃棄してゆくのである。
  • 巨大な迷いの華を咲かせ、かつ華を捨てつつ相続させるのである。
  • 唯我とは、我々の現在の一刹那において、この世界なるものが、すべてそこに現れている、ということに他ならない。
  • 一刹那の世界は、次の刹那には一旦滅して、また、新たな世界が立ち現れるのである。

 

以上に見るように、作者の云っていることが、形になって伝わってこないのである。 云われてみれば当たり前であり、神はこのように人間の言葉で語られるような複雑なことは言っていないと思う。

それこそ愛ある人生を生き、死を全うすれば、受け入れてくれると言ってくれているのである。

 

ただただ愛に生き、死んで永遠の命を得て、蘇えるというキリストの世界を、ヒンズー教の<人は死後、肉体は滅んでも、魂は再生し、生まれ変わる。 この生死が、解脱がない限り永遠に繰り返される>という輪廻転生の解釈を重ねながら、インド大陸の曙を車窓から見続けた。

 

                                       カルカッタバラナシへの列車で オランダからの青年たちと

 

                     

                 バラナシ駅・VARANASI STATION

 

 

▼2/20~   バラナシ<Friend‘s Guest House> 連泊

       D18/7A1 Ahilya Bai Lane, Dashashwamedh Ghat, Varanasi 221001

 

                     

                                            日本人に人気なバラナシ<Friend‘s Guest House>

 

                Friends Guest Houseの屋上からガンガー眺望

 

 

■2月21日 バラナシ   快晴 

 

バラナシの早朝、コルカタカルカッタ)のあの灼熱の気怠さはどこに行ったのかと思われるほど、ひんやりしたバラナシの朝である。

さっそく滞在先の<Friend‘s Hotel>の屋上に駆け上がり、ガンガー川を見下ろしながら日課としている<ゆらぎの瞑想>に入った。

 

                           

                        ガンガーに昇る太陽

 

 

<ゆらぎの瞑想―いまここの気(宇宙)を取り入れる>

今いるここ、この自然・宇宙の気を体内に取り込み、溶け入るために、滞在する各地で<ゆらぎ瞑想>をすることにしている。

<ゆらぎ瞑想>は、青年時代から続けており、矢山式気功法から学んだと記憶している。 ここでは少し自己流にアレンジさせてもらっているので、ご了承願いたい。

 

 基本姿勢である両足を肩幅で立ち、両手を両脇に添えて立つ。

両足は大地に踏ん張り掴むような感じでしっかり立ち、つま先立てて、両手を上げ、

力を抜いて両側にストンと落とす(3回)

 基本姿勢で力を抜き、両手を左右にぶらりぶらり振り、

左右の手を交互に右左の肩を自然な力で軽くたたく(各3回)

 基本姿勢で、両手を上げながらゆっくりと息を吸い上げ、

時間をかけ息を吐きながら両手を左右にゆっくりと下げる(3回) 

この時、太陽があれば薄目をあけ、薄目からの太陽を呼吸(息)と共に体内を

循環させるとより効果的である

④ 基本姿勢である仁王立ちのまま体全体から力を抜き、両手は脇に垂らし、

   1.踏ん張っている両足裏から全宇宙の気を鼻からゆっくりと吸い上げ

   2.気(息)を意識しながら足裏両足背骨頭頂へとゆっくりと持ち上げ、

   3.   頭頂で気(息)を止め、今度はゆっくりと息を口からはき出しながら、

                  気(息)を意識して下げていく

     頭頂顔面胸及び両手両足足裏へ気を導き、大地(宇宙)に

     気(息)を戻す(3回)

   4.最後に感謝の合掌をもって終える

 

<ゆらぎ瞑想>は、腹式呼吸を応用した立禅呼吸法である。 鼻からの吸気で、一時的に気(息・宇宙)を体に充満させ、宇宙に成りきったあと、ゆっくりと時間をかけ口から吐きだし、絞りだして己を宇宙と合体(合一)させる、ことを意識するところにある。

<ゆらぎ瞑想>前後に、坐禅や瞑想をくわえると、さらなる精神面における宇宙との合体(合一)意識を高めることが出来る。

 

          フレンドリーゲストハウスで瞑想の時間を持つ    バラナシ

 

 

瞑想の時間を過ごした後、Friend Guest Houseを出てガート<Dashashwamedh Ghat>(ghat/ヒンズー教徒の沐浴や祭礼の場)に向かった。

 

      フレンズ・ゲストハウスのオーナー・ジョニーパパとガンガーの日ノ出を待つ

 

 

すでに多くの沐浴者や拝礼者がガートに集まり、神聖な日の出を待ちながら、ご来光の恵みを得ようと<招来の歌>を歌っている。

ガートに接するヒンズー寺院からは、バラモンが信者に説教をしている低い声が聴こえてくる。

寺院の前にある祠には、男女が抱き合っているような真紅の厚化粧した像が微笑みながらガートに集まった老若男女を見つめている。

 

              ヒンズー教寺院<Sri Varahi Devi Temple>  バラナシ

 

 

ガンガーの聖なる風景に見入っていると、ゲストハウスで手配した手漕ぎの木製ボートが近づき、乗舟する。 ガンジス川を漕ぎのぼること約10分、叢林に顔出す真赤な太陽に向かって停舟する。 この日の日ノ出時刻は、午前6時35分であった。

ガンジス川の東岸は、昇りくる太陽をさえぎる一切の山や森がなく、地平線からゆっくりと聖なる光を放ちながらその神秘な命を見せてくれるのである。

 

                                        ご来光に満たされたいとガンガーに集まる巡礼者たち

 

いまこの時間、わたしはガンガーに坐し、神聖な太陽の光を全身に浴び、輪廻転生解脱のヒンズーの世界にいるのだ、と言い聞かせた。

左手をガンガーの水に手を浸し、右手で合掌し、感謝の祈りを捧げた。

 

                ガンガー(ガンジス河)に浮かぶ 

 

流し灯篭を商う、ヒンズーの婦人が操る一艘の小舟から、蘭の花と点火されたロウソクが供えられた小さな浮き皿を手に入れ、関係する物故者への慰霊を込めながら、静かにガンガーに流した。

 

        ガンガーで流し灯篭を売るヒンズーのご婦人 と ガンガーを流れ下る皿灯篭

 

 

<ガンガーの畔で>

いよいよ待ちに待った日輪(ガンガーに昇る太陽)をこの目で拝することになった。

聖なるヒンズーの地バラナシで、ガンガー畔で太陽のエネルギーに相まみえるのである。

ヒンズーの祈りの歌声が、ガンガーにある各ガートから、また沐浴する老若男女から流れ出し、東から厳かにインド平原を照らす聖なる太陽の光が、ガンガーの川面に満ちながら、荘厳なメロディーとなってガンガーを満たしていく。

太陽の光が、ガンガーの川面に広がっていく中、沢山の花びらと燈明をのせた白いお椀(皿灯篭)が流れてくる。

生ぬるい風に乗って死体を焼く煙と、臭いが鼻腔の奥まで忍び込んでくる。

今もまた、喜怒哀楽の、いや苦しい人生を終え、天に旅立つ多くの人々がいるのである。

 

                ガンガー河の夜空(バラナシ・インド)

              Night sky of the Ganga River (Varanasi, India)

                  Drawing by Sanehisa Goto

                     Feb. 21, 2003

 

                  バラナシ・ゴールデン寺院

                                                                  Varanasi Golden Temple

                                                                Drawing by Sanehisa Goto

                       Feb. 20, 2003

 

 

ヒンズー教の聖地とインダス川崇拝>

ヒンズー教の聖地は、多くがガンジスの源流域にあるが、インドのバラナシこそ、ヒンズー教徒にとって特別な聖地であろう。 インド各地から聖なるガンジス川で沐浴するため、いや<死ぬための聖地・死んでからの聖地>であるバラナシへ巡礼者が押し寄せているほか、遺体までが運ばれているのである。

 

実際、ガンガーのガート(ガンジス川の沐浴・祭礼場)で荼毘に付した遺灰や遺骨、いや半焼の遺体をガンジス川に流している光景に出会う。

今日もいろいろな出会いがあった。

ガンガーの川辺で絵を描いていたら、斜め掛け袋にノートや文房具をいっぱい入れた一人の少年が絵をほめてくれた。 ちょうど、小型ノートが切れかかっていたので分けてもらった。 少年の感謝に満ちた、嬉し気な笑みがわたしのこころを爽やかにみたした。

ここガートで、一人旅だという日本からの娘さんに出会い、輪廻転生について話を交わした。

なんと勇気ある一人旅であろうか。 混沌の世に咲く蓮の花のように清く映った。

それぞれの出会いが、爽やかに感じるのはなぜだろうか。

 

 

 

■2月22日 バラナシ3日目 快晴

 

ガンガーで、太陽を迎えるヒンズーの歌声と銅鑼の音が、ガートに隣接するフレンド・ゲストハウスのわが部屋に流れてきた。

ベッドに資料を開け、次なる目的地であるデカン高原にあるアウラガバードの情報に目を通した。

アウラガバードは、エローラ石窟寺院やアジャンダー石窟寺院の仏教遺跡のベースキャンプである。

 

アウラガバードの情報メモ>

ユースホステルあり、駅より2.5km(リークシャ利用)

・Manmad駅より、South Central Railwayに乗り継いで、アウラガバードに列車で行ける、

   路線バスも面白そうである

ゲストハウスは駅北側、エローラ・アジャンダー各洞窟へのミニバス・ジープの手配便利

・ビービカ・マクバラ寺院(タージマハルの姉妹寺院)に近し

アウラガバード仏教窟院群(北3㎞、第3僧院・第7寺院) 懐中電灯必要

エローラ洞窟行バスMTDC(ホリデイ・リゾート前より出発 09:30始発―17:30最終)

・アジャンダー洞窟行バスITDCC(駅前バス停より出発 30分に1本あり)

 

ガートに出かけ瞑想していると、突然銅鑼を鳴らし、チャントするヒンズー巡礼団の一行に取り囲まれた。 驚いていると、声を一段と振り上げるのである。

後でわかった事だが、聖なるガンガーが祀られている神に向かって尻を向け瞑想していた。 そう、わたしはガンガーの神になりきっていたのである。

 

                   

                  ガッドにある<ガンガーの神たち>Vijayanagaram Ghat

 

                                           ヒンズー教の神々 <シバ神のシンボル:リンガー>

                                                   Hindu gods <Symbol of Shiva: Ringer>

                 Drawing by Sanehisa Goto

                      Feb. 22, 2003

 



西のガンガー、そこには地平線に沿って低木が一直線に南北に、ガンガーに沿って線を引いたように生えている。

その線上に、太陽が紅射す様子には、天地創造を思わせる厳粛さが漂う。

鳩が飛び交い、ガンガーに魚が跳ね、人々は心の癒しを求めて沐浴し、半眼を開け瞑想に耽っている。

ここがヒンズー最大の聖地、バラナシである。

 

                                             

                ガンガーの夜明け The dawn of Ganga

                                                                     Drawing by Sanehisa Goto

                      Feb. 22, 2003

 

 

<ガンガーに身を沈め 解脱の聖水にひたる>

聖なる太陽の光に照らされた裸身は、ガンガーの風に触れると神聖さを覚え、パワーが伝わってくる感覚に包まれる。

すこし苔むして滑りやすい石の階段を下りていくと、一歩そして一歩、少しづつ神の領域に近づくのであろうか、聖なる太陽とガンガーに手を合わせ、おのれが消えていくような感覚に沈んでいく。

 

                                           

                               ガンガーの祈り Ganga prayer

                                                                  Drawing by Sanehisa Goto

                     Feb. 22, 2003

 

ガンガーの深みに身を沈め、ガンガーの神に身を任せると、神々しい温もりが身を包み、ジャスミンの香が心身を満たした。

その刹那、聖なる花が流れ着き、身にまとわりついた。 そこには永遠のともし火がともされ、力弱く揺れていた。

もう一度、ゆっくりとガンガーに身を沈め、神の愛にひたった。

多くのヒンズー巡礼者と共に沐浴をもち、すべての人に安らぎと希望を与える神の愛を感じるひと時を持った。

ハレルヤの言葉を残して、沐浴を済ませた。

 

バラモンから解脱の印を受ける>

ガンガーでの沐浴を終え、石段を上ると待っていたバラモンから祝福を受けた。

<God bless you>という言葉を、バラモンは「あなたはガンガーの沐浴によって迷界及び輪廻転生から解脱したことを証明し、祝福します」とたぶんヒンズー語でまくしたてたうえ、わたしの額におごそかにガンガーの水で溶いた乳白色の土(たぶんガンガーの底に堆積した人骨灰)を真一文字に横に引き、その上に真紅の丸点(ビンディ/ティーカ)を人差し指で塗りつけた。

その瞬間、法螺貝がボーッボーッ、ボーッとなったような気がしたが、真意は確かでない。 たぶんわたしの気持ちの高揚によるものであったに違いない。

背後の<ガンガーの神・ガンガーの母>に合掌し、ダシャシャワメッド・ガート/Dashashwamedh Ghatを後にした。

 

 

      バラモン Vijayanagaram Ghat-Ganga River                               ビンディを額に受ける

 

 

   《ガンガーに 祈りてわれを 来世の 解脱求めて 沈めてみたり》 實久

 

 

           ガンガーの太陽に祝福を受ける、神秘的である

 

 

<ビンディ/Bindu 又は ティーカ/Tika  額の赤い点>

ヒンドゥー教では眉間は特別な場所とされており、物事の真実を見極める第三の目とも言われている。 ガンガーにつかり、沐浴を終え、ガンガー(ガンジス川)を上がると、ガンジスに浸かったことにより輪廻転生から解脱したという証明として、ビンディを額に塗ることを生業としているバラモンの僧がいる。

バラモン喜捨し、願い出ると紙切れに手書きの沐浴証明書なるものを書いてくれた。

ビンディはティーカとも呼ばれ、聖職者や、巡礼者が額につけている。

ガンジスの沐浴については、日本人の間でも賛否があり、人間の死体を流すガンガーは非衛生的であり、細菌性感染症等に犯されると言われている。

沐浴するかどうかは、自身にその覚悟を問うことをお勧めする。

 

        バラナシ<フレンド・ゲストハウス>屋上で ちびオーナーに祝福される

 

 

<輪廻転生と解脱  バラナシ ヒンズーの聖都>

ヒンズー教では、死んだら輪廻転成し、前世と同じく大変な苦痛が永遠に続き、その苦痛に耐えなければならないといわれている。 その苦痛から解放されれたいためにガンジス川のバラナシで沐浴するとされ、死んだ者は、ガンガーに流されることによって輪廻転成の苦しみから解き放たれると考えられている。

バラナシは、シバ神の聖都であり、霊的な光(Kashi)に満ちた街である。

ただし、輪廻転生から解脱する資格のある人だけが火葬され、遺灰をガンジス川へ流されるというからここにも不平等がある。

バラナシのガンジス川(ガンガー)付近には、遺体だけでなく死期の近い人が死を待つために滞在する施設も散見できるし、そう願う人たちの亡骸が運び込まれて、ガンジスの河畔にいるだけで荼毘に付された亡骸の煙を体一杯にあびるのである。

また、バラナシで沐浴のためガンジス川につかると、遺体や遺灰、遺骨が交じり合った川の水を頭からかぶり、ヒンズー教の世界を垣間見られるという。 そこでは現世と来世の交叉したヒンズーの世界を体験することが出来ると言われるが、残念ながら、わたしにはその境を見ることはできなかった。

 

           ガンガー(ガンジス)の聖なる朝日は今日も変わらず昇りくる

 

遠く源流であるヒマラヤの雪解け水がガンガー(ガンジス川)となり、湾曲する畔にバラナシが三日月形に配置され、ちょうど太陽の出づる方向を眺める絶好の地形となっている。 バラナシの街はガンガーの西方に位置し、ガンガーの川面に映る太陽の神々しい光を見られるのである。

ここバラナシは、カーリ女神の良人シバに奉献された街だと言われ、ヒンズー教徒にとって『天国の主門』であると今も考えられている。

このガンガーの水を浴びれば(沐浴)、来世の至福は居ながらにして、生きて得られるという。 わたしもガンガーの誘いに応じて沐浴をした人間である。 来世は必ずや至福な場が提供されると信じることにした。

さて、なぜ来世にしか至福は与えられないのであろうか。 現世では至福はえられないのだろうか、不思議である。 現世はすべて諦め、苦悩に耐えなければならないならば、生は受けずともよかったはずである。 しかし、これだけは生まれた限り変えることが出来ないのである。

祈りをもって心を清め、水をもって身を清める沐浴というヒンズーの儀式は、ここバラナシにやってきた者として当然なことのように思われる。 しかし、不思議と沐浴をする瞬間まで、沐浴は絶対しないと自分で決めていたにもかかわらず、なんの抵抗もなくガンガーに身を沈めたことを後になって自分自身驚いたものだ。

しかし、沐浴からくる功徳であろうか、精神的清々しさと、安らかさに満たされたことは確かである。

 

      

            ガンガー沐浴風景 バラナシ <Vijayanagaram Ghat>

 

バラナシは、精神性を高め、苦悩から離脱させてくれる神聖な場所である。 しかし、ガンガーのすべてが汚いのである。 この汚いガンガーに身を沈めると自分が蓮の花のように清らかに感じるのだから不思議である。 ここバラナシは、人の汚さを全部集めたような場所である。そのような場所だからこそ心の神聖さが花咲くと言っていい。

ガンガーには、すべてが浮遊し、流れ、淀んでいる。 岸に流れ着いた浮遊物、焼けきらない焦げた肉片、排せつ物、遺灰などに混じり、流し灯篭の赤い花だけが際立ってその美しい姿を見せる。 そのすべてが、ガンガーに浮遊し、溶け合っているのが、ヒンズーの世界であるように思えた。

宿に帰って、穴という穴はもちろん、体の隅々を薬用石鹸で洗いつくし、薬用アルコールで消毒させてもらったことを書き添えておく。

 

      

         <Vijayanagaram Ghat> ガンガー河畔にあるバラナシの街

 

                            ガンガー水上巡礼船乗場 <Vijayanagaram Ghat>

 

<厳しい食事の制限>

カースト(ヴァルナ・身分)の違う人とは一緒に食事をしてはならない、不浄な左手ではなく右手で食事をすること、牛は破壊の神・シバの乗り物で神聖視され食べてはならない、などヒンズー教には多くの戒律がある。

また、輪廻転生の考えから「生き物は、先祖の生まれ変わりかも知れない」ことから基本的に食べない人(ベジタリアン)が多いようである。

 

 

<人生を変えるヒンズー6カ条の教え>         

『心 が変われば    態度が変わる       
態度 が変われば  行動 が変わる
行動 が変われば  習慣 が変わる     
習慣 が変われば  人格 が変わる
人格 が変われば  運命 が変わる
運命 が変われば  人生 が変わる』

 

心理学者ウイリアム・ジェイムズも同じことを言っている。

『心が変われば 行動が変わる
行動が変われば 習慣が変わる
習慣が変われば 人格が変わる
人格が変われば 運命が変わる』

 

話は変わるが、少年時代に入隊し、生涯、自分自身に<ちかい>、実行を求められるボーイスカウトの<おきて>や<モットー>、<スローガン>もまた、人生を変える教えであると云っていい。

わたしもまた、<ちかい・おきて>のもとボーイスカウトであったことを誇りにしている。

 <人生を変えるヒンズー6カ条の教え> を知り、ふとボーイスカウトの<3条のちかい>と<8条のおきて>を思い出していた。

 

 

<ナマステ/NAMASUTEの国 インド>

ナマステは、サンスクリット語でインドやネパールで挨拶として使用されている。 互いに助け合う精神の上に成り立つインドでは、<ありがとう>を伝える風習がないようである。

日本的感謝を意味する<ありがとう>の代わりに、広義の<ナマステ>、感謝を含めた「おはよう・今日は・今晩は・さようなら」として使うようであり、非常に便利な言葉である。

合掌の姿は、ブッダによる仏教布教(大乗・小乗)と共にインド以外にも伝播していったようである。

 

 

ヒンズー教の大聖地 バラナシを去るにあたって>

宿泊先のフレンド・ゲストハウスの一階に、日本語による「ゲストノート」が備えつけられ、情報ノートとしての役割を果たし、それぞれのインド観も書き残されている。

ヒンズー教の大聖地 バラナシを去るにあたって、後に続く日本の若きバックパッカーにメッセージを残すことにした。

 

銀河鉄道<輪廻転生号>に乗って、ここ地球星のバラナシに、おのれの来世を確かめにやってきた老バックパッカーから、未来を生きる若きバックパッカーにメッセージを送りたいと思います。

わたしはここ地球という星に、奇しくも生命を与えられ、ここガンガーに昇る同じ神聖な太陽を約22000回拝してきました。

そして、機縁とは魔訶不思議なもので輪廻転生を解脱せんがために、ここガンガーに集ったあなたと私が、今生で一番近づいた場所でもあります。

それもここバラナシのフレンド・ゲストハウスという屋根の下に集ったという機縁は、偶然ではないような気がしてなりません。

人の一生は、劇中のヒロインのように演出された台本通りに、演じられていると思います。

それも一つの法則、神の支配する宇宙の営みの一員として与えられた使命・役割を忠実に実行しているということです。

しかし、生きるとは大変むつかしいといえます。

人はなぜ、ただひとり孤独のなかに生きようとするのでしょうか。

ひとはなぜ、複雑に生きようとするのでしょうか。

人は自分で内なる自分の役割を知り、見つめなおす必要がありそうです。

なぜなら不確実な未来の滅びに備えることが、今の不安を取り除く唯一つの安心だからです。

自分の内なる魂にひそむもう一人の自分に、素直に向き合って話しかければ喜んで道を示してくれると思います。

また、ちっぽけな存在でしかない自分を発見し、涙することもあるかもしれません。

喜びと感謝に出会えれば、すでに生まれ変わったもう一人の自分に出会っているのです。

自信と勇気を持たれんことを願いつつ、小さな挑戦に挑まれる若き後輩にエールを贈ります。』

 

 

 ■2月23日  バラナシ ➔ アウランガバード 列車移動

 

フレンズ・ゲストハウスのオーナーであるMr.Jonny-papa と息子Raja、その孫の三代に見送られ、バラナシ―を去り、エローラとアジャンダーの石窟寺院のあるアウランガバード/Aurangbadに向かった。

 

 

<追記 訃報>

輪廻転生に触れたこのブログ 星の巡礼 バラナシ ・ ガンガー沐浴巡礼の旅》を書き終えようとするとき、202278日午前1130分ごろ、 日本の政治家であり、元総理大臣であった 安倍晋三氏が凶弾に倒れたとのニュースが飛び込んできた。

こころから哀悼の意を表するものです。

 

《崩れ墜つ  ああ逝きし君  道半ば  空しきこの世  見果てぬ夢や》 實久

 ーくずれおつ ああいきしきみ みちなかば むなしきこのよ みはてぬゆめや―

 

 

 

    

 

 

       《星の巡礼 バラナシ ・ ガンガー沐浴巡礼の旅》

                 後藤實久記

 

                 

       本稿は2003年当時の時刻表・物価等で記るされていることを留意願います。

 

 

 

                               次回 《星の巡礼 エローラ・アジャンダ石窟寺院巡礼の旅》

                                        に続く

               現在 作業中

 

----------------------------------------------------------------------------------------- 

<関連ブログ>

 

shiganosato-goto.hatenablog.com

 

 


      






 

 

 

 


  



 












 










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2003『星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

 

 

1944年3月8日、インパール作戦開始の地、ビルマ(現ミヤンマー)のカレーミョウから旧日本軍第15軍団の3師団<弓第33師団・祭第15師団・烈第31師団>は、インパール攻略の火ぶたを切った。

その72年後の2016年3月、ビルマ側のインパール作戦退却路・アラカン山脈白骨街道を歩き、慰霊記を書いている。

それ以前の、2003年2月、インド側のインパール南道を歩いたことを思い出し、ここにインパール攻略最前線となったインパール南道の戦跡を書き残すことにした。

 

飛行機でカルカッタまで飛び、列車で太平洋戦争時の<援蔣ルート>の兵站地であったディマプールを経由し、烈第31師団の作戦目標であった<援蔣ルート>遮断のために占領したコヒマを通って、旧コヒマ街道を南下し、インパールに至った。

 

<援蔣ルート>とは、日中戦争における大日本帝国中華民国の蔣介石政権の対立の際、主にイギリス、アメリカ、ソ連が蔣介石政権を軍事援助するために用いた輸送路のことである。

 

インパールへの途次、インド国鉄 カルカッタ(コルコタ)・シ-ルダ/Sealdah駅で

    

 

      

       インパール作戦のDVD・高木俊朗著「インパール」ほかを参考にした

 

                    インド 星の巡礼ルート

<A. インパール南道戦跡慰霊B.バラナシ/ガンガー沐浴巡礼C.エローラ/アジャンダー石窟寺院巡礼>

 

 

 

 

星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

 

いよいよ『星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』が始まる。

関西国際空港を出た飛行機は、シンガポールで乗継、カルカッタチャンドラ・ボース・インターナショナル・エアーポート>に到着。

カルカッタ・サルベーション・アーミ・ゲストハウスに数日滞在し、インパール南道戦跡慰霊の準備を整え、カルカッタ(コルコタ)・シ-ルダ/Sealdah駅より、インパールの玄関口・ディマプールに向かって列車で出発した。

 

途中、ダージリング登山列車に乗ってスイッチバックを体験したが、体験記は次回に回すことにする。

 

ディマプール方面行の列車はデリー始発の、2月12日早朝3時便なので、乗継駅であるNew Jalpaiguni前の<ヒルトン ホテル/100Rs.>で仮眠をとった。

 

Train #4056 ニュー・ジャルパイグリ駅/New Jalpaiguni 03:05am発 

       ディマプール駅/Dimapur 20:26pm 着  <664km・約18H>

 

インパールへは、ディマプールで下車し、バスまたはTukTuk(三輪タクシー)に乗換えての旅となる。

 

 

■2月12日 インパールへの道

ここジャルパイグリ駅/New Jalpaiguniは乗継駅とあって、大混雑である。

深夜であるにもかかわらず、ホームはじめ駅内外は列車待ちのため、荷物にもたれて発車を待っ人々で溢れていた。 

ひっきりなしに駅へ到着する人々の群れ、それぞれの目的地に向かうのだ。

それぞれの最終目的地は決まっているのに、ここジャルパイグリ駅からは沢山の銀河鉄道が一人一人の目的地に向かって出発していく光景に出会う。

このような人間の群れの移動は、人口大国である中国でも同じ光景に出会った。

人びとの流れに、おのれを沈めて見るとよく分かるのだが、そこには秩序というよりも、運命に流されている群衆の一人としての己に出くわすのである。

そのエネルギーに、無限なるマンパワーを感じると同時に、右往左往する人間の滑稽さも味わった。

 

人間の坩堝(るつぼ)を、一匹の蚊が飛び回り、獲物を求めての飛翔する姿が、まるでスローモーション動画のように目に映る。

 

インドでの列車予約の場合、渡されたチケットは<Waiting Ticket>であり、プラットホームの窓口<Booking Office>で登録の上、正式なチケットを発行してもらう必要があるので注意を要する。

 

<生きるとは、そこに寄り添うものがあること>

インドは人間の坩堝(るつぼ)とみたが、その生きるエネルギーの凄まじさは、

<匂い>という強烈なアピールとしても出会う。

先にも述べたが、列車が駅に停車していてもトイレ使用が可能である。

線路上に落ちた排便・排尿は、気温の上昇と共に、その強烈な個性である<匂い>をもって、その存在を最大限に主張する。

命がある限り、寄添うもうひとつの自分なのであろうが、しかし、その個性は強烈すぎるのである。

 

インドは混沌のなか、共生できる柔軟な世界でもあり、その発想にインドの未来が潜んでいるように思えてならない。

 

<インド人、その特徴>

列車待ちの間、観察した範囲内に加えて、一般的なインド人の特性に触れておきたい。

 

時間に縛られない自由な発想と行動が出来る民族である(理数系・IT系)

嘘を嘘と思わない民族である(相手への思いやりも含めて)

お金に対し、異常に関心を持つ民族である(総インド商人)

何事にもポジティブな思考をもつ民族である(成功の確信・最新技術の導入・多様性)

人種・男女に関係なくフレンドリーな民族である(語学への積極性・多様性)

お洒落な民族である(口ひげ・サリー・色彩・香水)

ナルシスト(自分大好き)な民族である(自意識・決め顔・ファッション)

階級意識が強い民族である(カースト制・不平等・見下し怒り・優越感)

誤魔化すという罪意識が極度に低い民族である(平気な嘘・誤魔化し・責任転嫁)

人の話をあまり聞かない民族である(まずは自分が中心・相槌・無理解)

寛容な民族である(許し・フレンドリー・寛大)

 

 

この列車は、ニュ・デリー発の夜行列車である。

定刻を1時間過ぎたが列車は到着しない。

みな騒ぎもせず、何事もなかったような顔して、ラジオから流れる音楽を聴いている。

こちらも<イーヤ・プラン イーヤ・ハラン シャミー・・・・・・>と、

悲しげに、甲高い声で歌い続けるインドの哀愁に満ちた、侘しいインド歌謡曲に聴き入った。

 

駅のプラットホーム下の、線路上に積み重なった人糞からの悪臭が、また鼻をついた。

これでは匂いが体にもしみ込み、食事も喉を通らないのではないだろうかと思うのだが、これまたインドにおける<梵の世界>である。

インドの朝は、人糞の匂いをまとって明けようとしている。

 

ついに夜が明けた。

ディマプール行列車は3時間遅れで、ようやくニュー・ジャルパイグリ駅を出発した。

だが、途中でまた1時間重なり、4時間の遅延となり、ディマプール駅には深夜に到着しすることとなった。 

駅のなかをうろついていた沢山の野良犬たちが、見送ってくれていたのがとても印象に残った。

整ったいい顔をしているが、ホコリと垢にまみれ、汚物によごれ、その姿はやせ細って見る影もない。

ただ目だけは清らかで、澄んでいるのが、心をとらえた。

「命とはいったい何なのか、命の輝きは星の輝きであるはずだが・・・」

おなじ<星の王子さま>として、この世に生まれながら、彼らもまた銀河鉄道に乗ってこの世を旅しているはずなのに・・・。

これもまたヒンズー教の<輪廻転生・解脱>の絵図を見せてくれているようだ。

 

犬たちのもの悲しい眼光に見送られながら、列車は静かに駅を離れた。

 

<コンパートメント  インド人家族と>

車中のコンパートメントでは、デリーからのインド人家族グップラ家と一緒で、インドのインテリ家族に接することが出来た。

ご主人は50歳前後で弁護士、奥さんは高校の宗教主任で、二人の子供を連れて、奥さんの実家アッサム地方にあるジョルハットに向かうところだと紹介された。

息子アミータ君16歳は、MBA取得のため飛び級による大学受験中であり、娘エミさん14歳は音楽学校にすすみたいとのこと。

家族全員宗教心にあふれ、知的で、それぞれの目標に向かって人生を進めている健全で、賢明なインド人家族である。

インドの歴史、宗教、産業、気候、風習について話を聞かせてもらった。

こちらは、インパール戦跡を訪ねるのだと伝えると、インドのここ東北の僻地<三角地帯>は中国・ミヤンマー・バングラディシュ・ブータンと国境を接する暗黒の三角地帯と言われる危険地帯であるので、旅行者は特に気を付けるようにとのサジェスションを受けた。

 

また、ご主人が弁護士であることから、東京裁判でのパール判事の被告人全員の無罪主張に対する意見を聞いてみた。

パール判事は、インド独立運動の父ガンジーを尊敬し、英国はじめ欧米による植民地主義を批判しており、日本の対外侵略に対しても批判していたという。 ただ、東京裁判における平和と人道に対する罪という事後法をもって裁くことは国際法に反するという法定主義に基づいて主張したのではないか、との法科学生時代に学んだ意見を聞かせてくれた。

 

      ディマプールへ向かう列車で出会ったデリーから奥さんの実家に帰るインド人家族

 

 

<車内の汚れ  発展途上国インド>

発展途上国という状況は、日本もインドと同じ時代が過去にあった。

丁度、発展途上国である日本の1960年代に、わたしも青年時代を過ごし、先進国入りを意識して日々仕事に励んだものである。

1回目の東京オリンピックまでの日本もまた現在のインドのように、衛生状態はじめ、海外旅行におけるマナーにおいても発展途上国という汚名の中にあった。

インドもまた、発展途上という労苦の上に、先進国としての栄誉を勝ち取る日がこれより四半世紀内に訪れるであろうことを確信している者である。

(2022年現在、これより数年以内にGDPで日本・西欧諸国を抜き、第3位に浮上することが統計的に確実視されている)

 

一日列車内で過ごすと、手のひらは真っ黒に汚れる。

この汚れた手で、ビスケットや蜜柑、バナナを食べたが、今のところ胃腸に異常がないのが不思議である。 もちろん非常用に除菌用ウエットペーパーは携行しているが、このレベルでは使うことが出来ない。 ただ胃腸の消毒として、正露丸を放り込んでおいた。

剥いたミカンの皮の内側で、指を拭くと真っ黒に変わるから、日本の戦後もそうだったが、発展途上国の列車の凄さが分かるというものだ。 

なぜ清掃しないのだろうかと思うが、発展への情熱とパワーは衛生意識よりも、生活向上というゴール目指して、国民一丸となって突っ走っているように見えるのである。

 

<インド香料に導かれて>

参詣者により、白檀などを調香したお香が、聖なる供え物としてヒンズーの神様へ奉納され、ヒンズー寺院はいつもお香で満ちている。

お香は、同じ空間に居合わせたおのれと神との一体感を感じさせてくれるのである。

 

お香がたかれたのであろう、一筋の白いお香の煙が、真夜中の寝静まり返った車内にたなびき、鼻腔をくすぐる匂いに、聖なる心の高鳴りを感じた。

あの泥の中で清純なる蓮の花を咲かす仏教的高潔さにたいして合掌する姿と、どこか似た感情を味わった。

 

<▼2/12    列車 車中泊 及び ディマプール警察にて尋問> 

 

 

■2月13日 ディマプール/Dimapur    快晴

 ―インパール南道戦跡への入口―

 

<深夜の尋問  インパールへの道>

午前0時45分、列車は、お香の匂いを残しながら、インパールへのバス乗継の街ディマプールに到着した。

深夜のプラットホームに、数十人の乗客が降り立った。

薄暗い裸電球がかろうじて線路を照らし、ここが駅であることが分かる。

懐中電灯が近づき、乗客の顔を見定めている。 

前に立った警官は、こちらを一目見て、パスポートの提示を求めてきた。

どうもアーリア系インド人でない顔つきに、不信感を持ったものと思われる。

こちらも、ここディマプールが<暗黒の三角地帯>と言われる麻薬の密売地帯の入口であると、警戒していたものから、少し緊張したが、当然の尋問として冷静に受け止めた。

列車で同じコンパートメントで出会ったデリーからの家族の注意を聞いていたからでもある。

 

警官は、下車した乗客の内、不審なわたし一人を伴い、駅の向かいにある警察署に連行して、詳細な尋問を始めた。 また、こちらからも逆質問をしてインパールへの道をさぐった。

 

 目的地に対する尋問 「何しにインパールに行くのか」 

  (目的・滞在先・滞在期間・連絡方法)

② 本人確認 パスポートの提出とコピー保管

➂ 「NAGALAND 通過許可証」と共に「RAP=Required Area Permission」

   (入域許可証)の提示を求められたが、不所持を申告

「NAGALAND 通過許可証」・「RAP=Required Area Permission」

   (入域許可証)の取得先は下記とのこと :

  • コヒマ/Kohimaの中央警察署 
  • SP(Special Police/特別警察) 

⑤ インパールやマニプールに滞在せず、バスで通過するだけでも上記許可書は必要か

   (ここディマプールより先を旅行する場合、各許可証が必要であるとのこと)

 許可証は巡回SP(特別警察)が発行するので、巡回まで当警察署に留まること

⑦ パスポートと手荷物は警察が預かる

⑧ それまで身柄を拘束するとのこと(署内の留置所にて待機

 

これから先の<インパール戦跡巡礼>の困難さが予想されるが、4時間の尋問が終わった早朝、時を告げる鶏の声がディマプールの警察署にも聞こえてきた。

緊張を強いられた尋問を終え、安堵感からか、あくびをする余裕も出てきて、眠気が襲って来た。

ディマプールで一番安全な警察署の留置所に案内され、ひと時の睡眠に沈んだ。

 

        ディマプール警察での取り調べを終えて、解放された体を休める

 

 

ディマプール警察の尋問は、非常に紳士的であった。

主任警察官は、東洋人風な感じの係官で、威圧することなく非常に公正で、その尋問能力の高さをうかがわせた。

国防上、国境の街を守るという使命感に燃えた係官の厳しさに、緊張感が走ったが、その接し方に触れるに従い、彼らの親日的態度への変化に気づいたのである。

それは、尋問が進むにつれ、日本の大東亜戦争の戦争目的の一つであった<八紘一宇>、それに基づく<インド解放・独立>掲げた<インパール作戦>、その作戦に参加した<インド国民軍>の創設者チャンドラ・ボースインパールへの進軍などがあったこと、また、その激戦地インパールでの日英印の戦死者の慰霊をするための旅であることが、担当係官の間に伝わったことによるものだということがわかってきた。

 

大辞林』などでは、「八紘一宇」とは第二次世界大戦中、日本の中国・東南アジアへの侵略を正当化するスローガンとして用いられ、「全世界を一つの家にすること」を意味する語句として使われたと記されている。

 

インパール作戦そのものは稚拙であり、無謀であり、特に日本側将兵に多数の戦病死(退却路が白骨街道と呼ばれるほど)をだして失敗したが、インドにとっては英国植民地からの解放闘争の一つの好機としてとらえた面が、地元には残っていたことに気づかされたのである。

 

朝が来た。

インド東北部の隘路に位置するディマプールの警察署の一夜を明かした留置場に、一杯の熱いミルクティーが差し入れられた。

差入れの老警官が微笑みながら「大変だったね」と、ねぎらいの言葉をかけてくれた。

言い方が適切ではないかもしれないが<地獄で仏>、いや神様の愛がこの老警官をとおしてもたらされたような気がした。

私はこの時、インパール戦跡への道が開かれたことを確信した。

やっと鉄格子のはまった息苦しい窓や鍵付きの扉から解放され、自由の身となった。

その後の対応は一変し、許可書も準備されており、パスポートも返却され「あなたは、これで自由にインパール南道戦跡を巡礼できますよ。 よい旅を!」と。

 

最後に、コヒマ(インパール作戦の激戦地)での、日本のミッショナリーによる、戦争に対するお詫びとして、住民の福祉向上の活動を続けていることに感謝の意を伝えられた。

わが同胞にもかくありし活動がなされていることを聞き、こころで手を合わせた。

 

担当者全員がディマプール警察玄関前で見送ってくれたのである。

 

なお、インパール作戦ビルマ側に関する詳細は、2016年にミヤンマー(ビルマ)のアラカン山脈に残された白骨街道慰霊に出かけた『星の巡礼 インパール作戦』を参照していただきたい。

 

『2016星の巡礼・インパール作戦退却路・アラカン山脈白骨街道における露営・慰霊紀行』~⑱

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/14290567


 

<解放感溢れるインド式田舎のトイレ>

警察から解放され、インパール行きバスを探しにディマプール列車駅にもどって、洗顔日課を済ませるため、まずトイレに立寄った。

インド式便器の横の水道栓から豊富な水が流れているではないか、ネパール以来の左手での懐かしき事後処理にとりかかった。

左手で水をすくいあげ、直接尻にあてがい、洗うのである。

何とも言えない柔らかい快感とすっきり感がいい、触感を通して脳に伝わってくるのがいい。 

日本の自動化された水洗便座式とは趣が格段に異なり、実に爽やかである。

紙を使わないインド式トイレ文化、左手は不浄と考えるヒンズー文化、食事はフォーク・ナイフ・スプーンを使わない右手でおこなう食文化・・・

何事も現地に飛び込み、直接体験することにより異文化を理解しえると云える。

 

警察署での緊張したやり取りから解放され、インド式用便で本当の自由を味わった気がした。

 

                       

                                                              インド式トイレ・Indian toilet

                       ディマプール駅にて

 

 

<インド側インパール南道の戦跡を行く>

 

 Dimapu       ➔     Kohima    ➔    Imphal            ⇔  Turfan  

ディマプール  ➔    コヒマ    ➔      インパール       ⇔    トルブン隘路口

(by TukTuk) 100Rs.              500Rs.            <戦跡巡り貸切 1000s.>    

      65km/2H      170km/ 6H               80km/ 7H

 

 

コヒマに立寄りたいため、バスの便が悪いので三輪タクシー/TukTukを乗り継いで、コヒマ経由インパールへ向かうことにした。

ちなみに、ディマプールよりインパールへの直通バス便は、ディマプール04:00発、インパール11:00着がある。 このバス路線は、ディマプール手前の街ガヒチ/Gahiti経由し、インパールへ向かう国道(AH‐1/アジアンハイウエー#1)を走っており、近道であり、最短時間の約6時間で着くという。

 

ディマプールより、コヒマ経由インパール行ローカル・バスは、旧日本軍侵攻路<コヒマ街道>を走っている。 

こちらは、インパール作戦時、最初に作戦を開始した<烈第31師団>が、英印軍の兵站路を遮断するために侵攻した街道をTukTukで走って見たかったのである。

 

帰路、ローカルバスを利用したが、殺人的断崖絶壁を、息を細めて乗ったことを今でもはっきりと記憶に残している。

 コヒマからインパールへ延びる当時の軍用道路<旧コヒマ街道>を、TukTuk(三輪タクシー)で走ってもらったが、使われず荒れ放題である。

旧街道にポツンと残っている英国植民地時代に設置されたマイル表示の距離道標を、進攻中の<烈師団>の将兵も目にしたに違いない、と思いながらインパールに向かった。

 

TukTukに向かって、懐かしい砂糖きびをしゃぶりながら、村の子供達が手を振ってくれている。

風をあびながら三輪タクシーは、不安定な図体を上下左右に揺らし、ガタピシの道路をかなりのスピードで走り続けている。

胃腸がねじれ、尻も跳ね上がるのだから、コヒマ侵攻の<烈第31師団>の将兵も難儀したに違いないのではと、想い描いていた。 

コヒマ街道を南下するには、若い体力が要求される。

 

烈第31師団の作戦目標は、コヒマを占拠し、インパールへの英印軍の兵力・兵站を遮断するとともに、兵站基地であるディマプールを攻撃することにあった。

しかし、ここコヒマ街道に到達した烈第31師団は、林第15軍からの兵站が絶えて、他師団がインパール攻略中にもかかわらず、撤退に踏み切ってしまうという作戦に齟齬を生む結果となってしまった。

 

先でも述べたが、ここインド東北部は、現在、各国と国境を接した暗黒の三角地帯と言われ、麻薬の密売組織の暗躍や、国境の小競り合い、難民の出入りが激しい地帯であり、また独立を主張する山岳少数民族のテリトリーでもあり、複雑な要素が絡み合った危険地帯であると、ディマプール警察で聞かされていた。

 

もちろん、ゲリラ・テロ地帯として、軍隊によって管理されている。

国道39号線(旧コヒマ街道)や、主要な橋を確保するため、完全武装の兵士によって厳重に防備されていた。

コヒマを中心としたナガラン州は、シッキムやカシミールと同じく、準臨戦体制下にあった。

 

<旧コヒマ街道  コヒマ➔インパール> 

コヒマ街道は、英印軍の主要兵站ルートであったがゆえに、インパール作戦北方の防禦を担当していた<英第4軍団所属 第23インド師団>の火力集中はすさまじかったと戦記には書かれている。

コヒマは標高1444m、インパールは標高788mにあり、ネパールのイラムや、この旅でトイ・トレイン乗車のため立寄ったダージリンと同じく山岳都市である。

 

作戦のネーミングとなったインパールが、最終攻略地であった。

もし攻略できていれば、インド解放を目指してチャンドラ・ボース率いるインド国民軍(INA : Indian National Army)がデリーまで侵攻する計画であった。

 

                                        コヒマ周辺戦闘経緯図 (烈第31師団/英印軍2・7師団)

                                               (川北英隆のブログ 「コヒマでの戦闘」より)

 

インパール作戦とは>

文献によると、

インパール作戦の目的は、「大東亜共栄圏」の西端に位置するビルマ北西部の山岳地帯から国境を越えて英領インドに侵攻し、連合国による中国国民党支援を目的とした「援蒋ルート」を遮断することを主目的とした、きわめてギャンブル的性格の強い作戦であった。』 と言われている。

 

1944年(昭和19)3月、インパール作戦を開始した第15軍は、第3師団(祭師団)を投じ、一時インパール北方まで侵攻し、コヒマ街道を遮断したが、兵站に失敗し、糧食・武器の補給が続かず、無念のなか祭師団は撤退を余儀なくされたことは先にも述べた。

 <武器は敵の物を奪って戦え> <糧食は現地調達せよ> との無謀な作戦計画の下で、立案されたインパール作戦は成立・完遂されることはなかった。

敵の武器奪取による補充に至っては、英印軍の戦術的後退により、計画通りに確保できなかったこと。 また糧食現地調達は、進軍路であったタクラマカン山脈には村落・民家が少なく最初から不可能であった。

一人1日握り飯1個で戦ったと生き延びた兵士の回顧録に見られる。 

それも退却時には木の皮や、昆虫やネズミ、昆虫や屍まで口にしたともいわれ、マラリアコレラ赤痢など熱帯性疫病の症状を呈して、タクラマカン山脈はじめすべての退却路は死傷者であふれ、白骨街道ともいわれる惨状を呈したといわれる。

 

インパール作戦失敗の要因は幾つも挙げられているが、作戦そのものが英印軍に早くから察知・研究され、防衛体制を構築され、作戦開始を待ち構えていたと、英印軍資料に残されている。

 英印軍は、豊富な物量と、堅固な陣地構築、制空権の確保、機動性を生かした退路遮断という日本軍とは対照的な定石戦術をとって大勝利している。

作戦前から、日本軍は<英印軍のインパールの罠>にかかり、すでに勝敗は決していたといわれている。

 チャンドラ・ボース率いる<インド国民軍>6000人は、<自由インド>・<インド解放>をスローガンに、日本軍と共にインパール作戦に参加し、ビルマ・アラカン山脈を越えインパールを目指した。

しかし、ビルマ側チンドウイン川に到達できたのは半数以下で、さらにアラカン山脈越えで戦病死約1900人を数え壊滅している。

その後、チャンドラ・ボースはインド解放のため、ソビエット連邦の支援を要請するために向かう途中、台北においてインド独立を見ずに、飛行機事故による非業の死をとげている。

 

 

2016年のミヤンマー(ビルマ)側からインパール(インド)方面に向かった際は、ラカン山脈の東南側にあるカレーミョよりトンザンに向かい、国境の街チカ/Cikhaからインパール(インド)方面を望見している。

この時は、<弓第33師団>の進軍路、特に佐久間連隊の足跡をたどりマニプール河沿いのトンザン経由インパール南道をめざして北上した。

その後、カレーミョウ、インタンジーよりカバウ河谷を北上し、<弓第33師団山本支隊>の進軍路をたどり、タム/モレ―から国境を越え、インパール方面<タム・パレル道>に足を延ばした。

 

2016年に歩いたビルマミャンマー)側<インパール戦跡>に関するブログを参照願いたい。

    『インパール作戦退却路・アラカン山脈白骨街道における露営・慰霊紀行』~⑬

 

          2016年作成のビルマ側<インパール作戦 白骨街道を歩く>

 

 

ジンギスカン作戦― 生きた牛を運搬・食料とせよ>

インパール攻略には、日本アルプスと似た峻厳な道なきアラカン山脈を越えなければならず、日本軍は武器や糧食輸送に牛を使うと言った奇抜なアイデアのもと、山岳地帯の突破を図った。

もちろん牛は、運搬の他に、将兵の食料としての役目を負わされ<ジンギスカン作戦>と期待されたが、緒戦のチンドウイン渡河で大半の牛を失い、アラカン山脈の谷では、滑落により兵站・食料としての目的を果たすことが出来なかった。

結果的に、食料不足は<インパール作戦>そのものを頓挫させ、撤退を余儀なくされ、多くの将兵を亡くし、<白骨街道>という戦史上不名誉な名を冠した。

 

<2/13 ▼ユースホステルインパール 宿泊>

 

インパールでの宿泊先である<Youth Hostel Imphal>に着き、宿泊を申し込んだが、なかなか許可が出ない。

後でわかったが、身元が確かな人間かどうか見定めていたようである。

ただでさえ物騒なインド東北の僻地である暗黒の三角地帯、テロ・ゲリラの横行する地で、誰でも歓迎されるわけではなさそうである。

入れ替わり立ち代わりスタッフがやって来て同じ質問を繰り返し、パスポートや警察発行の入域許可証をチェックしてから、初めて宿泊滞在の許可が出た。

後でわかったことだが、今夜の宿泊客30名全員が女子大生であり、男性はわたし一人であった事が問題となっていたようだ。

夕食はインドカレー、パラパラご飯にベジタリアンカレー・塩・水だったが、食べ盛りの彼女たち、一瞬のうちにカレーは、麗しき乙女たちの胃袋におさまったようで、その食欲旺盛はこちらに一粒の米も残さない徹底ぶりである。

スタッフが急遽準備してくれたので助かったが、カルカッタ(現コルコタ)以来、行動食であるビスケットと水、ほかにチョコバーとミカンとチューイングガムで過ごしてきただけに、ご飯にカレーは絶品であり、カレーのおかわりは嬉しかった。

 

     Youth Hostel Imphal前で、<インパール南道戦跡>ガイド兼ドライバーのMr.Babooと (2003)

 

         Youth Hostel Imphal since1987                           Youth Hostel Imphal Gate

 

                              After renewal 2021 of   Youth Hostel Imphal- entrance

 

                       

                     インパール概略市街図

              (ユースホステルインパールの所在地近辺)

        YOUTH HOSTEL IMPHAL : Khuman Lampak P.O. Imphal, Manipur

                                                          TEL : 03852-320013

 

<インドのご婦人たち>

インド女性が結婚すると、結婚前のしなやかな体形を捨て去り、最大限の肥満体へと変貌を遂げる。

インド旅行で出会うご婦人のみなさん、その体重はこちらの倍はありそうである。

何といっても目が行ってしまうお腹の脂肪が凄い、これ見よがしにサリーからはみ出た腹脂肪は目をそむけたくなるほどのたるみである。

更に大胆なのは、太ったご婦人方はすぐ横になりたがり、足を延ばしたがる習性があるようで、列車内では特にこまったものである。

今宵、ここユースホステルで出会った大学生たちの健康美に包まれた笑いのなかに、変異種を見るような新鮮な驚きがあった。

 

<停電多きインパール と ロウソクのゆらぎ>

それはともかく、ここインパールでは停電がよくあるようで、この夜も、ホステルのスタッフがロウソクを配り、火をつけてくれた。

こちらもさっそくヘッドライトと、ペンライトの灯りで旅日記を綴る。

 

ロウソクの淡く、ゆらぐ姿にヒンズーの世界へと誘われている気分になったものである。

文明の利器である電気の明かりに慣れ切った目や、それを見る脳や、心揺さぶられるハートには刺激的な出会いである。

志賀の里でも、ときどき入浴しながらロウソクの炎の繊細な揺れに見入りながら、瞑想にふけることがあることを思い出した。

そこには、原始の光があり、ゆらぎの世界があり、空想の世界が広がり、宇宙の世界へと導かれるのである。

ここインパールで見る炎のゆらぎは、宇宙の闇に踊るヒンズーの神々に見えてきた。

いや、ここインパールに散った多くの英霊の無念さを見る思いであった。

 

夕食も、ロウソクの光で食べるのである。

1946大東亜戦争末期、5歳であった少年時代にタイムスリップである。

ノスタルジーに心癒される一瞬であった。

 

ここインパールの北部、南部は、多くの日本軍将兵インパール攻略に命を捧げた激戦地である。

インパール作戦は、結果的にインパール攻略に失敗し、日英印軍の多くの将兵を死に追いやった。

その将兵たちの魂が、ロウソクのゆらぎの中に現れ来ているような気がした。

 

<Woman Sociery of Movement のリーダーたち>

食事をしていると、同席の女子大生やホステルのスタッフから、

「なぜ、ミスターはこのようなインドの僻地であるインパールに来たのか」との質問を投げかけてきた。

どうもインドの若い世代は、今から約60年前、ここインパールで何が起こったのかという歴史的事実、日本軍によるインド侵攻を学んでいないようである。

古老から聞いていたとしても、実感の伴わない昔話として記憶の奥にしまい込まれているようである。

日本でも同じく、<インパール作戦>は歴史の一片として学習したに過ぎなく、記憶として残している青年層は、ほとんどいないのと同じである。

インパール作戦>は、すでにみなの記憶から消え去りつつあるのである。

 

インパール戦跡慰霊>について、

―日本軍によるインパール作戦で亡くなられた日英印軍将兵はじめ、この作戦に巻き込まれた住民のみなさんの慰霊と、二度と侵略による人の命を奪う戦争はすべきではない―

という気持ちから、ここインパールにやってきたと紹介した。

もちろん<インパール作戦>について、説明したものである。

とくに、チャンドラ・ボース率いる<インド国民軍>についての話では、みな歴史で習っていたのか興味を示した。

 

「それじゃ、わざわざインパールだけに来たの?」

このあと、バラナシのガンガー(ガンジス)川で沐浴し、ヒンズー教の言うリーンカネイション(輪廻転生/Reincarnation)についてヒンズーの神々と語ってみたいと思っていることを話すと、みな興味を示し、熱を帯びたディベート(討論)になった。

 

―あなたがたはリーンカネイション(輪廻転生)を信じているの?

灰になってガンガー川に流されることによって、悟り(自覚)を得て輪廻から解脱すると

言われているじゃないかー

との問いかけに、みな神妙にうなずく姿が印象的であった。

 

最後に、

―日本では、食事をする前後に、手を合わせて頭を垂れる習慣<いただきます>という言葉があるのだ。

 それは、命への尊厳、あなたの命をいただき、あなたによって私は生かされますー

 という意味があるのだとの説明に、

「インドにも<ナマステ/NAMASTE>という挨拶の仕方があり、手を合わせるよ」と。

 

ローソクの灯りの中で、お互いに手を合わせ、食事を終え、それぞれの部屋に帰って行った。

 

 

<英霊よ、静かに眠り給え>

私はいま、第二次世界大戦大東亜戦争)において、援蒋ルートをたたくため、無謀だと言われ続けてきた旧大日本帝国陸軍が実施した<インパール作戦>(作戦名:ウ号作戦)の最終攻略目的地であり、インド東北部マニプール州都であるとともに、軍事・交通の要所であったインパールの中心街にいる。

インパール作戦の最高司令官は、作戦開始3月から2か月後の天長節昭和天皇誕生日)である4月29日までにインパール攻略を命令していた。

丁度、いま(2003年)から59年前のこの季節(3月)に、インパール攻略作戦は開始された。

 

しかし、インパール作戦は、攻略地インパール近くまで迫りながら、兵站の失敗から従軍した将兵約90000人のうち、その多くの74000人が戦病死し、壊滅した。

英霊とともに、いまインパールにいることを彼らに報告したのである。

「ああ英霊よ、静かに眠れ」と。

 

    

               2003/2016 インパール周辺巡礼エリア

              Dimapur-Kohima-Imphal-Tiddim(2003/2016)

                      Tiddim-Tamu-Palel(2016)

                    (英国戦史文献より)

 

 

<▼ 2/13    インパールユースホステル泊>

 

 

■2月14日 <インパール南道戦跡を巡る>

 

<英霊に手向けるブーケ作り>

朝、ここインパールに大きな真紅の太陽が、遠くに霞むアラカン山脈の峰から顔を出しかけている。平和な時間が流れる静かな朝だ。 あの喧騒のなかのインパールはどこへ消えたのであろうか。

この平和な街を巡って、激しい攻防がなされ、多くの日英印軍将兵が血を流し、呻きながら、故郷を想い死地についたと思うと胸が痛む。

 

明日朝一番でのディマプール行、帰路のバスチケット手配にバスターミナルに向かう。

 

(バス予約) 2/15 Imphal 07:45am発 ➔ Dimaphl 14:30pm着 200Rs.

 

途中、朝食用に屋台に積まれた蒸しパンのようなイドリや、巨大なクレープのようなドーサを見ながらの散歩である。

これから出かける、インパール南道の戦跡巡りの供え物として、また行動食としてドーサを買い、慰霊用ブーケ作りに花も手に入れた。

食料すら手に入らなかった将兵たちは、花の美しさを忘れさっていたに違いないと思うと切ない気持ちにさせられた。

 

        インパール南道戦跡を巡る貸切TukTuk(三輪タクシー)にまたがって

 

 

<一杯の個性あるミルクティー  マサラチャイ>

インパールユースホステルでの朝食は、バター付き食パン2枚・個性あるチャイ(ミルクティー)・ボイルドエッグ・バナナである。

なかでもミルクティーの複雑なインド風味に興味を持った。

ダージリンのトイ・トレイン停車中に、路上で味わった煮たてたスパイシーな紅茶を思い出した。

たしかに、鍋にミルクと紅茶と砂糖を入れ、煮たてて、最後にスパイスであるジンジャーを入れていた。

ジンジャー(生姜)の他に、カルダモン、シナモン(桂皮)、クローブ、黒胡椒、黒砂糖などインドカレーに使う香辛料やハーブを一緒にミルクティーに入れて煮出し、マサラチャイとして飲むと、その香りがリラックス感、幸福感をもたらしてくれるのである。

 

こうして飲まれるマサラチャイもまた、ヒンズー教的な宇宙観を体現するインド風味なのであろう。

茶は中国よりもたらされ、日本で育まれた「抹茶・煎茶」もまた<侘び寂び>という宇宙観を体現する日本風味を創り出した。

ちなみに「チャイ」とは、インド・ネパール地方の煮出し式ミルクティーのことで、スパイスで香りつけしたものを「マサラチャイ」という。

 

マサラチャイを飲みながら、人間もまた同じであると思った。

それぞれの生き方により、一味違ったその人独特な持ち味がにじみ出るものであると。

人は、その味を好むかどうかでその人を判断してしまう傾向があるが、それはその人だけの味として尊重されるべきであると思う。

また、自分の味は、神よりの自分だけへの贈り物として謙虚に受け止め、自信を持つべきである。

マサラチャイから学習する朝食であった。

マサラチャイを中庭に持ち出して、大地にもしみ込ませた。

亡き将兵たちにもマサラチャイを飲んでもらいたかったのである。

 

                     インパールの商店街

                     Imphal shopping street

                     Drawing by Sanehisa Goto

                        Feb. 14, 2003

 

 

インパールユースホステルで同宿した女性グループは、女子大生であるが、<India Woman Society of Movement>の全国リーダー研修会に参加したメンバーであった。

中産階級以上の家庭のお嬢さんなのであろう。 みな実に爽やかで、屈託なく、健康であり、快活である。

この世界も、女性が幸せであれば、平和な世界になることを示しているようだ。

今朝の朝食でも、紅一点ではなく黒一点であるわたしに、上げ膳据え膳と世話をやく彼女たち、レディース・ファーストをモットーとするこちらは、かえって居心地の悪さを味わったほどである。

 

 

インパール南道における戦闘跡を歩く>

今日は、三輪タクシー<TukTuk>を貸切り(1日850Rs.+チップ)、ミヤンマー(旧ビルマ)国境までのインパール南道のインパール作戦時の戦跡を巡ることにしている。 

運転手兼案内人は、インパール戦跡を知るというバブーさん/Mr. Babooで、すでに顔見知りである。

途中、現在の国道39号線(Rout39South/旧インパール南道/ディティム道)にあるログタ湖畔、北ニントウコン(瀬古大隊・第4中隊と英印軍との攻防戦跡)で慰霊祭を持つことにしている。

 

                貸切TukTukで、インパール南道戦跡を巡る

 

 英印軍は、インパール作戦が開始される前までに<シャーマンM-3戦車>が走行可能な5m幅の道路<インパール南道>を完成させていた。 

 

 

    英印軍シャーマンM3軽戦車            日本軍九五式軽戦車ハ号

 

これから南下する国道<旧インパール南道>がそうである。

しかし、約60年後の現在は、当時の面影はなく、凸凹の続く平和な田舎道に変わっていた。

 

ここインパールを攻略するために、インパール作戦は、アラカン山脈を越えて三方向から侵攻を開始した。

とくに、ここインパール南道に侵攻し、北進したのは、弓第33師団であった。

 

A 列第31師団  インパール後方の英印軍の兵站路を叩き、すなわち要所ディマプールと

攻略地インパールの中間点コヒマを制圧したあと、コヒマ街道を南下して

インパールに至る作戦隊。 北方南下隊

 

B 祭第15師団   アラカン山脈を越えインパール北方より侵攻する作戦隊。 西進隊

 

C 弓第33師団  アラカン山脈南方より、インパール南道を北上する作戦隊。 北進隊

 

     

                 インパール作戦要図

                 (高木俊朗著「インパール」より)

 

インパール南道 戦没関係者慰霊 >

バブー君(Mr.Baboo)の運転する貸切TukTuk(三輪オートバイ)に乗って、手書きの地図<インパール南道>に従って、<インパール南道戦跡慰霊>にスタートした。

まずはインパールの青空市場で、食料(水・お供え・菓子パン・バナナ・リンゴ・ビスケット)の調達である。

旧日本軍の攻略目標であったインパールを出発し、まず<インパール南道>、現在の国道39号線南(Rout39South)をビルマ国境(チカ村)方面に向かって、南下を始めた。

 

     

                                           2003インパール南道 戦跡巡礼ルート図

 

当時英印軍は、日本軍を迎え撃つ、いやインパールへ誘い込むため道幅5mのインパール南道を、インドと同じく英国の植民地であったビルマのカレワ辺りまで造りあげていた。

インパール南道は、敵の造った道路を占拠使用し、北上できるルートとして、インパール作戦立案に盛り込まれた。

大げさに言えば、この<インパール南道>を確保さえできれば、インパールからデリーまで、チャンドラ・ボースを司令官とする<インド国民軍>を先頭に、戦車や軍用車を走らせ一挙に進撃できるという夢が実現するはずであったからである。

 

                              <激戦地ニントウコン> ニントウコン川に架かるニントウコン橋を背に

 

インパール作戦で、一番インパールに迫った14km地点であるビシェンプールの少し南に位置するニントウコン川に架かる22㎞地点ニントウコン橋近くのログタ湖畔にある一本木の樹下に質素な手作り祭壇を設け、手作りブーケと果物、チョコレートを供え、香を焚き、日本から持参した比良の霊水を土に撒き、般若心経をとなえ、集まった村民の方たちも交えて、インパール作戦における戦病死将兵日本軍約74000人(作戦参加兵力約86000人-残存兵力約12000人)と、インド国民軍戦病死将兵約5000人(作戦参加兵力約6000人の内)、英印軍の戦病死将兵約15000人(英印軍発表)、加えて多くの民間人の慰霊に、鎮魂の黙とうを捧げた。

 

写真でもわかるように、ログダ湖の水は干え上がり、湖畔が後退し、一面の湿地帯が顔を見せていた。

遠くにアラカン山系の山麓を確認できたのが印象的であった。

 

           インパール南道戦跡に眠る日本軍及び英日軍将兵の慰霊を行う

            (ニントウコン橋近くのログタ湖畔にある一本木の樹下で)

 

        遠くに見える山並みがアラカン山系の山裾であり、山脈はその背後にある

 

当時、このニントウコン橋が、旧日本軍の第15軍、弓第3師団所属<佐間連隊と笹原連隊>が英印軍に攻撃をかけた激戦の地であった。

ニントウコン橋を攻略突破した両連隊は、前進しビシェンプールに至るが、ここでも兵站が機能せず、また英印軍の防禦に屈し、撤退を余儀なくされた。

ロクダ湖の湿地から発生する大量の蚊によるマラリアはじめ、虱(しらみ)による発疹チフス、飲料水とした泥水からの細菌性下痢、排便の垂れ流しからくる腸チフスを起因とした多くの死人、屍がここインパール南道(Rout39South)に放置され、<白骨街道>の一つに数えられたのである。

 

今は、山間のマニプール河沿いに広がる、のどかな田園風景が続く田舎であり、なぜここが戦場であり、激戦地であったのかと考えてしまった。 

平和の大切さが身に染みて感じられる瞬間でもあった。

 

インパール近郊の作戦跡地を歩いてみて、その村民の顔たちがインド系アーリア人ではなく、日本人に似て柔和であり、典型的なモンゴリアンであることに驚いたのである。

このインパールをはじめ近郊の村々が、日本人によって行政・管理されているような錯覚に落ちた。この村落の平和な風景に、心底リラックスさせられたのはわたしだけではないはずである。

一瞬、インパール作戦時、白骨街道で戦病死された将兵方の転生を見る思いであった。

 

インパール作戦でお亡くなりになったすべての関係者の慰霊を終えることが出来、また一つ心の重荷が軽くなったような気分である。

学生時代に読んだ高木俊朗著ノンフィクション「インパール」はじめ、多くの<インパール作戦>関係書に接し、旧日本軍による無謀な作戦のもと散っていった数多くの英霊にその無念を感じたものである。

 

インパール作戦から半世紀近く、平和な世が続くなか、激戦地に立って、慰霊が出来たことに感謝している。 平和は大切である。

 

インパールまで足を延ばすには随分と骨が折れるのだが、今回は出来る限り陸上交通を使い、時間をかけて倒れていった将兵の無念を共有し、原風景に接しながら、ここインパールに来てみたかったのである。

もちろん、カルカッタからインパールへの飛行機便もあることを書き添えておく。

 

今日はバレンタインデーである。 一片のチョコレートを慰霊に添えて、平和を報告した。

 

 

       

            インパール作戦初期の第三十三師団前進予定路と周辺図

               (『戦史叢書 インパール作戦』472頁より)

 

1944年3月8日、チャンドラ・ボース率いる<インド国民軍>は、旧日本軍の第15軍の将兵とともに、インパール攻略目指して侵攻を開始した。

しかし、見てきた通り、作戦そのもののずさんな計画のもと、兵站に失敗し、<インド国民軍>はインパールからデリーへの進軍による<インド解放・独立>という目的を果たせず、アラカン山脈の露と消えた。

その<インド国民軍>の将兵の無念さは、自分たちの国を想う力が、新しいインド創生につながり、現在のインパールの平和な生活の基となっていることに満足しているようにみえた。

 

ここインパール南道の自然の美しさは、彼ら<インド国民軍将兵の夢の花を咲かせているようであった。

 

振り返って、白骨街道に散っていった日本軍将兵の苦痛、その無念の内に白骨化していった霊魂の叫び、愛する者との別れの辛さ、その情況を察するに胸が痛む。

インパール作戦の企画立案作戦に関わった総司令官は、敗戦国の戦争指導者を裁いた東京裁判において、戦犯として裁かれることもなく寿命を全うされたという。

武士道の国に生まれた者として、その責任の重さがいかほどであったか、はかり知ることはできないが、同時代に生きたものとしてこれまた胸が痛むのである。

 

 

チャンドラ・ボース記念館>

チャンドラ・ボースは、自由インド・独立インドをめざす<インド国民軍/INA=Indian National Army>の総司令官である。

日本軍の主宰する<大東亜会議>に参加し、インド解放・独立のため<インド国民軍>を編成、<インパール作戦>に参加・侵攻したことはすでに述べた。

英国の植民地であったインドで、チャンドラ・ボースは、ヒットラームッソリーニ、東条といった戦争指導者よりも評価は高く、多くのインド人男女がシンガポールにあった<インド国民軍>に参加した。

現在でも、母国インドではインド独立の基礎を創ったヒーローとして尊敬されている。

 

チャンドラ・ボースインド国民軍にとって、<インパール作戦>は、インド解放の第一歩であり、大いなる希望をもって参戦したが、日本軍の作戦失敗により、インド国民軍もまた壊滅状態に陥ったこともすでに書き記した。

英国のインド植民地支配は、<インド帝国>として1858~1947の約90年間にわたる。

早くからカンジ―は、インド国内における非暴力主義で宗主国・英国に抵抗、外からはチャンドラ・ボースが武力解放を推進していた。

日本軍は、チャンドラ・ボースを支援、<インパール作戦>立案の基本戦略である援蒋ルート遮断に、インド解放を加えることにより、作戦遂行の大義名分とした。

しかし、インド人にとっては英印軍として、日本軍従軍のインド国民軍という同胞インド人と相戦う悲惨な戦いであった。

 

ここモイランは、インパール作戦に従軍したインド国民軍が、インドで最初に<インド国民軍の旗>をおしたたてた記念すべき土地である。 その場所に<INA博物館-チャンドラ・ボース記念館>が建っている。

 

       

                     インド国民軍の旗

 

チャンドラ・ボース記念館には、国民的英雄であるチャンドラ・ボースに関する資料の他に、少ないが旧日本軍の武器や軍服、軍刀や遺品なども飾られていた。

インパール南道に面する村落や村民は、全体として日本人に対しての同情心があるようで、ここ記念館でも、歓迎される客として丁重に扱われて、こちらの方が戸惑いと、少し驚かされたのである。

この辺りも戦場となり、殺戮が繰り返されたうえ、将兵が飢えをしのぐために村民の食料を略奪し、蹂躙されたにもかかわらずである。

 

それよりもまして、インド独立に立ち上がったチャンドラ・ボースに、理解と支援をしてくれた日本人や、祖国解放に立ち上がったインド国民軍を、旧日本軍が共同作戦に加えてくれたことへの感謝の気持ちが、親日的感情として残っているように思えた。

 

記念館では、インパール軍管区司令官からのミルクティーの差入れがあったり、館長みずから案内し、詳しく当時の英印軍の防禦情況や日本軍の侵攻、撤退情況を説明してくれた。

 

去るにあたって、<チャンドラ・ボース記念館>の維持管理のためにと寄付をし、感謝の意を伝えた。

 

          チャンドラ・ボース記念館にて館長、スタッフと共に

         <INA Museum/Indian National Army/自由インド軍博物館> モイラン

 

2003年当時、ここインパールへの日本人訪問者は慰霊のための旧軍人の遺族以外は少なかったのではないだろうか。 今回のもてなしも、日本人がインパール戦跡を訪問するという情報を知っていたような気がしてならない。

なぜなら、スタッフがこちらの名前を先に切りだしたからである。 

恐らく、ディマプールの警察を通して、インパール軍管区に情報伝達されていたのではないかと推察した。

 

 

       

              インパール作戦 インパール南道戦跡 2003慰霊の地

                チャンドラ・ボース記念館<INA Museum>

                                                           近辺戦闘図と案内図

 

貸切TukTukによるインパール南道における<ニントウコン橋>でのインパール作戦に倒れた将兵や関係者の慰霊を済ませ、チャンドラ・ボース記念館に立寄り、夕闇迫る激戦地跡<トルブン隘路口>まで再度南下し、インパール南道の風景を瞼に焼きつけながら帰路についた。

 

 

■2月15日 インパール最後の朝

 

15日(土)朝4時、インパールの街中にあるモスク(イスラム寺院)から、すべての平安と安寧を祈るコーランが流れてきた。 ここインパールは、バングラデシュに近く、分離独立後もイスラム教徒が多く住んでいるようである。

まだ外は暗い、インパール最後の朝である。

 

昨夜から停電が続き、暗闇のなかロウソクの灯りで旅日記を綴っている。

ロウソクは自分の身を削って、燃やして、いのち火を提供してくれるものである。

このようなロウソクの当り前な使命に感動している自分に、ふと親しみを感じた。

人間もまた、与えられた使命だけを守り生きられたら、そこには煩悩もなく、平安と安心だけの世界に生きられるのではないか、なぜ、何を、そのように悩むのであろうか。

なぜ人間は、ロウソクのように灯りだけを与え続けることが出来ないのだろうか。

自分の使命さえわからずに生きて悩む、そこに人間の原罪が潜んでいるような気がしてならない。

 

この小さなロウソクの光が、<幸せとは何か>を教えてくれているように思えた。

<おのれを滅却し、光を、愛をのこす> 

ロウソクの光が、くすっと笑ったように揺らいだ。

                  

高木俊朗著「全滅」を、そっとリュックにしまい込み、

インパール作戦 インパール南道慰霊の旅>を終えることにする。

 

          同乗したインパールの住民の皆さんと、カルカッタに戻る列車内で

        <みなさん日系なのか、ここはインドなのか>と、ふと親愛の情が湧いた 

 

         インパールの帰り、ディマプールからの夜行列車の風景

 

   インパール南道での慰霊を終え、安堵の体をカルカッタ行夜行列車の上段ベッドに横たえた

    

インパールの攻略ならず撤退路で倒れていった将兵の霊魂と共に、夜行列車に乗り、カルカッタ(コルコタ)に向かっていると思うと気持ちが昂って眠れない。

目の前の天井扇が、58年前の将兵の呻きのように、オイル切れの錆びた音をたてて喘いでいるように聴こえてきた。

安らかに眠ってもらいたい、と願いつつカルカッタコルカタ)についた。

 

 

<概略 インパール作戦とは>

インパール南道 戦跡慰霊の旅を終えて、インパール作戦そのものを俯瞰しておきたい。

インパール作戦の目的は、大東亜戦争における、日本軍の敗戦が濃くなり、起死回生の作戦として起案されたともいえようか。

太平洋戦争開始と共に、1932年勃発の日中戦争における中国へのビルマ経由の英米の武器輸送路を絶つために日本軍はビルマを占拠した。

2000~3000mの山々に囲まれたビルマは難攻不落と思われ、南方軍は最小の4個師団を防備にあてた。

だが、すでに連合国側はその約4倍の師団をもって、西方面(現バングラディシュ)、北方面(アッサム)、東方面(中国雲南昆明)から、ビルマ方面日本軍4個師団を取り囲んでいた。

 

日本軍のビルマ占領により、米英は、武器輸送路(援蔣ルート)を陸路(ラングーン~昆明ルート)から、インド経由ヒマラヤ越えの空輸に切り替えたが、最悪の気象条件にさらされ、再度、カルカッタからインド北東のレド経由、中国の昆明への陸路ルートを再計画するとともに、ビルマ奪還を狙って盛んにゲリラや偵察隊を潜行させていた。

南方軍は、レド公路建設阻止を実施するにあたって、そのインド側の起点となるインパールを攻略することを最重要作戦目標とする。

また、大東亜会議で約束したアジア各国の独立支援、とくにチャンドラ・ボース率いる<インド解放・独立>を旗印にするインド国民軍を加え、インパール作戦大義名分とした。

ビルマ方面軍は、林第15軍旗下の3個師団をインパール作戦にあてる。

 

インパール北方からの英印軍兵站線を遮断する<烈31師団>、インパール東方からの<蔡15師団・弓33師団 の1支隊>と、インパール南方からの<弓33師団>のインパール攻略のための3師団である。

 

インパールへは、タクラマカン山脈を越えねばならず、企画立案準備段階から困難を極めた。

兵站、すなわち作戦遂行のための糧食や兵器補充をどうするかである。

 

インパール北方の制圧と、インパール防禦英印軍への兵站路を遮断し、レド公路分断という作戦目的をもって侵攻した<烈31師団>は、最難関のアラカン山脈を克服し、目的を達成している。 しかし、師団を支える糧食・弾薬の後方からの兵站が続かず、師団長は抗命をもって退却を決断する。

 

一方、戦車や軍用車両がつかえる道路、即ちインパール南への道は、ビルマ・カレーミョからトンザンを経由し、国境を越える道<インパール南道・ティティム道>があった。

インパール南道は<、今回と2016年の旅で縦断しているが、当時、すでに英印軍が戦車を走らせるために5m幅の道路をインパールから、同じく英国の植民地であったビルマのカレーミョあたりまで通していた。 

ビルマ国境の村・チカからインパールまでが約80kmで、インパール南道方面を侵攻した<弓33師団>がインパールの南に最も近づいたのは、5月20日 レッドヒルの約15㎞地点であった。

 

ほかに、<蔡15師団・弓33師団 の1支隊>が侵攻したビルマ国境タムからパレル経由インパールまでの最短距離約68㎞の道路<タム・パレル道>があった。 ここは山岳道路で防禦も堅固、前進は難儀している。 

ここ<タム・パレル道>では、弓33師団山本支隊と祭15師団2大隊が、英印軍第20師団(ネパールからの勇猛果敢なクルガ兵も含まれる)と激戦を繰り返している。 このとき第15師団は、インパール北15km地点カングラトンビに到達している。

 

どのインパールへの道も、待ち構える英印軍の防禦が固く、山中に散開しての英印軍各個撃破を強いられている。 この立派なインパール南道<ティティム道>も侵攻時は、敵の標的になるため自ら切り開いたジャングル道を進み、インパールに向かっている。 

各師団ともインパールのすぐ近くまで進撃肉薄しているが、最後はインパールを防御する英第4軍団の待ち受け猛反撃と消耗戦という罠にかかるとともに、自軍の兵站・補給線の延びきり、雨季の到来によってインパール攻略を放棄せざるを得なかった。

 

ただでさえ糧食・弾丸の尽きた困窮の将兵に襲いかかったのは、マラリア赤痢と飢餓であった。

雨季や兵站の失敗から、ようやくビルマ方面軍は各師団に転進(退却)を命じるが、すでに各師団は総崩れのなか退却の途にあった。

 

ましてや制空権を失っていた第15軍の各師団の撤退は、退路を断つために降下した英印軍の落下傘部隊による殲滅戦が加わり、撤退路すべてに凄惨な屍が重なり、いわゆる白骨街道と化した。

 

インパール作戦は、作戦遂行に必要な要件がそろっておらず、将兵の消耗の激しさから、各師団長は退却を具申するが、受け入れられず、日本軍はじめての抗命事件に発展する。 三師団長ともに、作戦遂行中に罷免・更迭され、ビルマ方面軍・林第15軍は組織としての体をなさなくなっていた。

 

この悲惨なインパール作戦は、日本軍の弱点がさらけ出された特異な作戦であったと、識者のあいだで言われている。

旧日本軍の軍人精神を支えていたと言われる、特有な人情、組織内融和、絶対服従天皇忠誠、物量・情報・人命にまさる忠義、特攻精神論、絶対命令と服従、命は預かった自決せよ、退却許さず転進せよ、切込み玉砕せよ、ピンタこそ鍛錬、責任は上司に転嫁するな、などに旧日本軍の姿勢が見られるようだ。

 

インパール作戦は1944年7月1日に中止され、8月12日、大本営が「コヒマおよびインパール周辺の日本軍部隊は戦線を整理した」と発表して、終結した。

 

 

 

(注・このブログは2003年2月に訪れたインパール南道の旅日記をもとに、2022年6月に仕上げたもので

   あり、時間差があることをご了承願います)

 

なお、2016年、ビルマ(現ミヤンマー)側のインパール作戦 戦跡<白骨街道➀~⑱>を歩いているので、合わせてお読みいただければ、インパール作戦全体像を見ていただけると思います。

https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/14290567(➀~⑱)

 

 

次回は、ヒンズー教の輪廻転生の世界<バラナシ>を訪ねます。

 

               

       『星の巡礼 インパール南道 戦跡慰霊の旅』

               後藤實久記

 

                

 

        次回   《星の巡礼 バラナシ ・ ガンガー沐浴巡礼の旅》 

                に続く

 

                   

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<関連ブログ>

 https://shiganosato-goto.hatenablog.com/entry/14290567(➀~⑱)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

                       

 

 

2022『星の巡礼 比良比叡トレイルの風景』

                                              <比良比叡トレイル>の風景

                                          ―ロングトレイル卒業を記念してー

 

              短歌集『霊山縦走』

         Tanka Collection "Sacred Mountain Traverse"

                                                 Tanka is Japanese short  poem.

 

                詠み人 後藤實久

                                                          by Sanehisa Goto

  

老いを受入れ、ロングトレイル(縦走登山)を卒業するにあたって、長年親しんだ<比良比叡トレイル>の絶景写真に、短歌を添えて、思い出『短歌集 霊山縦走』としてしまっておきたいとおもいます。

When accepting old age and graduating from the long trail (longitudinal mountain climbing),

I would like to add a tanka to the superb view photograph of the <Hira Hiei Trail> that

I have been familiar with for many years and keep it as a memory "Sacred mountain traverse".

 

 

 

 

     《霊山の 厳しき姿  雪衣 融け脱ぎ捨てて 挑み待ちにし》

       —れいざんの きびしきすがた ゆきごろも とけぬぎすてて いどみまちにし―

 

       雪をまとって、厳しい姿を見せている霊山、

       うららかな春陽に雪衣を脱ぎ、君たちの挑戦を待っているよと招いているようだ。

       Sacred mountain, wearing snow and showing a harsh appearance,

       It seems that she is inviting us to take off her clothes,

       And it looks like to wait for our challenge in the bright spring sun.

 

        びわ湖東岸より<比良比叡トレイル>の雪をかぶった全縦走尾根を望む

            From the eastern shore of Lake Biwa, we can see the snow-capped all-longitudinal ridge

                                                                  of the <Hira Hiei Trail>

 

 

 

              <比良比叡トレイル>パノラマスケッチ

                                                      <Hira Hiei Trail> Panorama Sketch

     ➀         ②       ➂         ④        ⑤

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー         

 

                                     ➀                 ②

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   

          ➂                 ④

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

 

 

 

             《寝ずの朝 光待ちにし 比良比叡  満ち来たりしや 霊のともし火》

                      ―ねずのあさ ひかりまちにし ひらひえい みちきたりしや れいのともしび―

 

      比良比叡トレイル挑戦の朝、蛇谷が峰で野宿をしながら夜が明けるのを待っている

      少しづつ闇が光満ちていく様は、まさに霊の灯火がこころに広がり行くようである。

               On the morning of the Hira-Hiei trail challenge,

               Mt.Jatani is waiting for the dawn while camping at the peak.

               As the darkness gradually fills with light,

               The light of the spirit seems to spread to my heart.

 

     <比良比叡トレイル>スタート地点 蛇谷ケ峰 901m の朝焼けに向かって愛を叫ぶ

        <Hira Hiei Trail> Starting point Mt.Jatani 901m, be screaming for love towards the sunrise.

 

 

 

 

     《導きし 西方浄土 ひかりあり 祈り満つるや 蓬莱の山》

      ―みちびきし さいほうじょうど ひかりあり いのりみつるや ほうらいのやま―

 

                                                    西方浄土に導かれる一筋の光があり、

                                       蓬莱の山はいま、祈りが満ちる光のなかに輝いている。

                                       There is a ray of light guided by the Western Jodo,

                                                 Western Pure Land is Buddhist paradise,

                                       Mt. Horai is now shining in the light filled with prayer.

 

             蓬莱山1174m にみる西方浄土の聖なる夕焼け

                                   The sacred sunset of the western Jodo seen at Mt. Horai 1174m

 

     

       <比良比叡トレイル>の夕陽と夕焼けは、心揺さぶり、幻想的である

                                    The sunset on the <Hira Hiei Trail> are swaying and fantastic.

    

  

 

 

 

     《われひとり 険し雪道 登りしや 誰が知るぞ荷を 背負いて重し》

       -われひとり けわしゆきみち のぼりしや たがしるぞにを せおいておもし-

 

                                          ただ独り古老の身で、険しい雪道を登っている。

                その背にはカンジキや、雪中野営用ツエルトを詰め込んだリュックを担いでいる。

                                        そう、誰も知らない己の喜びを背負っているのだ。

                                 Just as an old man, I am climbing a steep snowy road.

             A backpack had with snowshoes and snow camp zelts on my back I am carrying it.

                                           Yes, I carry my own joy that no one knows.

 

         <比良比叡トレイル>木戸登山口からのキタダカ谷よりびわを望む

          <Hira Hiei Trail> View of Lake Biwa from the Kitadaka Valley from the Kido mountain trail

 

 

 

 

         《河鹿鳴く 比良の目覚めや 夢心地 森の隠れ家 疲れ残りし》

      かじかなく ひらのめざめや ゆめごこち もりのかくれが つかれのこりし―

 

                                       森の隠れ家のような縦走中の山のなかのテントで目覚め、

                                                    夢心地のなか河鹿の合唱を聴いていると、

                                                疲れの残った体には、なんと心地よいことか。

                  Wake up in a tent in a mountain that runs vertically like a hideaway in the forest,

                                        When I was listening to Kajika(frog sculpin)'s chorus in a dream,

                                                     How comfortable it is for a tired body.

      

                テント泊縦走の<比良比叡トレイル>の朝焼けは、実に美しい         

             The sunrise on the <Hira Hiei Trail>, which runs vertically in the tent, is really beautiful.

 

      野宿で見る、うろこ雲でおおわれた<比良比叡トレイル>の朝もまた素晴らしい

                                       The morning of the <Hira Hiei Trail> covered with scale clouds,

                                               which you can see in the field inn, is also wonderful.

 

 

 

 

      《迷い道  濃霧背負いし 影法師 進みし闇路 光り求めて》

        -まよいみち のうむせおいし われなれど すすみしやみひ ひかりもとめて-

 

                                  濃霧のなか、山の中で道に迷ったとき、不安に突き落とされる様を、

                                  じっと冷静に見つめているもう一人の自分<影法師>がいる。

                                  影法師はたえず闇路の中に光(出口)を求めて導いてくれるのだ。

                   When I get lost in the mountains in the thick fog, I will be pushed down by anxiety.

                          There is another self, <Kageboshi : shadow master >, who is staring calmly.

                     The shadow master constantly seeks light (exit) in the dark road and guides me.

 

      

           ロングトレイルは自分に向き合い、孤独を愛する旅でもある

              比良比叡ロングトレイルの北のスタートは、蛇谷ガ峯901mである

               東天に向かって、まずは縦走の安全を祈る

                                  The long trail is also a journey to face myself and love loneliness.

                                  The north start of the Hira Hiei Long Trail is Jatanigamine 901m.

                            First of all, pray for the safety of vertical running toward the eastern sky.

 

 

 

 

     

      浮雲の 棚引きし琵琶 眺むるに こころ広けき 霊の国かな》

      ―うきぐもの たなびきしびわ ながむるに こころひろけき れいのくにかな―

 

    浮雲が棚引く琵琶の景色を眺めていると、まるで霊魂の国に導かれ、広いこころに満たされるのだ。

                                      この景色こそ、天国であり、仏の園であろう。

                         When I look at the scenery of the pier that the floating clouds shelve,

                                I am guided to the land of souls and filled with a wide heart.

             This view is heaven and a Buddha's garden.

         <比良比叡トレイル>で出会う絶景びわ湖にただよう浮雲も素敵である

             蓬莱山頂1174mより琵琶の姿を楽しむ

                     The floating clouds on the spectacular Lake Biwa that I meet on the <Hira Hiei Trail>

                                                                        are also wonderful.

                                   Enjoy the appearance of Lake Biwa from the top of Mt. Horai 1174m.

 

 

 

 

 

      《遥かなる 臥して待ちにし 蓬莱山 千里同風 近くて遠し》

     ―はるかなる ふしてまちにし ほうらいさん せんりどうふう ちかくてとおしー

 

            ここ武奈ヶ岳より眺めるおっとり顔の蓬莱山にも、

            同じ風が吹いていると思うと近くて遠からじである。

           If I think that the same wind is blowing on Mt. Horai,

             which has a gentle face as seen from Mt. Buna,

                  it is close and far away.

 

                             <千里同風> 同じ風吹く武奈ヶ岳1214mより蓬莱山1174mを望む       

                      <Tousand miles are same wind> View of Mt. Horai 1174m from Mt. Bunagatake 1214m

                                                                    where the same wind blows.

 

 

 

 

     《 孤高なる 老登山家の 背見下ろす 広きびわ湖や こころ揺さぶる  》

     ーここうなる ろうとざんかの せみおろす こころゆさぶる ひろきびわこや-

 

   広大なびわ湖を見下ろす孤高なる老登山家の背を見るに、その辿りし人生を背負っているようで、

                 こころ揺さぶられるものだ。

     Looking at the back of a solitary old mountaineer overlooking the vast Lake Biwa,

            It seems that he is carrying his life on his back,

                 And my heart was shaken.

 

   

         雄大びわ湖を見渡せるのも<比良比叡トレイル>の醍醐味である

                Overlooking the magnificent Lake Biwa is the real pleasure of the <Hira Hiei Trail>.

 

 

 

 

 

     《揺蕩うと 流れし時の 蝉しぐれ  夕焼け染める 山のあなた

          たゆたふと ながれしときの せみしぐれ ゆうやけそめる やまのあなたやー

 

          山の彼方が夕焼けに染まるころ、一段と騒がしくなる蝉しぐれ

           そこには心定まらない時間が悠然と流れているではないか。
          When the other side of the mountain is dyed in the sunset,  

             The song of cicadas becomes even more noisy,

             And the uncertain time is flowing calmly there.

             <比良比叡トレイル>の山の彼方に沈みゆく幻想的な夕焼けは、いつも心を和ませてくれる

                   寝袋に潜り込む直前の、縦走で一番心休まる瞬間である

      The fantastic sunset over the mountains of the <Hira Hiei Trail> always soothes my heart.

             It is the most relaxing moment in a vertical run just before sneaking into a sleeping bag.

 

 

 

 

 

       《染まり往く 比良の峰々 衣替え 八雲の池や 握りほほばる》

     ―そまりゆく ひらのみねみね ころもがえ やくものいけや にぎりほほばるー

 

               比良山系の四季はそれぞれに素晴らしいが、

         特に紅葉の秋の美しさは、まるで十二単を脱ぎ捨てていくようである。

           今日は、八雲の池からお握りをほうばりながらの観賞である。

              The four seasons of the Hira Mountains are wonderful,

         But the beauty of the autumn leaves is like taking off the twelve.

         Today, I am watching of having the rice balls from Pond of Yakumo .

 

         <比良比叡トレイル>空中庭園 ・八雲ケ原(湿原)の紅葉散策も楽しい

                                              The aerial garden of <Hira Hiei Trail>

                           It is fun to walk around the autumn leaves of Yakumogahara -raised bog.

 

 

 

 

 

      《山の主 行き先はばむ ガマガエル 君は何者 挨拶せよと》

         -やまのぬし いきさきはばむ がまがえる きみはなにもの あいさつせよと-

 

        孤老のロングトレイラーを励ます<比良比叡トレイル>の主 ガマガエル殿

                   <君は何がゆえに生きおるか・・・グエグエッ>

                                              Toad, the lord of the <Hira Hiei Trail>,

                              which encourages long trailers of loneliness <Why do you live ... ?>

 

 

 

 

 

     《雲の中 夢想の人や 目覚めよと 誘いし小径 魅惑の森へ》

       -くものなか むそうのひとや めざめよと さそいしこみち みわくのもりへ-

 

        幻想的な雲の中の<比良比叡トレイル>は仙人の棲み処である

             縦走をしながら瞑想に耽るのもいい

                         The <Hira Hiei Trail> in the fantastic clouds is the home of hermits.

                                  It is also good to indulge in meditation while running vertically.

 

 

 

 

 

        《 咆哮の 怯え縮みし 春嵐  命危なし 比良八荒や》

       ―ほうこうの おびえちぢみし はるあらし いのちあぶなし ひらはっこうやー

 

        蓬莱山頂でテント泊、西方浄土の夕焼けを拝み、夜空の星たちと語らい、

        眼下に光る町の灯火を楽しみ、寝袋にもぐりこんだと思ったら、

        春嵐の突風<比良八荒>が吹き荒れた。

        命の危険を感じ、テントを丸めて慌てて下山したものだ。

        I stayed in a tent at the summit of Horai,

        Worshiped the sunset of the western Jodo, talked with the stars in the night sky,

        Enjoyed the lights of the town shining under my eyes,

        And thought that I had slipped into my sleeping bag. Feeling the danger of life,

        I rolled up my tent and went down the mountain in a hurry.

 

        <比良比叡トレイル>の中、びわ湖を愛でる大好きな露営地(蓬莱山直下)

     (要注意) 比良山系には<比良八講>という嵐のような強風が吹き荒れることがある

   In the <Hira Hiei Trail>, a favorite open-air area that loves Lake Biwa (directly below Mt.Horai) <Caution required> A strong wind like a storm called <Hira Hakko> may blow in the Hira Mountains.

 

 

 

 

 

   《老ゆるとは さだめ悲しき 比良比叡 トレイル終えし 還来の里》

     ―おゆるとは さだめかなしき ひらひえい とれいるおえし もどろぎのさと―

 

    いくら定めとは言え、老いてリュックを担いでのトレイル縦走が出来ない体力の衰えは、

    悲しいものである。ここ<還来神社・もどろぎじんじゃ>でトレイル卒業の報告をした。

    No matter how much it is decided, it is sad that the physical strength of the old man

           Who cannot run the trail with a backpack is weakened.

         I reported on the trail graduation here at <Modorogi Shrine>.

 

 

       ロングトレイル(比良比叡トレイル)卒業の地、途中の里・還来神社

                            Long Trail (Hira Hiei Trail) Graduation site, Modoroki Shrine on the way.

               

 

 

 

 

 

   《影武者を 追いかけ行きし 比良比叡 おのれ何者 問いて久しや》

     ―かげむしゃを おいかけゆきし ひらひえい おのれなにもの といてひさしや―

 

     

         <比良比叡トレイル>縦走中の影武者 もう一人のロングトレイラー

        互いに声かけあい、励まし合い、助け合い縦走してきた影武者である

                          <Hira Hiei Trail> Another long trailer, a shadow warrior running vertically.

           Decoy who has been talking to each other, encouraging each other, and helping each other.

 

 

 

                        

                 《ああわれいま釈迦岳に臥して》

                   一寸の先をかき消す漆黒の闇に

                   樹間の灯 枯葉の温もりを伝えし

                   ああわれいま釈迦岳に臥してや

                   風止みて山動ぜずして我を観ず

 

                                                            << Oh, I'm lying on Shakadake >>

                                             In the jet-black darkness that drowns out a little tip

                                          Lights between trees convey the warmth of dead leaves

                                                                    Ah, I'm lying on Shakadake

                                   The wind stopped and the mountains did not move and  see myself

 

 

 

 

 

       《抱かれし 母なる峰に 枕して 沈みし夜空 星流れしや》

      いだかれし ははなるみねに まくらして しずむよぞらに ほしながれしやー

        

                                 母なる比良の山々に抱かれて、寝袋に沈みこむとき、

                                        夜空に流れる星に向かって今日一日の出来事を報告して、

                                                                 オヤスミをいうのである。

                   Embraced by the mountains of Mother Hira, when I sink into her sleeping bag,

                              I report the events of the day to the stars flowing in the night sky

                                                                       And says Oyasumi.

 

            

                                            『 思い出の<比良比叡トレイル>縦走時の露営風景』

                             "Memorial <Hira Hiei Trail> Open-air scenery during vertical running"

      

        <比良比叡トレイル>の醍醐味は、暗闇で鹿たちを観察できるテント泊にある

  The real thrill of the <Hira Hiei Trail> is the tent night where I can observe the deer in the dark.

 

    

        夜空の星を鑑賞できる<比良比叡トレイル>の野宿も最高である

    The Hira Hiei Trail, where I can observe  the stars in the night sky, is also the best.

 

      

             超軽量アルミ・ツエルトによる露営風景

                                              Open-air scenery with ultra-light aluminum zelt.

 

    

          超軽量アルミ・ツエルトは宇宙船のようで興奮したものだ

       The ultra-lightweight aluminum zelt is like a spaceship and it's exciting.

    

   <比良比叡トレイル>蓬莱山に張ったテントから眺めるびわ湖大橋方面の夜景は最高である

   <Hira Hiei Trail> The night view of Lake Biwa-Ohashi from the tent on Mt. Horai is the best.

 

 

 

 

 

        《いにしえの   法灯仰ぐ 比良比叡 玉体の杉 都守りし》

          ―いにしえの ほうとうおぐ ひらひえい みやこまもりし ぎょくたいすぎや―

 

延暦寺の千日回峰という修行では、毎日ここ<玉体杉>から、御所に向かって天皇家の安寧を願い、安泰をお守りするとともに、いにしえの都の平和を願うという。わたしも<玉体杉>から回峰僧のようにそっと手を合わせてみた。

At the Sennichi Kaiho of Enryakuji Temple, it is said that every day from here <Gyokutaisugi>,

they pray for peace toward the Imperial Palace, protect the safety,

and pray for the peace of the ancient city.

I also gently put my hands together like a Buddhist priest from <Gyokutaisugi>.

 

         

                     御所を見守る玉体杉

                                       Cedar for Praying for the Kyoto-Gosho(old palace)

 

 

 

 

      《迷い道 流れ着きたる 大比叡 愛語迎えし 大師の膝や》

        ―まよいみち ながれつきたる だいひえい あいごむかえし だいしのひざや―

 

                  迷い道たる比良比叡トレイルを無事縦走し終えて、ゴールの比叡山頂にたどり着くと、

                 天台宗の開祖である伝教大師最澄>に、愛語をもって迎えていただくのである。

                                    When you reach the top of Mt. Hiei, which is the goal,

                                       After safely traversing through the Hira-Hiei Trail.                 

                The founder of the Tendai sect, Saicho Daishi, welcomes us with his favorite words.

 

     

          <比良比叡トレイル>ゴール地点 大比叡山頂848m

                                       <Hira Hiei Trail> Goal point: 848m at the top of Mt. Hie.

i

 

         <比良比叡縦走ロング・トレイル>のゴールでは、延暦寺に迎えられ、

                伝教大師 最澄の祝福を受ける

                                At the goal of <Hira Hiei Long Trail>, we were greeted by Enryakuji Temple.

                                                 Receive the blessing of Saicho, the missionary master.

 

 

    

 

      

        <比良比叡トレイル> 縦走の休憩中、たくさんの短歌を詠んできました

 

                             I wrote a lot of Tanka<Japanese short poem> during the vertical break

                             <Hira Hiei Trail> The vertical run was also a fun mountain trip for Tanka.

                                

                                                  

  

  

           <比良比叡トレイル>縦走もまた楽しい吟行の山旅でした。

      ロングトレイル縦走は、男の冒険心を心地よく、くすぐってくれたものです。

                                <Hira Hiei Trail> the vertical run was also a fun mountain trip.

                      The long trail traverse is a comfortable and tickling man's adventurous spirit.

 

 

                    感謝合掌

                                                        Gratitude Gassho

 

                  <比良比叡トレイル>の風景

                  ―ロングトレイル卒業を記念してー

                                                     Scenery of <Hira Hiei Trail>

                                                       To commemorate the long trail graduation

 

               短歌集『霊山縦走』

                   詠み人 後藤實久

 

                                                Tanka collection "Sacred Mountain Traverse"

                                                                      by    Sanehisa Goto

                                      

                                

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<関連ブログ> <Related blog>                                     

2021『星の巡礼 奥比良縦走 / 老人の山旅随想』

2022『星の巡礼 人生最後のロングトレイル縦走を終えて』